第183回TOEIC公開テスト感想

Formは4JIC24 (メジャー)でした。

1:普 2:やや難 3:普 4:普
5:やや難 6:普 7:やや難

【Part1】
No.1 女性がスカーフを身に着けている。これすごく悩みました。これってスカーフなのかと。スカーフって言うのは、滝川クリステルが首に巻いているイメージ。写真に写ってたのは、私的にはストールなのです。

でも、消去法でも「スカーフ」しか選べないのですが、これを選んで後で優子や女性読者の方から、「あれはスカーフじゃないでしょ、常識無いわね」なんて言われたらどうしようかと思い悩みました。

No.10 pillar(柱)
これも選び難いですよね。Part1特有の上位概念で置き換えられていますが、日本語では車が敷地内に誤って進入しないようにする「車止め」でしょう。

【Part2】
最近の傾向なのですが、最初の方から難しい問題が出題されるようになりました。かつてはNo.11-20くらいは楽勝の問題ばかりだったのですが。

No.33、34あたりでCまで聞いて正解が無かった問題があったので聞き間違いをしたかも。

【Part3】
No50-52は製品の売り上げが減少したという話でした。話者の部署を問う設問がありましたが、正解の根拠は会話を最後まで聞かないと分からないので難しかったと思います。マーケティング部門で合ってますか?

No.53-55は設問を読んで、選択肢をちらりと見た瞬間に正解がひらめきました。だって、ほぼ同じ問題がPart3&4特急に出てましたから。いきなり正解を塗ろうかとも思いましたが、一応音声を聞いてみるとさすがに少し話が変えてありました。商品を配達しようとしたの店が閉まっていたという問題です。Part3&4特急お勧めです。

【Part4】
集中力が途切れたのか、No.98-100で正解を選び切れませんでした。

【Part5】【Part6】
語彙問題を3問くらい迷いました。

【Part7】
No.154でいきなりつまずいて時間が足りなくなりました。
製品のクリーニングか何かのサービスを受けた人が記入したアンケート用紙の問題です。

--------------------------------
Docomoショップ
東京都千代田区麹町

1.サービス員の能力はどうでしたか?
■良い □普通 □悪い

--------------------------------

No.154 service visitについて言えるのは?
(B)東京都千代田区麹町で行われた
(D)サービス員がknowlegableだった

(D)が正解だとは思ったのですが、(B)も正解なのではと。私はこのアンケートに記入をした人がDocomoショップでサービスを受けたと思いこんだのです。さんざん悩んだ挙句、たぶん(D)を選んだと思います。

後で思い返してみると、(B)が不正解なのは設問にあるservice visitだったのかと思い当たりました。つまり、訪問型サービスなのでDocomoショップ以外の場所、例えばアンケートを記入した人の自宅とかで行われたという解釈でしょうか。

もしそうだとすると、この問題は不正解の根拠が本文には無く、設問にあるという新しいタイプの問題なのかなと。いや、そんなはずはないとは思うのですが。

そして、DPの最後の問題に10分近く時間を費やして見直しが出来ずにタイムアップ。

【総括】
テスト終了後に仲間と答え合わせをしたのですが、同じフォームにも関わらずPart7に記憶に全く無い問題が数問ありました。これまでの経験からすると、イメージで選んでしまいトラップにはまってしまった可能性が非常に高いです。

<21:00追記>
早速、Meggieさんがスカーフについて解説してくださいました。
なるほど、アメリカではマフラーのようなやつもスカーフなんですね。

それと、初期の頃からの読者の方からは、
「正方形のがスカーフ、長方形のがストールだよ~」
との情報もいただきました。

ありがとうございます。色々と勉強になりました。
A woman is wearing a scarf.
takigawa.jpg


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

第183回TOEIC公開テスト当日

秋冬五連戦の初戦ですね。

今回からテスト開始前の休憩が無くなるなど若干の変更があります。教室内で電子機器の使用が認められたので、直前までリスニングの練習や、SNSが使えるようになりました。

また、いつものメジャー、マイナーフォームに加えて日韓統一のラベンダーフォームが登場するとの噂があります。(昨年はラベンダーフォームに当たって、その回のリスニングはパーフェクトでした)

会場は、準ホームの大学。今回も、顔見知りのトーイッカーに会えそうな予感。

2ヶ月ぶりの公開テスト。

徐々に気分が盛り上がってきました。

本日受験される皆さま、共に頑張りましょう!

【持ち物】

□ 受験票
□ 運転免許証
□ 筆記用具
□ 腕時計
□ 電子辞書
□ イヤフォン
□ 千本ノック6
□ 金フレ
□ TOEICノート
□ バナナ
□ チョコレート
□ お茶
□ 目薬
□ 強強打破
□ ティッシュ
□ お守り

※今回から約1年に渡って千本ノック6が公開テストの出題範囲に含まれます。お持ちの方は直前の復習をお忘れなく。お持ちで無い方は、テスト終了後にでもすぐにお買い求めください。

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

第183回TOEIC公開テスト前日

06:00 起床
07:00 ランニング
08:00 「あまちゃん」
09:00 朝食
10:00 ブログ
11:00 Listening模試(990点攻略×1.3倍速)97/100
   No.91はこの模試の中の最難の問題の1つだと思います。
   複数の情報を整理して関連付けないと正解を選べないので。
   でも、このタイプの問題は公開テストでも出題されます。

12:00 Reading模試(Hackers1 TEST5) 95/100
   テスト前対策としては、初めて初見の模試を解いてます。
   本番に身体を慣らせるトレーニングとしてなので復習はしてません。

14:00 昼食
15:00 Housekeeping
16:00 Reading模試(Hackers1 TEST6) 95/100
    Part7は検証の精度が足りていませんでした。
    余り時間をどうやって使うのかを改めて決めておかないと。

18:00 写真貼りの儀 ⇒成功!
18:30 990攻略のPart1、2、5を復習
19:30 夕飯&買物
    なぜか食事の最中に、TOEIC小説のアイデアが沸いてきてしまった。
    タイトルは「第三次TOEIC戦争」

21:30 TARGET900 , 千本ノック6などPart5の復習 ←いまココ

お・し・ま・い

-----
今日一日、監視していただいた皆様、ありがとうございます。

では。


公開テスト応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

ももクロに関する御礼と経過報告

8月5日から始まった「ももクロ Live」のキャンペーンも9月30日までとなりました。抽選は4期に分けて行われ、既に3期分が終了しています。

第1期 16通 全てハズレ
第2期 67通 全てハズレ
第3期 23通 全てハズレ

この間、私もかなりペプシを飲みましたがもちろん、一人でこんなに沢山飲める訳もなく、多くのトーイッカーからシールをいただきました。実際にはシールに付いている14桁の番号をメールやメッセンジャー、ブログの隠しコメントで送信していただき、そしてほとんどの方が、番号と共に有り難いメッセージを添えてくださいました。

>当たりますように♪

>ももクロに会えるといいですね^^

>with LOVE

etc

どれも気持ちがこもっていて最高に嬉しかったです。ありがとうございました。

さて、第4期には101通が応募済みです。応募期限は9月30日深夜。抽選発表は10月4日です。

<13:45追記>素敵女子トーイッカーから1通いただいて、102通となりました。サンクス!

top_ph.png

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

形容詞の調べ方

昨晩、優子からこんなメールが。

> a possibility is remote の"remote"の意味教えて♪

私は形容詞の意味を調べるのには英英辞典を使っています。お気に入りの「CAMBRIDGE Advanced Learner's Dictionary 3rd edition(アプリ版)」で、調べてみると第3義にズバリありました。

remote3.jpg

なるほど、slightなのかと。可能性はごくわずかである、つまり非常に低いという事ですね。ちなみに、英和辞典のウィズダム英和辞典(第3版)で引いてみると、第8義に

『しばしば~st』<可能性などが>わずかな

と出ています。語義の順番は使用頻度順に並んでいますが、英英辞典と英和辞典では順番がかなり違っていることがあります。そして自分が知りたかった意味が英英辞典の方が上位に載っていることがしばしばあります。特に、形容詞や副詞の場合にそういう事がよくあるような気がします。

更に私の、大々お気に入りの同義語辞典「Longman Activator Thesaurus(アプリ版)」でremoteを調べてみると、

thesaurus2.jpg

と、分かりやすい解説があり、優子も納得してくれたようでした。すかさず、「これからBARで飲みながらこの辞書の使い方を解説しようか?」とメールをすると、「外出するの面倒くさ~い」と返信が。そこで、「それって、家に来てくれたらいいよ、って言ってる可能性は有り?」とメールをしたら、こんなメールが送られてきました。

> the possibility is remote.

(THE END)

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

第1回 TOEICブロガーの集いに参加して

TOEICブログに記事を書こうとする動機はいったい何でしょうか?

学習記録、テストの受験報告、本のレビュー、問題の解法など様々な種類の記事がありますが、本質を突き詰めていくと、「自分の気づき」を皆と共有したいという純粋な欲求なのではないでしょうか。そういう意味で、全てのTOEICブログの全ての記事は、存在するだけで素晴らしいなと思えてきます。

最近は、Facebookやtwitterなど、ネット上で自分の考えを表現するSNSの種類は豊富になってきましたが、誰でも情報にアクセスできるオープン性と、リンクや画像、コメントなど情報共有のしやすさがブログの魅力です。

昨夜のような集いにおいて、普段顔を合わせていない参加者同士が、ある記事をベースにして一気に深いレベルの会話に発展しているのを見ていると、やっぱりブログいいよね、と改めて思いました。

より多くの人が、もっと自由にTOEICに関する記事をブログに書くような気運が盛り上がればいいなというのが「TOEICブロガーの集い」を開催したRabbitさんと私の思いです。

興味のある方は、次回、ご参加ください。

【余談1】
会場では、次回の公開テスト予想問題を使った、リアルPart2が行われていました。また、Part1の予想問題に使われる写真撮影も行われていたのも何気に可笑しかったです。

【余談2】
国際花子の記事を褒めていただいた方、ありがとうございます。自分としては自信作だったのですが、反応はイマイチかなと思っていたので嬉しかったです。

【余談3】
ももクロシールを下さった方、本当にありがとうございます。次回こそ当選させますので、引き続きご協力宜しくお願いします(笑)

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

オシムの言葉 ~日本サッカーの未来図~

オシムの言葉 ~日本サッカーの未来図~

これは、正座してみないと。

OJiM

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

炒飯を作っているオヤジの動きはなぜ美しいのか(後編)

OJiM「Part4に出てくる長めの英文を聞き取るのが苦手だって言ってたよね」
優子「単語は聞き取れてるんだけど、もやもやして何かスッキリしないまま、英文が頭から抜けてっちゃう感じなんです」

I wanted to let you know that someone from the maintenance department will be inspecting the plumbing in the building tomorrow.

オ「公式問題集Vol.5に出てくるこんな英文でしょ」
優「知らない単語は無いからこうやって読めば分かるんですけど、これを音声で聞くと、何だか聞き取れないんですよ」

オ「それは文の構造が分かっていないからだよ」
優「いや、構造は分かりますよ。だって、読めば理解できるんですから」

優子はペンを取り出して、S、V、Oなど文の要素や修飾関係の矢印を英文に記入しながら、動詞の語法や文の構造をオジムに説明した。

オ「素晴らしい。完璧だ」
優「えへへ、褒められちゃった」

オ「でも、それを聞きながら、文の途中で予測できてる?」
優「文の途中で?それは無理ですよ。最後まで文が完成しないと」

オ「リスニングが出来ている時っていうのは、無意識のうちに次に聞こえるであろう単語を予測しながら聞いているんだよ。例えばこの例文だと、"I wanted to let"まで聞こえた瞬間に次は、人、動詞の原型が聞こえるかもっていう予測が出来るよね」

I wanted to let (人、組織) (動詞の原型)、、、、、

優「確かに、letの語法からするとそうですよね」
オ「それを待ち受けるように聞き続けていると、"you know"が聞こえてくる」

優「きたーーー!って感じですか」
オ「そうだね。そして"know"は他動詞なので、次は目的語を待ち受けるようなキモチで聞き続けていると、、、」

優「あっ、"that"が聞こえてくるので、thatに導かれる名詞節が予測出来ます」
オ「ビンゴ!そして"someone"が聞こえてくる。これは主語だから、次に動詞の要素が来るだろうって待ち構えているとfromが来ちゃう。この"from"は"somenoe"を説明している飾りだから、それはそれとして聞いておいて、引き続き動詞を待ちうけていると、、、」

優「助動詞の"will"きたーーー!そして、本動詞にあたる"be inspecting the plumbing"を聞き取ったら文の骨格は完成ですね」
オ「後はどうせ飾りだから、テンションを下げていても聞き取れるはずだよ」

優「なるほど、ちょっと感じが掴めてきました。これが無意識のうちに、しかも瞬間的に出来るようになれば、長めの英文も聞き取れるようになるんですね」
オ「今日の優子は冴えているね!じゃあ、」

優「あっ、ちょっと待ってください!オジムさんの次の行動も完全に予測出来てきました」
オ「はあっ?」

優「今日のお店のセレクションですけれど、おしゃれな店ではなくて、敢えてこんな平凡な中華料理屋さんを選んだのは私の心理的ハードルを下げるため」
オ「いや、僕はただ単に美味い餃子が、、、」

優「そう、このめちゃくちゃ美味しい炒飯がサプライズ演出だったんですね。そして、店長との親しげな会話をすることで、その店の常連であることを私にアピール」
オ「いやいや、、、」

優「インタラクティブな会話で盛り上げておいて、私が『どんなトレーニングをしたらそんな予測的なリスニングが出来るようになるんですか~』って質問をしたところで、『じゃあ、もう一軒行かない?』って言うつもりだったんでしょ?」
オ「それは深読みし過ぎでは」

優「お腹空いてきちゃった、すいませ~ん、炒飯大盛りで!餃子も二枚!」
オ(優子のキモチは全く予測不可能だ・・)

(この項終わり)

chahan5.jpg

応援クリックお願いします!

炒飯を作っているオヤジの動きはなぜ美しいのか(前編)

「うぁ~、作ってるところを見てるだけでも美味しそうね!」

中華料理屋のカウンターで優子は思わず声を上げた。こじんまりとしたその店の炒飯は絶品で、その味もさることながら、カウンター越しに見られる無愛想な店主の機敏で無駄の無い動きは芸術的でさえあった。

OJiM「一人前の炒飯を作るのにどれくらい時間が掛かってると思う」
優子「えっ?オジムさんは分かるんですか??」

オ「生卵投入から完成まで、1分32秒だよ」
優「本当ですか?」

オ「じゃあ測ってみてごらん。オヤジ、炒飯1人前作ってよ」

店主が再び炒飯を作り始めた。生卵を投入すると、優子は自分の腕時計の秒針を確認。ご飯、塩コショウ、調味料、ねぎをいつも通りの順番で、いつも通りのタイミングで投入、中華なべを大胆にかつ正確に煽り、炒飯が完成した。

優「うそ~、1分32秒、信じられない!」
オ「手順は全く同じ、無駄な動きが無いから時間がぶれないんだ」

優「身体がもう完全に覚えこんでるんですね」
オ「そう自動化だね。でも注意深く観察してみると、単純に動きが連続して繋がっているわけではないんだよ」

優「どういう事ですか?」
オ「1つ1つの動きが連動しているんだよ。次の手順が始まる前に、前の手順が終わる前から、準備が始まっている。例えば、ご飯を投入してある程度卵と混ざり合った頃から、右手は次に塩を投入する準備を始めてるんだ。そして、塩を投入する直前には少し大きめに中華なべを煽ってご飯を平らに広げて、塩が満遍なく混ざるように工夫をしている」

優「つまり、一歩先の事を予測しながら動作をしているから、無駄なく連動した動きが出来るんですね!」
オ「素晴らしい気づきだね。僕もある時、この店でその事に気づいた瞬間、それはリスニングでも同じだなと思ったんだ」

怪訝な顔の優子を尻目に、オジムはTOEICの模試本を取り出し解説を始めた。

(続く)

chahan2.jpg

応援クリックお願いします!

OJiMの由来

私のHNであるオジム(OJiM)は、元日本サッカー代表監督のイビチャ・オシム(Ivica Osim)に由来しています。

オシムがジェフユナイテッド市原の監督をしていた頃からの大ファンで、彼の日本代表監督就任が決まった時には衝撃のあまり身体に震えが止まりませんでした。サッカーの戦略、戦術といったサッカー感はもちろん、人生観や歴史観といったものも含めて、オシムの全てを尊敬しています。

私がブログを始めた2008年には、オシムは既に脳梗塞のために代表監督から降りていましたが、私のオシム愛は決して冷めてはおらず、いつかまた彼のサッカーが見られることを夢見て、ブログのHNをOJiMと付けさせてもらいました。

オシムはそのユニークで示唆に富んだ発言で知られており、それらは「オシム語録」と呼ばれています。その中でも最も有名で、私も大好きなのは次の言葉です。

「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか? 要は準備が足らないのです」

トーイッカーの胸にも響いてくる言葉なのではないでしょうか。そう言えば、旧ブログではこんな記事を書いてましたね。

さて、久々にオシムがテレビ出演するらしいとのことで、非常に楽しみです。

W杯予選の最も熱い日 ~セルビア VS クロアチア サポーターたちの闘い~

  放送: 9月14日(土)22:00~22:49
 再放送: 9月15日(日)11:00~11:49


NHK BS1のドキュメンタリーWAVEという番組です。

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

新TOEIC TEST パート3・4特急II 出る問総仕上げ Review


新TOEIC TEST パート3・4特急II 出る問 総仕上げ新TOEIC TEST パート3・4特急II 出る問 総仕上げ
(2013/04/19)
神崎正哉、Daniel Warriner 他

商品詳細を見る


トーイッカーの間ではなぜかあまり話題になっていませんが、この本、すごく良いです。最新の出題傾向を踏まえた上で、更に一捻りを加えて、それでいて公開テストに主題されるギリギリの範囲に抑えてあります。

前作からは幾つか改良点があります。まず、前作のPart3は、男女男女男女、という具合に敢えて本番よりも難しい会話構成にしてあったのですが、本作は本番と同じ作りになっています。この方がリアルにトレーニングが出来るので全然良いですね。

また、前作では1セット毎(設問3つ)に解答と解説ページがありましたが、本作では10セット毎に解答と解説ページがまとめてあります。問題をまとめて解く場合には前作の構成だと1セット終える度に、急いで解答・解説ページを送らなければならなかったので、この改良でかなり使いやすくなりました。

そして、巻頭にはPart3&4の先読みの戦略について非常に興味深いアプローチが書かれています。とても論理的、合理的な考え方で、先読みの最適なやり方を模索されている方は是非、一読をお勧めします。

さて、問題の難易度なんですが、かなりムズいです。L450点以上の方向けといった感じでしょうか。難しくしている要因の1つは、会話の場面が掴みにくいというのがあります。いわゆるTOEIC頻出の場面、状況では無いんですね。私は会話の内容から場面、状況を頭の中に構築していって、そのイメージを元に問題を解いていくやり方なので、場面が浮かびにくい問題ではかなり苦戦しました。

こういう定番の状況とは異なる問題ばかりを敢えて集めたのは、神崎先生の事ですから、きっと深謀遠慮があるのでしょう。つまり、一年以内に「おいしい問題」になるのではないかと。しっかり復習して、その時を待ちたいを思います。

【余談1】
この本に、"as for~"(~に関して)というフレーズがしきりに出てきます。英語で話す時に、話題を少し変えたり、情報を付け足したりする時に使えるシンプルで使い勝手のよい表現ですね。

【余談2】
Question 43-45
誤 :Before the next presentation begins,
正 :Before the presentation begins,


応援クリックお願いします!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: