サラリーマン特急R出版記念イベント@千歳烏山



出版記念イベントやります。
実施内容、及びお申込みはこちらのページからお願いします。

<05/16 14:40追記>
満席となりました。
引き続きキャンセル待ちを受け付けています。

<実施概要>
日時:2018年6月23日(土) 13:30~16:30 *受付13:00~
参加費:1,000円(税込)
講師:八島晶(『サラリーマン特急』シリーズ著者)、ヒロ前田(第2部)
会場:T’z英語ラウンジ セミナースペース(京王線「千歳烏山」駅徒歩4分)
定員:30名
対象:TOEICのスコアを上げたい人
持ち物:『TOEIC L&R TESTサラリーマン特急 新形式リーディング』(必須)
対象レベルの目安:英語力のレベルは不問

<タイムテーブル>
13:30~14:20 第1部 サラリーマン特急の活用法
14:25~15:15 第2部 The Making of サラ特+QA
15:30~16:30 茶話会&サイン会

---
第1部ではミニ模試を解いた後、どのように活用すればいいのかという復習方法を提案します。解説を読み正解の根拠を理解し、語彙の意味を調べくらいまではやっていると思いますが、もっと濃い、「ねっとりとした復習方法」です。自己紹介とか、発表とかストレスに感じるようなことは一切ありませんので安心してご参加ください。

第2部はサラリーマン特急の制作過程の裏側を時系列で公開します。「出版企画ってどんなの?」「問題は誰が作っているの?」「Maxwellさんって誰?」「コラムは?」「校正は?」等々です。(ある出版社の方から、参加してもいいかと問い合わせがありましたが、OKですよ)
そしてヒロ前田さんにも登壇いただいて、「TOEIC本を作るということ」について語っていただきます。

茶話会&サイン会では、ちょっとしたサプライズもあるのでお楽しみに。

ではでは。

応援クリックお願いします。

第8回花田塾チャリティーセミナーに参加して

- Be the light

セミナーの冒頭、この曲を皆で聞くのが恒例になっています。
前年はTEXさんの涙腺が崩壊していましたが、今年は花田先生が落涙していました。
僕も涙腺が割と弱い方なので、画像を見ないようにして曲に集中していました。

‐ 耳ダンボ

3年前のチャリティーセミナーでパート2対策の1つとして、手のひらを耳の後ろにあてると音量、音質がよくなる「耳ダンボ」という技を紹介しました。
今年はパート2の音源を使って音を聞き取る練習を皆でやったのですが、少なくとも5人の方が耳ダンボをやっていました。「テスト本番でもやってるわよ」とい方もいてプチ感動でした。

- おっとっと現象

チャリティーセミナーでは毎回、僕がTOEICの指導、研究成果を共有させていただく場でもあるのですが、今年は「おっとっと現象」というものを発表させていただきました。英単語、特に基本単語の音の記憶が間違っていると、そこでつまづいてしまい、「おっとっと」とバランスを崩しているうちにそれ以降の英語を聞き逃してしまう現象です。

- 皿回し

懇親会で「プレゼンをするときに、画面を見ないのに、よく話の内容と合っていますね」と言われた。僕はパワポを作ってからチャリティーセミナーまでに、何十回も一人リハーサルを回して、話すこと、話さないことを決め、話しの繋ぎ、流れを確認しているので、次のスライドに何が書いてあるかは全部頭に入っているのですと言ったら、驚かれた。

‐ すべては心が生み出す

体調を崩されていた神崎さんが登壇され、いつものゆったりとしたリズムで話をされていて、じんわりと伝わってくるものがありました。紹介していた中村天風、読んでみます。

- Jet Bullさん

以前からSNSでは交流をしていて、最近、実はあるTOEIC仕事を一緒にするようになったのですが、TOEICを教えているのを見たのは今回が初めて。音読上手いな~、僕もまたがっつり音読やろうとモチベーションあがりました。

- 花田塾

懇親会では、花田塾の生徒さん達が集まっているテーブルに座らせてもらいました。「僕の講義内容は難しくなかったですか」とたずねたところ、「今日取り上げていた基本単語の聞き取りは、いつも花田塾でやっているものばかりですよ~」と言われて、ちょっと嬉しかったです。

IMG_3955-70.jpg


***

チャリティーセミナーは主催者、事務局、登壇者、そして参加者が同じ思いを胸に、同じ方向を向いて作り上げていく特別なセミナーだなと、改めて思いました。

被災地が復興するまで、ながく続きますように。

--

応援クリックお願いします。

第8回花田塾チャリティーセミナー募集開始!!

東北大震災の復興を支援する目的で、花田塾の花田徹也先生が開催している「花田塾チャリティーセミナー」が今年も開催されます。第1回は2011年3月19日に開催されているので、今年で第8回目です。

このセミナーの主旨は、参加者からいただいた参加費を全額、震災復興を行っている団体に直接寄付して、復興の支援をしようというものです。登壇するプロのTOEIC講師は無報酬、会場も朝日新聞出版社のご厚意により無料で使わせていただいています。

僕は2011年3月19日に開催された第1回から参加し、2014年からは登壇者としてTOEICの勉強法についての講演をさせていただいています。

2014年 第4回花田塾チャリティーセミナー
「Listening力を伸ばすためのOJiM理論」
~ キモチを込めた音読の実践的方法 ~

2015年 第5回花田塾チャリティーセミナー
「難化したパート2対策」
~ なぜ簡単な英語が聞き取れないのか? ~

2016年 第6回花田塾チャリティーセミナー
「パート7の英文を読めるようになるためのトレーニング」
~ 「英文が読める」とはどういうことなのか? ~

2017年 第7回花田塾チャリティーセミナー
「英語が聞き取れない原因とその対策」
~ パート2のひねった応答問題が難しいのはなぜなのか? ~

今年は何をやろうかな?

申し込み、詳細は花田塾ブログをご覧ください。

第8回花田塾チャリティセミナー

日時: 4月29日(日) 13:00~17:30(12:30より受付開始)

趣旨: 東北大震災で被害にあわれた方々への継続的支援

協賛: 朝日新聞出版

講師: 神崎正哉さん、TEX加藤さん、OJiM、Rabbit(藤枝暁生)さん、Jet Bullさん

会場: 朝日新聞東京本社2F(朝日新聞読者ホール)
東京都中央区築地5-3-2(大江戸線築地市場駅A2出口から徒歩1分)

定員: 100名(恐縮ながら定員に達し次第、お申込みは締切らせていただきます)

内容: TOEIC形式の問題演習、座談会、参加者の皆様とのQ&A
セッションetc.

費用:5,000円(全額寄付、被災者の方々への直接的な支援に充当されます)



<4/2追記>
4/2 00:50頃に満席となりました。
以降、キャンセル待ちとなります。


--

応援クリックお願いします。

なぜRよりもLが大事なのか

発音の本の中ではダントツに分かりやすいこの本の著者、小川直樹先生の発音特訓講座に参加してきました。



今回のテーマは「LとR」でした。

最初に、「日本人学習者にとってはなぜRよりもLを学ぶことが大事なのか」を具体的に、そして理論的に説明をいしていただいて、後はひたすらLを出す練習です。4時間のうち、3時間半はLだけの練習だったと思います。

小川先生の本は何度も読んで、Lを出すには舌をどういうポジションにすればいいのか、息をどこから出せばいいのかという知識はありましたが、コツと言うか、どうすれば自分がLの音に近づけるかがわかってきました。(←できるとは言っていない)

小川先生は「英語音声学者」という堅い肩書ですが、メチャクチャ明るくて面白い方でした。Youtubeでも無料動画を公開されているので、発音に興味のある方は是非チェックしてみてください。

***

TOEIC L&Rでは発音は問われませんが、リスニング力を高めるために発音を学ぶことはとても重要です。以前、僕は「発音を勉強しなくても、L満点は取れるようになる」と放言していましたが、今はその考えをあらためています。「発音をまったく学ばなくてもL満点が取れるようになった」というのは事実ですが、それはほんの一事例にしか過ぎませんし、何よりも効率が悪いと思うからです。

企業向けTOEICセミナーで(リスニングが苦手な)学習者と多く向き合うようになって、初心者、中上級者、リスニングスコアが停滞している方、L満点がなかなか取れない方は、英語の音にもっと意識を向けたトレーニングをする方が効率的だと思うようになってきました。身に付いた日本語式発音を直すのは、すごく時間がかかりますが、聞き取る力を向上させるためであれば短期間で効果が出ます。

TOEICに合わせたトレーニング方法も実践、検証しているところなので、ある程度まとまってきたら、紹介したいと思います。

ではでは。

--

応援クリックお願いします。

第28回DF東京&花田セミナー

T'zで開催された2つのセミナーに参加してきました。

DF(ダッシュフォーラム)とはヒロ前田さんのメルマガ「ダッシュで奪取」の読者向けに毎年開催している無料のセミナーです。

僕は2011年から毎年参加させていただいています。今年のテーは、「読み手が理解しやすい文章をかくためのヒント」でした。今回は主に修飾語の使い方を中心に、2時間半、PCを使って様々な文書を修正し、ディスカッションをしました。

TOEIC本の解説を書くときに役立つテクニックも学ぶことができたのだ早速試してみようと思いました。

午後は、花田先生の「TOEIC対策 The Part 5 Escalator」というセミナーでした。

難しい文法用語をほとんど使わずに、文の構造をいかにして見抜くかという点にポイントをしぼった花田先生の講義は、シンプルでわかりやすく、学習者の苦手なポイントをズバリ指摘してくださるので、学習者としても、そして講師、著者視点でも学ぶことが多いです。

間違えた問題や、曖昧だった語法の知識を復習して100%吸収したいと思います。

tt.jpg

--

応援クリックお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM










最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: