松山のナミダ

全米プロの優勝をあと少しで逃した松山はインタビュアーに「足りなかったものは何ですか」と問われ涙を堪え「後で考えます」と一言だけ答えるのがやっとでした。その後、他のインタビューをこなした後、グリーン脇でしゃがみ込み人目をはばからず号泣していました。

よほど悔しかったのでしょう。
僕もそれを見てたら切ないキモチになって泣けてきました。

今年の全米プロゴルフ選手権は、日本人初メジャー制覇がかかっていたので、ライブで観戦していました。松山は2日目までは好調でしたが、首位に立った3日目からショットが乱れ始めました。残り100ヤードのウエッジでのアプローチを外すというのは普段では絶対にありえません。ものすごいプレッシャーだったのでしょう。

でも、この涙は絶対に次につながります。高い目標を目指すポジションの中でも、あとほんの少しで目標に届くという経験をするものだけが流せる涙だからです。トップランクの争いは技術力、パワーよりも、あと少しで目標達成という痺れるような経験の積み重ねの差になってきます。

TOEICでハイスコアを目指す場合もまったく同じです。

あと少しで目標スコア達成というレベルまで来た人にとって臨む公開テストは普通の公開テストではなく、メジャー大会のようなものです。毎日欠かさず勉強をして、模試を解いて復習を完璧にやったからこそ感じるテストのプレッシャーがあるからです。

特にミスの許されないパート1,2は緊張をします。そしてリスニングセクションを切り抜けられたとしても、リーディングセクションにはいくつもの罠が待ち受けています。松山がはまった最終日のラスト9ホールです。普段の勉強では絶対にミスをしないパート5の品詞問題で文構造を見誤って落としたりするのは、こういう状況です。

それを克服できるのは毎日の基礎トレーニングと負荷をかけたうえでの実践練習しかありません。

がんばり松山&トーイッカー!!

応援クリックお願いします。

繰り返し学習の効果と実例

6月の公開テストでは、TOEIC学習繋がりの友人の中から、初のリスニング満点を取られた方がお二人も誕生しました。お二人とも地道にコツコツと勉強を続けてこられ、スコア停滞期、時に大幅なスコアダウンに見舞われながらも、それでもめげずに学習と受験を繰り返してこられた上でのリスニング満点達成なので本当に素晴らしいと思います。

一方で「サラリーマン特急」の読者のYさんからもリスニング満点達成の報告をいただきました。「新形式リスニング」で紹介した、リッスン&リピートとキモチを込めた音読の繰り返しトレーニングに加えて、前作の「満点リスニング」で紹介したシャドーイングとディクテーションを組み合わせた独自のトレーニングを毎日ひたすら繰り返しの満点達成です。

「サラリーマン特急に収録されている音声に関しては、一語残らず隅々まで完璧にクリアに聞こえる」

という状態で公開テストに臨まれたとのことです。これも本当に素晴らしいですね。同じ素材を繰り返しやるのがいいとは分かっていても、ある程度聞き取れるようになってくると新しい素材に手を出したくなるのが普通です。でも、リスニング力を底上げしたいと思うのであれば、聞こえると思うようになった素材をさらに繰り返すことでレベルアップが可能になるのではないでしょうか。

では。

<余談>
「サラリーマン特急 新形式リスニング」が増刷となり第5刷となりました。応援ありがとうございます。

応援クリックお願いします。

「どうしたら語彙力をあげられますか」



普段から「語彙力が弱い」というという悩みに関するご相談は多いのですが、公開テストの後には上級者(860点オーバー)からも相談をいただきます。

相談のポイントは「どうしたら語彙力をあげられるか」「語彙力を身につける学習法を教えて欲しい」という点に尽きます。

そして相談者に質問をしてみると語彙力が足りない原因は、

「意識的に語彙力を高める勉強(ボキャビル)をしていない」

である方がほとんとで、その対策として、

「意識的に語彙力を高める勉強(ボキャビル)を毎日してください」

とアドバイスしています。

おススメの本として「金フレ」を紹介するとほとんどの方が、

「持っています」

と答えるのですが全部覚えましたか、と質問をするとほとんどの方が、

「覚えていません」

と答えるので、

「全部覚えてください」

とアドバイスするようにしています。

ここで全部というのは、

600点目標の人は、「助走の400語」+「加速の300語」
730点目標の人は、 +「飛翔の200語」
860点目標の人は、 +「頂点の100語」
990点目標の人は、 +同義語、反意語をふくめてすべて


です。

それらを覚えれば語彙力は大丈夫なのでしょうかと質問されることがたまにありますが、

「最低限、それくらい覚えていないと勝負にならないのですよ」

とお答えすることにしています。

では。

応援クリックお願いします。

忙しい時の10分間ボキャビル

自分を取り巻く環境の変化と、想定外の事象が重なったりもしてバタバタする日々が続いています。明日のTOEICは無理かなと半ば諦めていたのですが、なんとか受験できるようになりました。

やりたい事、やらなければならない事を見極め優先順位をつけて、できる事を淡々とやっていくしかないのですが、でもこういう時だからこそスキマ時間には好きな音楽を聞き、好きな小説を読むことで心に潤いをもたせることが最も大切だと思います。

そして、忙しい時についつい優先順位が下がりがちなのが英語学習ですが最低でも10分間はボキャビルはやるようにしています。あー今日は何もやりたくないなと思っても、ゼロにしたら復活させるのがタイヘンですから。

そんなこんなで今日はキクタン12000の復習をやってました。どっちがどっちだかわからなくなってしまう単語のペアです。

impair
impart

deter
defer

chronic
chronicle

exhaustive
exhausted

exotic
toxic

autonomy
anatomy

inhibit
habitat

humility
humiliate


ぱっと見て意味の違いが言えますか?

では。

応援クリックお願いします。

L495点を達成したAさんからの連絡に感激!!



本書の読者であるAさんから、5月の公開テストでリスニング満点(495点)を達成したという連絡をいただきました。昨年11月時点での自己ベストがL360点だったので、約半年で135点を伸ばされたことになります。連絡をいただいた瞬間、嬉しさとともにじ~んと熱いものがこみ上げてきました。

と言うのもAさんは前著「サラリーマン特急 満点リスニング」の時からの読者なのですが、300点台でずっとスコアが伸び悩んでいた頃をよく知っているからなのです。今思うと「サラリーマン特急 満点リスニング」で推奨していたシャドーイングがAさんには合わなかったのかなと思います。

一方で「サラリーマン特急 新形式リスニング」で推奨しているゆっくり音読とリッスン&リピートを中心としてトレーニングがAさんにはバッチリと合っていたようで、11月以降は「サラリーマン特急 新形式リスニング」だけを使ってひたすらトレーニングを続けた結果、スコアがみるみるうちにアップしてリスニング満点を達成されました。

「サラリーマン特急 新形式リスニング」は問題の解き方だけでなく、問題を使ったリスニング力の上げ方に特にこだわって書いたので、Aさんのような使い方をされてスコアアップをしていただけると本当に嬉しく思います。

さて、Aさんは今後もTOEICを受験し続けるそうですがおそらくリスニングのスコアは下がることはなく、連続リスニング満点も出るのではないかと予想しています。それは、本書のP.5で紹介した「文脈を理解するリスニング力」と「文脈を予測する先読み力」を身につけておられるからです。

Aさんには取材をさせていただき、トレーニングの具体的な方法や、ご自身で工夫された点などを教えていただき、このブログの記事や次回作で次の学習者の役立つ情報として還元させていただこうと思っています。

---
(余談)
Amazon上半期ランキングで15位にランクインしました。

Amazon ランキング大賞 2017 上半期 「英語学習」部門
(集計期間:2016年11月14日~2017年5月14日)

1位 TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
2位 TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ
3位 会話もメールも 英語は3語で伝わります
4位 DUO 3.0
5位 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
6位 公式TOEIC Listening & Reading 問題集2
7位 DUO 3.0 / CD復習用
8位 一億人の英文法
9位 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
10位 公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1
11位 Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル
12位 総合英語Forest 7th Edition
13位 ジーニアス英和辞典 第5版
14位 「とりあえず」は英語でなんと言う?
15位 TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

購入&レビューをしていただいた皆さまに大感謝です!!

応援クリックお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: