国際花子の謎

国際花子が初めて我々の前に姿を現したのは、2007年2月20日発行の公式問題集Vol.2、公式認定証の解説ページ(P10)である。髪型はセミロング、清楚な感じのかなりの美人だ。生年月日は1985年5月1日とあるので28才。第122回(2006年5月28日)の公開テストを受験し、トータルスコアは550点、リスニング300点、リーディングは250点。いずれもほぼ受験者平均の点数であった。

次に国際花子が現れたのは、2008年3月31日発行の公式問題集Vol.3の公式認定証の解説ページ(P12)である。第130回(2007年5月27日実施)を受験し、トータルスコアは550点、リスニング300点、リーディングは250点と前回と全く同一のスコアであった。しかも驚くべきことに、アビメも全く同一であった。これは偶然ではなく、意図的にこのスコアを取りに行って取ったと考えるのが自然であろう。つまり彼女は、自由自在にスコア、アビメをコントロールできる程の卓越した英語力、TOEIC力を持っているのだ。こんな芸当が出来るのは、国際花子の他には、ヒロ前田先生しか知らない。

第162回(2011年5月29日実施)からはテスト結果通知に同封されてくる公式認定証の見方にも彼女の公式認定証が登場するようになった。ここには第130回の公式認定証が載っているので、これが最新のものだとすると、彼女は4年間も公開テストを受けていないことになる。あるいはその間にも受け続けていたが、同一スコア、同一アビメが取れなかったのかも知れない。もしそうだとすると、その間の彼女の苦悩を推し量ると心が痛む。

そして、彼女が次に同一スコア、同一アビメに成功するのが第170回(2012年5月27日)である。ただし、この回から生年月日が1990年5月1日に変わっているのだ。彼女が何らかの理由で年齢を詐称したのか、あるいは、IIBCが同姓同名の別の国際花子の公式認定証を採用したのかは不明である。いずれにしても、その裏側を探っていくと何かドラマがありそうで興味深い。

それ以外に国際花子について判明しているのは、住所がIIBCとほぼ同一であるという事。IIBCは東京都千代田区永田町2-14-2山王グランドビル、国際花子は東京都千代田区永田町2-14-2となっている。彼女がIIBCの職員であると解釈も出来るが、TOEIC好きが高じてIIBCの近くに居を構えているとも考えられる。

今後も国際花子の動向については見守っていくつもりであるが、彼女に関して何かご存知の方は、情報をお寄せ願いたい。

以上

kokusai.jpg


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

清涼院流水さんのTOEIC勉強会に参加して

「流水さん、もういいです。この辺でやめてください!」

セミナーが始まって30分くら経った頃だったでしょうか。僕は自分の内面から沸き起こる感情が抑え切れずに席を立って思わずそう叫びそうになりました。この日のセミナーの主題はTOEICの勉強方法だったはずなのに、流水さんは冒頭にご自身のTOEICとの関わり方について語り始めたのです。

これ以上流水さんのTOEICトークを聞き続けたら、涙が堰を切って止まらなくなる。今まで英語、TOEICセミナーで感激したことは何度もあったけど、泣きそうになったのは始めて。本当はこのままダダ泣きしてしまいたい。感情の赴くままに泣いてしまいたいとも思ったりもしました。

でも、それをやっちゃダメでしょ。TOEICセミナーの最中に泣いちゃ。明らかにヘンですよね。席の隣にはブログ初期の頃からの友人のHさん。前の列には、リバティー繋がりのkさん。そして素敵女子のお二人。「セミナーでOJiMが泣いてる姿」なんて見られたら、もうリアルの場には出られなくなるところでした。

僕が泣きそうになったのは流水さんのTOEICに対する向かい方なんです。ピュアなんです。本当に好きなんだなって。TOEIC愛の深さで負けたなって思ったのは流水さんが初めてです。僕と同じくらい好きな人は沢山いますけど、負けたなって思ったのは初めてかも。百歩譲ってTOIEIC愛の総量は同じかも知れないけど、流水さんはアクセルベタ踏みなんですね。僕はさすがにコーナー手前で減速したりしてますから。ダメダメです。

本編のTOEIC勉強法については、膨大な気づきの連続でした。否、気づきではなくて、本当はやらなきゃいけないと思って先送りにしていた事の全てでした。語彙、文法、読解、リスニング、解法、全てにおいて僕は完敗です。

でも、負けっ放しではいられないです。やりますよ、TEOIC愛、トレーニング、そしてスコア、全てにおいて負けてはいられないです。

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

セカンドウィンドが吹くまで

優子「音読ってどれくらいやればいいのかな?」
OJiM「自分が気が済むまでやればいいんじゃないの?」

優「それはそうなんだけど、OJiMさんが言っている音、語彙、文法中枢が働いた状態になるには何回くらい音読をすればいいのかなと思って」
オ「セカンドウィンドって知ってる?」

優「ジョギングをすると最初は息苦しくても、しばらくすると汗をかいてきて、ふっと体が楽になる瞬間の事ですよね。私はだいたい15分くらい走るとセカンドウィンドを感じます」
オ「今度一緒にジョギングしようよ。優子と一緒にセカンドウィンドを感じてみたいな~」

優「話を音読に戻してください」
オ「あ、ゴメン。音読にもセカンドウィンドみたいなのがあると思うんだ」

優「分かります。最初のうちはスムーズに読めないし、読めたとしても、ただ読んでいるだけで、頭の中を英語が通り抜けてしまうような感じなんです」
オ「その状態だと、頭の中で音と語彙は処理できているけど、文法が処理されていないはずだよ」

優「そして何回か繰り返して音読をしていると、何となくですけど、すっきりと理解が出来るようになる事があります。それが音読のセカンドウィンドですね?」
オ「その通り。セカンドウィンドが吹いた後は、頭の中で音、語彙、文法が三位一体になって英語を処理出来ている。つまり、セカンドウィンド以降の音読こそが本当に有効なトレーニングだという事だね」

優「それってジョギングも同じですよ。セカンドウィンドが吹いてくる頃になると汗をかいてくるのは、有酸素運動が始まって脂肪が燃焼し始めたサインなんです。ダイエットに有効なジョギングはそこから始まります」
オ「じゃあ、最初の優子の質問に戻って、音読はどれくらいやればいいと思う?」

優「単純に回数じゃないという事ですね。いかに早くセカンドウィンドに到達するか、そして、そこからどれくらい音読を続けるかが大事ですね」
オ「セカンドウインドに早く到達するにはどうしたらいいと思う?」

優「棒読みの音読をいくら繰り返してもダメでしょう。あっ、それで、キモチを込めた音読なんですね!」
オ「今日の優子はさえてるね!僕と優子の関係にもセカンドウィンドが吹いてきたんじゃないかな~」

優「そんな気配は全然ありません。最近はももクロちゃんのことばっかり考えてるみたいだから、すきま風が吹いてきているんじゃないですか」
オ「ううっ、、、とりあえずビールで乾杯しよう」

massu.jpg


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

優子はなぜPart2の英文が聞き取れないのか?(その2)

OJiMは優子の左側の前頭葉を指で押しながら話始めた。

オ「優子の聞き流しリスニングでは文法中枢が働かないんだよ」
優「はあっ?」

オ「前に記事で説明したように、言語を理解している時には、脳の中の音、語彙、文法を担当している部分が働いているんだ。その中で文法を担当している部分を文法中枢と言って、ここの奥にあるんだ」
優「それとPart2はどう関係してくるんですか?」

オ「Part2がスムーズに聞こえた時というのは、音、語彙、文法中枢が協力し合って時間内に処理出来たということだよね。逆に言えば、Part2が聞き取れるようになるためには、音、語彙、文法中枢が同時に働くようなトレーニングをすればいいよね?」
優「私がやっている公式問題集を繰り返し聞くのではダメなんですか?」

オ「ダメではないよ。繰り返し聞くことで段々慣れてきて聞こえるようになる英文もある。でも、いつまでたってもすっきりと聞こえるようにならない英文もあるよね。自分にとって苦手な英文というか」
優「あります。私の場合は間接疑問文とか、受動態とかが苦手です」

オ「その自分にとって苦手な英文こそが、音は取れるけど意味が取れない英文だよ。その時の脳は、音と語彙は処理できているけど、文法が処理が追いついていないんだ。公開テストで出題されたら、聞こえても、頭から抜けていってしまうような感じなんじゃないかな」
優「そうですね、全く聞き取れていないんじゃなくて、何となく音は頭に残っているから、もどかしいんです。そして、思い出そうとしていると、次の音声が始まっちゃうみたいな」

オ「文法中枢が働いていない苦手な英文をいくら繰り返し聞いたとしても、文法中枢を鍛えることにはならないよね?」
優「じゃあ、どうすれば鍛えられるんでしょうか?」

オ「文法中枢は無意識のうちに働いているので、それを意識的に働かせるのは難しい。でも、僕はシャドウイングと音読を効果的に行うことで自然に働かせることが出来ると思っているんだ」
優「確か昔のブログに書いてましたよね。あー、なんか難しい話をしていたら頭が疲れてきちゃったな」

オ「じゃあ、気晴らしに映画観に行こうよ。面白い映画館見つけたんだ」
優「その前に、頭から手を離してくれませんか?」

(この項終わり)

toeic.jpg

【過去記事】
音は取れても意味が取れない英文(その1)
音は取れても意味が取れない英文(その2)
音は取れても意味が取れない英文(その3)

*スミマセン、上のリンクが間違っていたので修正しました。

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

優子はなぜPart2の英文が聞き取れないのか?(その1)

OJiM「7月のアビメはどうだった?」
優子「リスニングがボロボロでした、オジムさんは?」

オ「Part1、2は久々にパーフェクト、Part4で落したみたいだね」
優「私はL1が悪かったので、たぶんPart2の後半が出来ていないみたいです」

オ「間接的な応答とか、長めの平常文なんかは難しいからね」
優「スクリプトを確認してみると、大して難しい英文ではないんですよね」

オ「じゃあ、音が聞き取れていないのかな?」
優「そう思って、Part2をディクテーションをしてみたんですが、、」

オ「ほぼ聞き取れているんでしょ?」
優「はい、ところどころ冠詞を聞き漏らしていますけどほぼ聞き取れます」

オ「音は取れる、文の意味も分かる、でも正解を選べないのはなぜかな?」
優「やっぱり、正確に聞き取れてはいないからじゃないでしょうか?」

オ「おっ、いいこと言うね。じゃあ、普段どんなトレーニングをしてるの?」
優「毎日、公式問題集の音声をひたすら繰り返して聞いています」

オ「それが聞き流しになっていたらあまり意味ないよね」
優「へへ、正直言うと、ただ音声が頭の中を素通りしていってる気がします」

オ「筋トレでもそうだけど、強化したい部分を意識することが大切だよ」
優「Part2を聞き取るために私が意識しなきゃいけないのってどこですか?」

OJiMは得意げな表情で、優子に一歩近づいた。

優「キャーーー!どっ、どこ触ってるんですか!!」

(つづく)


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

新TOEIC TEST パート1・2特急II 出る問 難問200 Review


新TOEIC TEST パート1・2特急II 出る問 難問200新TOEIC TEST パート1・2特急II 出る問 難問200
(2013/04/19)
森田鉄也

商品詳細を見る

ドリル1 5/5 , 14/15(15)
ドリル2 5/5 , 15/15
ドリル3 5/5 , 14/15(10)
ドリル4 4/5(5), 11/15(7,8,9,13)
ドリル5 5/5 , 13/15(2,13)
ドリル6 5/5 , 14/15(4)
ドリル7 5/5 , 12/15(5,10,15)
ドリル8 4/5(5), 15/15
ドリル9 4/5(3), 14/15(14)
ドリル10 5/5 , 13/15(7,11)

【Part1】
(おそらく)過去に韓国、及び日本の公開テストで出題されたPart1の難語が散りばめられています。難語を知らなくても消去法で解くことは出来ますが、やはり知っていた方が圧倒的に有利です。また、間違いの選択肢にも頻出表現が掲載されているので、繰り返し復習して完全に身に付けておきたい問題ばかりです。

【Part2】
トリッキーな難問が揃っています。選択肢Cまで聞いても正解が全く分からない問題、逆に正解の選択肢が2つあるように思える問題など。

解説を読んでみると、間違いの選択肢には、「音」、「時制」、「人称」などに巧妙な罠が仕掛けてあって、それを聞き取れていないと正解を導けないようになっていることに気づかされます。

そして最も難しい問題は、第一話者の発言だけでは場面が掴みにくくて、第二話者の返答と合わせて場面を特定し、正解を選ぶ問題です。言わばPart2のクロスリファレンス問題でしょうか。

---

最近は、公開テストでPart2が難化していて、なかなかパーフェクトが取れません。(確かTEXさんも、リスニングでパーフェクトを逃した回で間違えるのはPart2だと記事を書かれていたと思います)

選択肢が3つしかないPart2で上級者と中級者と分けるに、徐々にトリッキーな問題が開発されてきているのかも知れませんね。それらを整理してパターン化してみたら面白いかも、なんて思ったりしています。でも、それをやってしまうとテスト中に余計なことが気になって、集中力が下がりそうな気もしています(笑)

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

語彙本を巡る冒険

TOEICを愛する人はトーイッカー、マヨネーズを愛する人はマヨラー、でも、ももクロを愛する人のことは「もののふ」と呼びます、どうもOです。

お盆休みを利用して、普段やろうと思っても中々できなかった語彙本の棚卸しをしています。以下の本は、いつかちゃんとやり切ろうと思っていたのですが、なかなか手が付けられずにいました。


極めろ!TOEIC TESTに出る 究極ボキャブラリー1000極めろ!TOEIC TESTに出る 究極ボキャブラリー1000
(2011/07/01)
イ・イフクン語学院

商品詳細を見る
オールカラー、漫画付きと、今見ても斬新な語彙本ですね。見出し語に難しい単語はほとんどありませんでしたが、類義語、語法の解説が素晴らしいので全部覚えきってしまいたいです。


990点満点講師はどのようにTOEICテストを解いているか990点満点講師はどのようにTOEICテストを解いているか
(2010/07/24)
神崎 正哉、早川 幸治 他

商品詳細を見る
「第4章 満点を狙える難単語100」を久々に見直しました。この本が出版された当時(2010年)は難単語だったのですが、今やそのほとんどが必須の単語になっていますね。


新TOEICテスト英単語・熟語マスタリー2000 (スタディBooks)新TOEICテスト英単語・熟語マスタリー2000 (スタディBooks)
(2006/10)
旺文社

商品詳細を見る
公開テストに出てきた知らない単語を後で調べたら、この本にだけ載っていたということがこれまでに何度もありました。初版から10年も経っているのに、不思議な魅力を持つ本です。

意味がすっと出てこない単語にチェックを付けて、Flashcardsというアプリに放り込んでいます。単語の入力編集はPCからgoogleスプレッドシートから行えるので非常に便利です。


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

第182回TOEIC公開テスト結果

L:495 R:465 T:960
182b.jpg
ももくろZero

*ペプシのシール集めてます。
top_ph.png


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

例の問題について

「TOEIC遊び会」に参加されていた、ネイティブに見解を聞いてみました。ネイティブと言っても様々ですが、TOEIC本の英文を校正されている方なので言語感覚だけでなく、文法知識も信頼できるでしょう。

まず、問題文を見た第一印象は、「Having~の場合は、主節の動詞は過去形のほ方が自然かな」でした。つまり、この場合、主節の動詞は現在形になっているので感覚的にはHavingは違和感があるようです。

そこで、Havingは文法的には不正解なのか?と食い下がってみたところ、今度はしっかりと考えな直してから次のような解説をしてくれました。

本動詞は人を雇うという一時的な動作を表すだけでなく、人を雇っているという継続的な状態を表す。つまり、(過去に)継続的にある特定の人を雇っていたという事実が、現在に影響を及ぼしたと解釈するならば、Havingも正解になり得ると。

また、別のイベントでTOEIC講師の方に尋ねたところ、文法的には両方共有りえるでしょうと。ただ、よりbetterなのは正解の選択肢とのこと。

完了形の分詞構文については、今まで遣い方がはっきりしなかったのですが、この問題を考察し、色々と文法書を調べたおかげで、よく理解できるようになりました。そういう意味で、この問題に出会えてよかったなと思います。

これで、公開テストでこの選択肢が並んでいたら、1秒で正解ですね(笑)

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

「TOEIC遊び会」に参加して

Rabbitさん主催の「TOEIC遊び会」に参加してきました。

顔見知りの人たちと同じ部屋で一緒に模試を解くというのは、一人でやる家模試とは全く違った緊張感があります。恥ずかしいミスは出来ないという良い意味でのプレッシャーですね。しかも事前に、文章量が多いと聞かされていました。

左側には友人のhさん、前には、座席が足りずに立ち模試をしているRabbitさんがこちらを向いてる席でした。SPを解き終えて残り25分。公開テストよりも、5分遅れ。迫り来る塗り絵の恐怖。「ああっ、hさんやRabbitさんに塗り絵しているところを見られたら、恥ずかしくてもうトーイッカーとしては生きていけなくなるぅ~」

ところが意外にもDPは素直な問題ばかりで、20分で消化して5分残しで終了することが出来ました。ちなみにDP20問は全問正解でした。

その後、グループワークで解答の検討を行いました。問題を解いた直後に、問題を見ながら学習者同士で考えを共有する機会というのは非常に貴重です。公開テストやIPテストでは記憶に頼って断片的にしか出来ないですからね。

自信が無い問題に対する自分の考えを仲間に聞いてもらってアドバイスをもらうと、色んな気づきを得られます。それ以上に、勉強になったのは、自分は何気なく解けていても、他人がひっかかった問題です。なぜひっかかったのかを聞いてみると、自分では気が付かなかった、あるいは自分が過去に乗り越えてきて遠い記憶になっている問題のポイントが蘇ってくるのです。これは自分一人で学習していると絶対に気が付かない事です。

今後も企画されたら絶対に参加したいと思います。こういうイベントは内容がどんなに良くても、運営、とくにファシリテーションが上手くないとストレスが溜まりますが、Rabbitさんのスムーズな、そして気配りの行き届いた進行は素晴らしかったです。また、あれだけの資料を一人で準備するだけでも大変だったでしょう。本当に感謝です。

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

プロフィール

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: