FC2ブログ

☆「極めろリス特」の発売日が決まりました☆



6月18日発売なので、早いところでは14日くらいから店頭に並ぶところがありそうです。600問あるのでどんな強者でもフルコンプして6月公開テストに臨むのは難しそうですが・・。

これまでお知らせしたように、従来のTOEIC本とは難易度設定、音声収録、解説方法がかなり異なっている問題集なのでその特徴を発売日まで1日1回twitterで発信していきます。それによって、本当に本書を必要とされている方々の手に届けばいいなと思っています。

ブログでも情報の補足をするかもしれませんが、基本はtwitterで発信していきます。その日に発信したツイートに付いた「いいね」やリツイートを集計して、最終日にはブログでランキング形式で公表します。twitterをされていない方は、それを見れば私が発信したすべての特徴を一覧することもできます。

※@IvicaOjimをフォローしているのにフォローされてないわよ!という方にはこれを機にフォローバックさせていただきますのでお知らせください

「極めろリス特」どうぞよろしくお願いいたします。

---

応援クリックよろしくお願いします。

新刊情報

ついに情報解禁になりました。

TOEIC L&R TEST 990点リスニング特訓

twitterでは早速いいね、RTで反応をしていただきました。ありがとうございます。そしていくつかご質問をいただきました。

まず、対象レベルですがトータルスコアで730点以上、リスニングで380点以上の方を想定しています。全問が難問ではなく2割くらいは普通レベルの問題を混ぜてありますが、50セットの難易度はランダムで出題されるので、想定スコアを1度でも超えたことがないとキツイと思います。

自信がない、迷っている方は発売後、書店で中身を見ていただくか、アプリで音声がダウンロードできるようになってから難易度を確認することをおススメします。また、4月29日に開催される花田塾チャリティーセミナーに間に合えば代表的な問題の音声ファイルを使用するので、それでレベル感を判断してください。

本書のウリの1つである早口の音声ファイルですが、これは機械的に編集して速度を上げているのではなく、音声収録時にナレーターが実際に早口でスクリプトを読んでいます。従って、音の消滅、変化などが自然に、ただしTOEICの出題範囲内で起こっています。400本の音声ファイルを編集者と共に入念にチェックをしており、約3%くらいが本番を超えてしまっていると判断して、リテイクに回しました。

本書で目指しているのは安定してリスニング満点が取れるリスニング力です。

***
音声ファイルだけでなく、従来のTOEICリスニング本にはない工夫とこだわりの本に仕上がっているので、本の特徴を発売前に少しずつ紹介していこうと思います。従来にはなかった本なので、紹介も従来になかった方法でやってみようと思います。

本書の発売日(取次搬入)が決まったら、その4週間前から1日に1回、twitterで本の特徴をつぶやいていきます。ブログで紹介する内容もありますが、基本的にはこのtwitterをメインにしようと思います。twitterをやっていない方のために、最終日にはtwitterでつぶやいたすべてをブログにも転載するのでご安心ください。

---

応援クリックよろしくお願いします。

暗黒のフレーズに自信と覚悟、そして熱い思いを感じました。



前著に続いて上級向けの単語本が出るとは聞いていたのですが、単なる続編ではありませんでした。前著との違い、そして、これまでに世に出たTOEIC単語本との最大の違いは「未来語」を掲載したことでしょう。

「未来語」とは、これから実施される公開テストで出題されるであろう難単語を予測しているのです。これを書籍にして出版するのはとても勇気のいることです。これだけSNSが発達した今の世の中であれば、出たのか出ないのかは簡単に検証されてしまうからです。

でも、これが出来てしまうのは、著者RabbitさんのTOEICに関する知見、センス、そして根拠があるからなのです。Rabbitさんの自信、覚悟、そして熱き想いをまえがきのこの一文を読んで強く感じました。

出題された単語の後追いではなく、一歩先回りして待ち構えましょう。


素晴らしいですね、しびれました。

まだRound1までしか読み進めていませんが、かなり手強い単語がもりもりです。所見の単語もありました。でも、著者への信頼があるので完走して、4月の公開テストまでに完璧に覚えようと思います。

---

応援クリックよろしくお願いします。

文法特急の個人的ベスト3問題を選んでみた



前作の問題は選択肢だけをみても正解がわかるくらい解いています。なんなら、何を解説しているかも思い出すことができます。それでも、第1問から最終問まで一気に解いてみました。

どの問題もいまだに色褪せない珠玉の問題ですね。一問一問、誰かと語りたくなるような、パート5の重要な要素がつまった問題だと改めて思いました。

追加された新問も、キレのある、学び要素満載の問題でした。

その中から、個人的な、マニアック視点で選んだベスト3を選んでみました。ネタバレは含んでいませんが、気になる方は読み飛ばしてください。

・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・

3位:上級編No.24

この問題、上級者でもうっかり間違えてしまう人が多いのではないでしょうか。実際、自分が講師をしている上級者クラスでも類題を出題してるのですが、皆さん間違えてくれます。正解した人に、解答根拠を説明してもらっても答えられる人が少ないのです。


2位:超上級編No.16

個人的にこのタイプの問題が大好きです。満点を目指す学習者の前に立ちふさがる最後の壁は、こういう問題です。その解法のポイントをシンプルに明解に示されている解説も大好きです。まさに花田節の真骨頂の問題です。


1位:超上級編No.17

超マニアックな視点で選ばせて第1位に選ばせていただきました。その萌えポイントは主語です。

*****

次は、音声解説を聞いた感想もいつかブログにアップしますね。

---

応援クリックよろしくお願いします。

コンパスローズ英和辞典を買ってみた

前から気になっていた辞書なのですが、紙版しかないので買うのを躊躇していました。紙版はかさばるので電子版かアプリ版が出たら買おうと思っていたのです。ところが先日、twitterである方がこの辞書について語ったフレーズにビビッときて即買いしました。

"この辞書は読む辞書だ"

IMG_1512.jpg


まえがきには、

(デジタル系の辞書は便利ではあるが)紙の辞書には捨てがたい良さがある。その良さに改めて気づいて目を向けて頂きたいと心から強く願い、本書を世に送るものである。


とあったので、しばらく電子版は出ないでしょう。

まずは、動詞や前置詞などを拾い読みしてみたのですが、一気にこの辞書の世界に引き込まれ、気がつくと1時間くらい読みふけっていました。う~ん、面白い。

本書の最大の特徴は、あの大西先生が監修をされた単語のコアイメージが解説されている点です。大西先生の著作はすでにかなり読んでいるので知っている知識もあるのですが、辞書としてまとまっているのでとても使い勝手が良いです。

普段使いしているウィズダム英和との違いとしては、もう1つ、語源の解説が載っていることです。語源はいつかやってみたいなと思いつつ、この辞書を引きながら少しずつ勉強してみようと思っています。

---

応援クリックよろしくお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: