FC2ブログ

☆「極めろリス特」の発売日が決まりました☆



6月18日発売なので、早いところでは14日くらいから店頭に並ぶところがありそうです。600問あるのでどんな強者でもフルコンプして6月公開テストに臨むのは難しそうですが・・。

これまでお知らせしたように、従来のTOEIC本とは難易度設定、音声収録、解説方法がかなり異なっている問題集なのでその特徴を発売日まで1日1回twitterで発信していきます。それによって、本当に本書を必要とされている方々の手に届けばいいなと思っています。

ブログでも情報の補足をするかもしれませんが、基本はtwitterで発信していきます。その日に発信したツイートに付いた「いいね」やリツイートを集計して、最終日にはブログでランキング形式で公表します。twitterをされていない方は、それを見れば私が発信したすべての特徴を一覧することもできます。

※@IvicaOjimをフォローしているのにフォローされてないわよ!という方にはこれを機にフォローバックさせていただきますのでお知らせください

「極めろリス特」どうぞよろしくお願いいたします。

---

応援クリックよろしくお願いします。

結果発表、吉報、そして感謝

昨日は4月公開テストの結果発表でしたが、SNSではいつもよりも自己ベスト更新、目標スコア達成の声が多かったように思います。私の元へも、直接報告いただいた方が多数いました。拙著の読者の方、セミナー受講者、満点俱楽部からも吉報が届きました。

その中のお一人が、大学生のAさんからでした。Aさんは院試のためにTOEICスコアが必要になり、サラリーマン特急を使ってこの度目標スコアを取得されました。もちろんサラリーマン特急だけではないのでしょうけれど、お礼がしたいと連絡をいただきました。Aさんいわく、4月の公開テスト直前対策で一番役にたったのが「サラリーマン特急 新形式リーディング」だったようです。



今後の参考にするため、具体的にお気に入りポイントを質問したところ「ここがポイント!」、「TOEIC頻出フレーズで覚えよう!」がAさんが受験されたフォームにズバリだったとのことで、ちょっとビックリでした。

「ここがポイント!」は僕がセミナーで繰り返し解説している内容なので、それが本番でドンピシャだったのは著者としてこれほど嬉しいフィードバックはありません。

そして「TOEIC頻出フレーズで覚えよう!」は、これまであまりオープンにしてこなかったのですが、実はかなりこだわって書いたコーナーなのです。英語は(日本語でもそうですが)にはコロケーションといって、語と語の組み合わせがある程度固定して決まっています。形容詞+名詞、動詞+名詞などなど。なので、単語単体で覚えるよりも頻度の高いコロケーションで覚えた方が効率的なのです。

「TOEIC頻出フレーズで覚えよう!」では、TOEICの重要単語をTOEIC頻出のコロケーションでまとめて、覚えるような構成にまとめてあります。COCA(Corpus of Contemporary American English)という単語どうしの結びつきを調べるデータベースと、僕自身が構築したTOEIC単語のデータベースを連携させて重要コロケーションを抽出したので、それなりの信頼性はあると思います。

「サラリーマン特急 新形式リーディング」は2018年発売ですが、そういう所を評価してくれる読者さんが現れたんだなと思うと、もう嬉しくて嬉しくて。本当に感謝です。

今年出版予定の2冊も、完成まであと一息のところまできました。がんばろう。

---

応援クリックよろしくお願いします。

第10回花田塾チャリティーセミナーを振り返って

参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

今年はオンライン形式で実施したので、遠方から参加していただくことも可能になり、180名を超えました。僕は2011年の第1回からずっとこのチャリティーセミナーに参加していますが、コンテンツは今年のがベストだったと思います。

各講師が本気モードで教材を準備して、キモチを込めて伝える姿はきっとオンラインでも届いていたのではないでしょうか。そして、HUMMERさんから10分以上にも及ぶ激熱メッセージ動画は胸熱でした。

僕も勝負コンテンツを用意してみました。難化傾向のパート2を攻略するために、発売前の上級者向けリスニング本から問題を出題して、難問傾向の分析と対策について解説をしました。中級者向けを7問、上級者向けを8問の構成でしたが、どれくらいの正解数だったでしょうか。

前半のスライドが見えにくかったというコメントをいただいたので、該当するページをこちらに再掲しておきます。(解像度が荒いのはご容赦ください)

1a.jpg

2a.jpg

3b.jpg

また来年、お会いしましょう!

---

応援クリックよろしくお願いします。

第266回TOEIC L&R公開テスト 感想

【パート1】 難
1問目からいきなり難しいのをブチ込んできました。そして6問目も難しめでした。

【パート2】 稍難
今回もあの早口ナレーターが大活躍。しかも難しい問題を読ませています。テスト制作機関の本気度を感じました。

【パート3】 【パート4】
パート1,2とのバランスを取るためでしょうか、解きやすい問題が多めでした。

グラフィック問題はなかなかユニークなのが出ていました。
バスの座席表は、選択肢を見たときには、こんなパターンありなのか!とざわざわしましたが、意外にも簡単なヒントで解けました。腕時計の問題は、どうやって選ばせるのかドキドキしましたが、分かりやすいヒントで拍子抜けしました。

【パート5】 稍難
文法問題は標準的でしたが、語彙問題は難しいと思いました。

【パート6】
Pizza屋とソーラーパネルがコラボする問題が難しめでした。

【パート7】
メキシコのホテルの問題でクレームがいくつかあげられていましたが、その中の1つは予約する段階でわかっていることなので、それが不満だったら泊まらなきゃいいだろ~と思わず突っ込んでしまいました。

【余談】
リスニングセクションが難しいと、特に、パート1,2が出来ないとそこで心折れそうになると思いますが、難しい問題は誰にとっても難しい問題なんです。なので、絶対にあきらめずに、リーディングセクションの最後まで集中力を切らさずに解ききれば、案外その回が自己ベストだったりします。

---

応援クリックよろしくお願いします。

第266回TOEIC L&R公開テスト

2年前に今の世界の状況を予測していた人は皆無ですし、1年前ですら、今年のゴールデンウイークも行動制限が掛かってしまうと予測できていた人もいないでしょう。

今、ホテル、航空業界など観光関連の会社はとても厳しいです。人が動いてこその業界ですから。でも、近い将来、1年後はまだまだでしょうけれど、2年後には希望の光が見えているようです。本来であれば旅行や行楽にでかけるための消費は満々と蓄積されているので、制限が解除された後はしばらくの間、特需が続きそうです。海外旅行は難しくても、国内旅行の需要は盛り上がるでしょう。それまで、持ちこたえていて欲しいと切に願います。


※じんわり沁みる動画です

***
今回の会場は久々に坂の上にある大学。臨時バスが運行されるはずですが、天気がよいのでウォーキングで行ってみよう。

[Tips]
リーディングセクションの時間配分は、13時に開始される前提で、パート5、パート6、シングルパッセージ、それぞれの通過目標が時刻として身体にしみついてしまっています。なので、僕はテスト開始時刻(今回は10:20)を自分の時計では13:00に合わせて受験をする予定です。

---

応援クリックよろしくお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: