fc2ブログ

御礼:第11回 花田塾チャリティーセミナ終了報告

昨年に引き続き、オンラインでの開催となり約180名の方にご賛同をいただきました。主催者の花田先生は会場開催かオンラインかで悩まれたとのことですが、会場のキャパ(110名)を超えることができ、また全国から参加していただく機会が提供できたので、セミナーの趣旨からすればこれで良かったのではと思います。

毎年恒例となっているセミナー冒頭で流れる"Be the light"の映像をみるたびに、あの震災の記憶を風化させてはいけないと強く思います。これからもずっとこのセミナーを通して、また、それ以外でも復興に協力していきたいという思いを新たにしました。

さて、普段、企業向けのリスニングセミナーを再現してみました。通常90分のコンテンツを40分間に短縮したので時間足らずでしたが、限界ディクテーション、ゆっくり音読、超高速音読の狙いとポイントは理解していただけたでしょうか。

IMG_4504.jpg

セミナー終了後の質問コーナーでは超高速音読はどれくらいの速度でやればいいのかという問い合わせがありました。目安としては1.1倍、それでもまだ余裕がある方は1.2倍の速度を目指してみてください。例えば今回使った音声ファイルは34秒でしたので1.1倍であれば30秒、1.2倍であれば27秒で読み切ることになります。1.2倍で読めるようになったら、そのスピードで5回繰り返し音読した後に、音声ファイルを聞き直してみてください。初見で聞いた時とは比べ物にならないくらい、ナレーターの発話がゆっくりと聞こえることにビックリするのではないでしょうか。

---
応援クリックよろしくお願いします。

今年は花田先生とのコラボでリスニングのガチトレーニングやります!

プロの講師として(=報酬をいただいて)、TOEICを教え始めたのが8年前。毎回ほぼ満席、受講アンケートも高評価。それなのに、想定していたほどスコアアップをしないという現実に直面したほろ苦い講師デビュー1年目でした。特にスコアアップには自信のあったリスニングのスコアが伸びてくれないのには正直に言ってショックでした。

最初の頃の教え方を振り返ってみると、自分が学習者として満点を取った成功体験に依存しすぎて、それを受講生に押し付けていたのが良くなかったのだと思います。ディクテーションや音読がリスニングのトレーニングとして有効なのは間違いないのですが、それらを具体的にどのように実践してもらえば効果を発揮するのかという工夫が足りなかったとも言えます。

それから毎年、仮説検証を続けて、改良を加えた結果、ようやくたどり着いたのが本書で紹介している限界ディクテーション、超高速音読などのトレーニング方法です。



今年の花田塾チャリティーセミナーでは、それらのトレーニングを実践していただいて、短時間でも自分の英語耳が変化する体験を味わっていただこうと思います。音読については、花田先生に登壇いただいて、実践指導をしていただくことになりました。英語らしいリズムのきざみ方、タメの作り方、単語へのキモチの載せ方などなど、音読を効果的なトレーニングにするための重要なポイントを、ぜひ、この機会に学んでみてください。

残席が残りわずかになってきました。お申し込みはこちらからどうぞ!

4/4から受付開始 第11回花田塾チャリティセミナー

---
応援クリックよろしくお願いします。

花田塾チャリティーセミナーの申し込みは4月4日8時から!

4/4から受付開始 第11回花田塾チャリティセミナー

今年も主催者の花田先生にお声がけいただき、講師として登壇することになりました。

2014年 第4回花田塾チャリティーセミナー
「Listening力を伸ばすためのOJiM理論」
~ キモチを込めた音読の実践的方法 ~
#リスニングセクション全般

2015年 第5回花田塾チャリティーセミナー
「難化したパート2対策」
~ なぜ簡単な英語が聞き取れないのか? ~
#パート2

2016年 第6回花田塾チャリティーセミナー
「パート7の英文を読めるようになるためのトレーニング」
~ 「英文が読める」とはどういうことなのか? ~
#パート7

2017年 第7回花田塾チャリティーセミナー
「英語が聞き取れない原因とその対策」
~ パート2のひねった応答問題が難しいのはなぜなのか? ~
#パート2

2018年 第8回花田塾チャリティーセミナー
「間違った音の記憶を上書きしよう!」
~ 初級者、上級者に共通したリスニング力の弱点と強化法 ~
#パート2

2019年 第9回花田塾チャリティーセミナー
『サラ回しを止めるな!』
~ 応用力を身につける模試の徹底活用法 ~
#パート5

2019年 緊急花田塾チャリティーセミナー
「正しい英語の音を身につけるために」
〜 耳慣らしストレッチの実践方法 〜
#パート2

2021年 第10回花田塾チャリティーセミナー(オンライン開催)
「中上級を悩ませる難問の傾向と対策」
#パート2

こう振り返ってみると、明らかにリスニングセクションに偏っていて、どんだけパート2が好きなんだよ俺、って感じですね。登壇する講師がどのパートを担当するかは基本的に自己申告制なので、自由に選べるのですが、いつの間にか自分がリスニング枠担当のような雰囲気が生まれているという事情もあります。なので、今年もリスニングをやろうと思っているのですが、さすがにパート2はやりすぎているのでパート3、4のいずれかになると思います。

限界ディクテーション、超高速音読といったトレーニング系、新傾向難問の解法、あるいは先読みの最新テクニックなどなどネタは豊富にあります。これを取り上げて欲しいテーマがあれば、リクエストをお寄せください。

では。

---
応援クリックよろしくお願いします。

開催報告、御礼、感謝

観覧席、Zoom席、Youtube席合わせて28都道府県、約170名の方にご参加いただきました。

出席率(当日出席者数÷申し込み数)の瞬間最高値は、

観覧席 100%
Zoom席 99%
Youtube席 95%

という超高率でした。

終了直後からたくさんのフィードバック、リクエストをいただきました。

プレゼントもたくさんいただきました。

パート7愛を語り尽くして、今はヌケガラのようになっています。

参加いただいた皆様、本当にどうもありがとうございました!!

IMG_3867.jpg

IMG_3868.jpg

IMG_3869.jpg

IMG_3871.jpg

IMG_3873.jpg

---
応援クリックよろしくお願いします。

Youtube席は2月14日20時から募集開始です!

観覧席(千歳烏山)の16席、リモート席(Zoom)の95席の募集およびキャンセル待ちを停止してからも、どうしても視聴したいという熱い声を多数いただいています。

既に本書を入手して、内容を読んでみたらトークが聞きたくなったという方がほとんどでした。なんとかして増席したかったのですが、今回はZoomは契約上の制約で上限をこれ以上増やせません。そこでYoutubeライブで視聴できるようにしました。Zoomで視聴するのに比べて20秒ほどタイムラグがあるのと、スタンプやリアクション機能がない点を除けば、同じ内容です。むしろ、こちらの方が気楽に参加できるかもしれません。

Youtube席の募集開始は2月14日20時からです。申込みにあたっては本書に記載されているキーワードを入力していただく必要があります。Youtube席には上限がないのと、募集は2月19日10時まで行っているので、急いで応募していただく必要はありません。もちろん、これから入手予定の方も本書が手元に届いたら、その時点でお申し込みいただけたら大歓迎です!

申し込みサイトはココです。

2時間のうち前半は、私が本書の内容の一部を紹介しながら、前田先生と「TOEICの英語が読めるには」というテーマでディープな対談を行います。事前に予習する必要はまったくありませんが、本書をある程度読んでおいた方がより楽しめると思います。

後半は、ヒロ前田さんが私にインタビューをしながら、クイズを出題したり、質問に回答したりのバラエティ番組になっています。TOEICの英語を読むためにというテーマを深堀りしながら、本書の制作秘話的な話もオープンにしますのでお楽しみに。

---
応援クリックよろしくお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が読めるようになる本


5分間リスニング


リスニング特訓


英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: