忙しい時の10分間ボキャビル

自分を取り巻く環境の変化と、想定外の事象が重なったりもしてバタバタする日々が続いています。明日のTOEICは無理かなと半ば諦めていたのですが、なんとか受験できるようになりました。

やりたい事、やらなければならない事を見極め優先順位をつけて、できる事を淡々とやっていくしかないのですが、でもこういう時だからこそスキマ時間には好きな音楽を聞き、好きな小説を読むことで心に潤いをもたせることが最も大切だと思います。

そして、忙しい時についつい優先順位が下がりがちなのが英語学習ですが最低でも10分間はボキャビルはやるようにしています。あー今日は何もやりたくないなと思っても、ゼロにしたら復活させるのがタイヘンですから。

そんなこんなで今日はキクタン12000の復習をやってました。どっちがどっちだかわからなくなってしまう単語のペアです。

impair
impart

deter
defer

chronic
chronicle

exhaustive
exhausted

exotic
toxic

autonomy
anatomy

inhibit
habitat

humility
humiliate


ぱっと見て意味の違いが言えますか?

では。

応援クリックお願いします。

L495点を達成したAさんからの連絡に感激!!



本書の読者であるAさんから、5月の公開テストでリスニング満点(495点)を達成したという連絡をいただきました。昨年11月時点での自己ベストがL360点だったので、約半年で135点を伸ばされたことになります。連絡をいただいた瞬間、嬉しさとともにじ~んと熱いものがこみ上げてきました。

と言うのもAさんは前著「サラリーマン特急 満点リスニング」の時からの読者なのですが、300点台でずっとスコアが伸び悩んでいた頃をよく知っているからなのです。今思うと「サラリーマン特急 満点リスニング」で推奨していたシャドーイングがAさんには合わなかったのかなと思います。

一方で「サラリーマン特急 新形式リスニング」で推奨しているゆっくり音読とリッスン&リピートを中心としてトレーニングがAさんにはバッチリと合っていたようで、11月以降は「サラリーマン特急 新形式リスニング」だけを使ってひたすらトレーニングを続けた結果、スコアがみるみるうちにアップしてリスニング満点を達成されました。

「サラリーマン特急 新形式リスニング」は問題の解き方だけでなく、問題を使ったリスニング力の上げ方に特にこだわって書いたので、Aさんのような使い方をされてスコアアップをしていただけると本当に嬉しく思います。

さて、Aさんは今後もTOEICを受験し続けるそうですがおそらくリスニングのスコアは下がることはなく、連続リスニング満点も出るのではないかと予想しています。それは、本書のP.5で紹介した「文脈を理解するリスニング力」と「文脈を予測する先読み力」を身につけておられるからです。

Aさんには取材をさせていただき、トレーニングの具体的な方法や、ご自身で工夫された点などを教えていただき、このブログの記事や次回作で次の学習者の役立つ情報として還元させていただこうと思っています。

---
(余談)
Amazon上半期ランキングで15位にランクインしました。

Amazon ランキング大賞 2017 上半期 「英語学習」部門
(集計期間:2016年11月14日~2017年5月14日)

1位 TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
2位 TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ
3位 会話もメールも 英語は3語で伝わります
4位 DUO 3.0
5位 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
6位 公式TOEIC Listening & Reading 問題集2
7位 DUO 3.0 / CD復習用
8位 一億人の英文法
9位 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
10位 公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1
11位 Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル
12位 総合英語Forest 7th Edition
13位 ジーニアス英和辞典 第5版
14位 「とりあえず」は英語でなんと言う?
15位 TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

購入&レビューをしていただいた皆さまに大感謝です!!

応援クリックお願いします。

どーしても覚えられない単語を覚える方法

integral(形) 必要不可欠の

この単語がどーしても覚えられません。

なぜなら、僕にとってインテグラルは「積分」だからなのです。高校時代に積分のことを「インテグラル」と呼んでいた先生がいて、それが頭に刷り込まれているので、いまさら「必要不可欠の」という形容詞の意味を覚えようと思っても、なかなか頭に入っていかないのです。「積分」と「必要不可欠の」という意味は結びつかないですしね。

もちろん、機会的に「integral = 必要不可欠の」と一旦は覚えるのですが、「積分」という意味が強すぎて、すぐに忘れてしまうんですね。

ちなみに、「微分」はdifferentialなのですが、語源のdifference「差」から意味が推測しやすいですし、「微分」以外の意味が無いので安心です。(←何が)

さらにちなみにですが、高校時代に「微分・積分」を習った時には、なんでこんな事を学ぶのだろうと疑問、不満を持っていました。ところが社会人になって、ある事象を定量的に測定するためには微分/積分をしないと求められないことを知って、「微分・積分スゴいぜ!」と思ったものです。(例えば、加速度でしかモノの動きを求められない事象の速度を求める場合には、加速度を積分すると速度を求めることができるのです)

さて、どーしても覚えられない単語を覚える方法についてですが、日⇒英で覚えたり、例文の中で覚えたりなどなど様々な方法がありますが、この記事のようにその単語、訳語に関連する思い出を結びつけて、さらにブログの記事に書くことで記憶に残りやすくなるので、ブログをお持ちの方は是非お試しください。

では。

応援クリックお願いします。

忙しい時のボキャビル

仕事が忙しかったり、体調がすぐれない時など、

「今日は何もやりたくないなぁ~」

と思うことは当然あって、そういう時はボキャビルをやるようにしています。

わずか5分間でもボキャビルはできますし、たった1語でも新しい単語を覚えられたら語彙力が1歩前進、という実感が得られるからです。

今、単語本はこれを使っています。



訳語をさらっと確認したら、後は例文をひたすら読んでいきます。「訳語を完璧に覚える」のではなく、「文の中で意味が理解できればオケー」という意識です。特に動詞は目的語になる名詞や、修飾する副詞とまとめて頭に入れた方が、定着率がよいからです。

なお、政治、災害、病気などTOEICの出題範囲外の単語には「これは出ないぜっ!」、TOEICの世界観を醸し出している単語には「これはいつか出るかも」などとツッコミを入れながら、取り組むのがトーイッカー的には楽しかったりします。

では。


応援クリックお願いします。

翻訳は意図問題なのだ。

翻訳教室の2つめの課題は、ロバートマキャモンのファンタジーっぽい小説。



最初の課題に比べると単語のレベルは易しいのですが、場面、流れを理解するのはこっちの方がずっと難しい。何度も読み返して状況、流れを整理して訳文を考えているうちに、ふと思いつきました。

これって意図問題だ、と。

例えばこんなセンテンス。

She had her children.

基本単語だけで構成されたこの短い英文の意味がよくわからないのですよ。文脈の中で、どういう意図で書かれているのかがよくわからない。しかも、これが後半の重要な場面で出てくるのです。

TOEICの意図問題と違って翻訳に正解はないのですが、どのように添削されて返ってくるのか、非常に楽しみ。結果は差し支えない範囲でここでフィードバックします。(そのママの意味だったらどーしよ)

応援クリックお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: