fc2ブログ

☆八島式セット発売開始☆

8月1日から旺文社のオンラインストア、学びストア限定で「八島式セット」が発売になりました。「八島式セット」とは既刊の「TOEIC L&Rテストの英語が聞こえるようになる本」と「TOEIC L&Rテストの英語が読めるようになる本」を同時にお買い上げいただくと、特製サイン入り色紙が付録についてくるというものであります。

お買い上げ方法は、下記のサイトにアクセスして、それぞれ1冊づつを選択してカートに入れていただき「ご購入手続きへ」のボタンを押下してご注文いただくと、「八島式セット」を購入することができます。「八島式セット」という商品が別にあるけではありません。また、リアル書店やAmazon、楽天ブックスでは販売されていません。

旺文社学びストア

八島式シリーズは初級者から上級者まで広く読まれているのですが、これまでのところマニアックなトーイッカーやアツイ支持をいただいています。特に読めるようになる本は、プロのTOEIC講師さん達からフィードバックを多くいただいています。これは、僕のこれまでの著作では、あまりなかった傾向です。

ある大学でTOEICを教えている方からは、これまでパート7に指導方法は構文解析を中心に行ってきたけれど、読めるようになる本で紹介されている「正解マーカー」(正解の根拠を見つけるためのサイン)を意識しながら指導することで、学生の理解が深まったというフィードバックをいただきました。これは、本書を企画する段階から伝えたいポイントだったので、出版できて本当によかったと思います。

一方で、講師の方からは、掲載する問題数を多くして欲しかったという要望をいただいています。これは、企画段階から想定していたのですが、限られた紙面の中で問題数と解説ページのバランスを考えた上で解説を多めにという決断からなのでした。これについては、出版社と相談をして、改定の機会があればバランスを調整するか、あるいは独立した問題集にするかなどして検討したいと思います。それ以外にも本シリーズに対するご意見、リクエストがあれば、コメントやTwitterのDMなどでお知らせいただけると嬉しいです。

ではでは。

---
応援クリックよろしくお願いします。

第298回TOEIC公開テスト(夏場のテスト対策)

全国的に暑い一日となりそうですね。こんな日の公開テストで気を付けておきたいのは服装です。当然ながら多くの会場には冷房が入っているのですが、冷やしすぎで非常に寒い会場にあたることがあるのです。特に大会場の場合は均一に冷やすことが難しいために、クーラーの吹き出し口近くの席は凍えるくらい寒くなってしまうことがあります。

テスト開始前はトイレに立ったり、体を動かしたりしているので大丈夫そうと思っていても、いざテストが始まると寒さが身に染みてきて、キビシイ状況になることがあります。私がよく割り当てらえる大学の大会場がそうで、初めてその会場の寒さを経験した際には、リーディングセクションの後半は頭の中で井上陽水の『氷の世界』がヘビロテしてました。吹雪、吹雪、氷の世界~♪

係員に申し出て部屋を変更してもらうこともできるのでしょうが、私は薄手のジャケットやパーカーを持参して、室温に応じて調整できるようにしておきます。テスト中にガサゴソするのは気が引けるので、膝の上にかけておくように工夫もしています。

夏場のテスト対策として、参考になさってください。

本日受験される皆さまの実力がいかんなく発揮できますように!

【持ち物】
□ 受験票
□ 身分証明書(運転免許証、パスポート)
□ 筆記用具(2セット)
□ 腕時計(2個)
□ マスク(2枚)
□ イヤフォン
□ ローガンズ専用眼鏡
□ パーカー

□ お茶
□ 目薬
□ チョコレート
□ ティッシュ
□ 折れない心

---
応援クリックよろしくお願いします。

公式問題集の単語を調べ尽くす!

TOEICセミナーの質問コーナーで一番聞かれるのは「単語の覚え方」についてです。数多く聞かれるということは、それだけ単語を覚えるのは難しいということです。そして、TOEICに関する質問で僕が最も答えにくいのも「単語の覚え方」なのです。「繰り返し覚える」などと普通のことを言ってもそれでは満足していただけないでしょうし、その人にとってベストな方法を提案するのは現実的には難しいのです。なので、「金フレ」や「黒フレ」など良書を紹介してその場をしのいでいるのですが、時間が余裕がある時には、それも上級者に限っては「公式問題集の単語を調べ尽くそう」という提案をしています。

なぜならば公式問題集に出てきた単語はテスト制作期間が公式に出題範囲だと認めているので、いつ公開テストに出てもおかしくないからです。僕は公式問題集を解いた後、知らない単語、あやふやな単語はノートに書き出して、英和、英英、シソーラス辞書などで調べます。特に、動詞については時間をかけてじっくり調べるようにしています。

−語義、英語での語義
−それぞれの語義に対する同義語
−自動詞、他動詞
−他動詞の場合は目的語には何を取るのか、that節は取るのか
−第4文型、第5文型の場合は目的語は何を取るのか

このように書き出すとなんだかタイヘンそうですが、自分の頭の中ではほぼ自動化されている作業なので、無意識のうちアレコレ調べている感覚です。調べたことを几帳面にノートに書き出したりはしていませんが、気になった例文はメモに残して見返したりはしています。

副詞は相性の良い動詞を見つけたり、文のどの位置に置かれるかをチェックします。形容詞は名詞との相性、叙述用法の語法は抑えておきます。名詞は、レアな単語である場合がほとんどなのであまり深追いはしていません。

と、ここまで書いてきて、自分は果たして手持ちの数十冊の公式問題集の単語をすべて暗記しているかというと、決してそんなことはなくて、古いVersionのを解き直すとあやふやな単語がちょいちょい出てきたりしています(汗

ではでは。

---
応援クリックよろしくお願いします。

「正解が見えました!」

先週の公開テスト終了直後に、読者のAさんから連絡をいただきました。



パート7のMPでどうしても正解が見つからない問題があったので、一旦パスして、200問目まで解き終えて、改めて本文を読み直しても正解が見つからない。設問の読み間違いもしていない。という状況で、「読めるようになる本」の「対比された情報を示す正解マーカー」で印象に残っていたmeanwhile(p.193)が見つかり、その後を丁寧に読み直してみたらズバリ正解が見つかったとのこと。

かなり嬉しかったようで、興奮気味に連絡をいただきました。そして、僕も嬉しくて興奮してしまいました。この本を出版できてよかったなと。

この下りだけ見ると、TOEIC対策的のテクニックに思えるかもしれませんが、リアルな英文、特に英文レポートや記事などでは、meanwhileの直後には著者の主張が込められていることが多いのです。この成功体験を通じて、Aさんはきっとmeanwhileの読み方をマスターされたはずです。

これからも、TOEIC学習を通じて英語力を向上させることができるような著作を世に問うていきたいと思います。

---
応援クリックよろしくお願いします。

第296回TOEIC公開テスト(リーディングセクションの解答順)

皆さんはリーディングセクションをどのパートから解いていますか?

僕のセミナー受講生アンケート結果では9割以上の方がPart5、6、7の順番に解いています。まあ、想定通りの結果なのですが、上級者はどうしているのかを分析するために860点以上と未満で分けてみました。すると860点未満の方はほぼ9割以上の方が順番通りなのに対して、860点以上になると順番通りが7割に減少するのです。つまり残り3割の方は独自の順番で解いているということです。

ではどのように順番を工夫しているかをランキングにしてみました。

1位:Part7、Part5、Part6
2位:Part5、Part6、Part7(MP)、Part7(SP)
3位:Part7(MP)、Part5、Part6、Part7(SP)

僕はどうやって解いているかというとPart7を速解き解して、Part5、Part6に時間を余らせるようにしています。理想は20分、最低でも15分は余らせるようにしています。Part5、6も速解きをすれば7分で解けるのですが、出題傾向の分析のために多めに時間を割り当てているのです。特に、中上級者をターゲットにした問題でどこにトラップがあるのかを分析しています。中上級向けの良問は各回に数問しか出題されないので、コツコツと収集していこうと思います。

本日受験される方が実力発揮できますように!


【持ち物】
□ 受験票
□ 身分証明書(運転免許証、パスポート)
□ 筆記用具(2セット)
□ 腕時計(2個)
□ マスク(2枚)
□ イヤフォン
□ ローガンズ専用眼鏡

□ お茶
□ 目薬
□ チョコレート
□ ティッシュ
□ 折れない心

---
応援クリックよろしくお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が読めるようになる本


5分間リスニング


リスニング特訓


英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: