TOEICテスト 一発逆転600点 Review


CD付 TOEICテスト 一発逆転600点! (語学資格)CD付 TOEICテスト 一発逆転600点! (語学資格)
(2014/06/26)
濱崎 潤之輔

商品詳細を見る

TOEICにおいて適切な解法を身に付ける事は重要です。

TOEICスコア = 英語力(L、R)×解答力

この式における「解答力」は「解法」によって決まると言っても過言ではありません。適切な解法を身に付け、解答力を上げることはスコアアップに直結します。

そこで、適切な解法とは一体何なのでしょうか?自分に合った解法というのは人それぞれで異なるでしょうし、また、英語力が上がるにつれて適切な解法が変わってくることもありえます。

では、自分にとって最適な解法をみつけるにはどうしたら良いでしょうか。模試を解いて試行錯誤をしながら見つけていく。確かにそれも1つの方法かも知れません。でも、600点を目指すレベルの学習者にとってそれはかなり難しいでしょう。解法の違いを試そうにも、英語力そのものが安定していないので、スコアの変化したとしても、それが解法の違いによるものなのかどうかが判別出来ないからです。

600点を目指すTOEIC学習者は、まずは、1つの解法に決めたら、それを信じて、迷わず、徹底的にやり抜いてみることではないでしょうか。この本には、そのお勧めの解法が、分かりやすく、丁寧に解説されています。

さて、まずは解法に関するところを中心に一通り通読してみましたが、これまで著者のHUMMERさんが著作やセミナーで公開されてきた解法が、更に進化して改良され、学習者が実践しやすいように解説されていました。

Part1の呼吸法とペンの動かし方(p.41)
Part2の呼吸法とペンの動かし方(p.75)
Part3&4の3回先読みの方法(p.101)
Part5の品詞問題の解き方(p.152-153)


また、私が実践し「HUMMER式」と勝手に呼んで実践しているPart7の解法についても、これまでの著作よりも更に分かりやすく紹介されているので、「HUMMER式」に興味のある方はぜひご覧ください。セミナーや、オフ会で「HUMMER式」について話していると、やり方を誤って理解されている方が少なからずいらっしゃるので一度この本で正確に覚えることをお勧めします。

解法に関する事以外にも、是非ともお勧めしたい事が書かれていたので、それらについてはまた別記事で紹介したいと思います。

応援クリックお願いします!

TOEICショートショート(第四話)「消えたスイーツ」

私が外回りの営業から帰ってくると、優子が浮かない顔をして佇んでいた。
cars.jpg


「おやつに食べようと買ってあったスイーツが無くなってたんです」
table.jpg


そこで、私はオフィスにいた同僚達に集まってもらい、スイーツが無くなったと思われる時刻に何をしていたのかを、一人ずつ説明してもらうことにした。
meeting.jpg


ゴメス「俺は工場で溶接をしていたぜ」
welder.jpg


グプタ「私は点検のために灯台にに向かっていました」
light.jpg


ロドリゲス「自分は食事の用意で忙しかったです」
BBQ.jpg


オカダ「僕は公園の噴水のところで休憩してたよ」
fountain.jpg


リー「あたしはボートに乗っていたわ」
boats.jpg


スネオ「オレはずっと会社にいたけど、見慣れない女が冷蔵庫を除いていたぞ。そいつが怪しいんじゃないか?」
ref.jpg


私「ふふふ、謎は解けた」
優子「えっ?どういう事なんですか?」

私「事件の真相を知っている人がこの中にいるようだね」
優子「まさか。。。」

****** 読者への挑戦状 ******
犯人を特定する手がかりはすべて本文の中に提示されています。
解決編の前に推理をしてみてください。
正解は10行後に。
10









****** 解決編 ******

私「スネオ、正直に自分が知っていることを話してくれないかな?」
スネオ「えっ、、、つい美味しそうだったので」

優子「でも、どうして、だって分かったんですか?」
私「解説しよう。私はみんなに、『スイーツが無くなった』とは言ったけど、それが冷蔵庫に入れてあったとは言っていないよね」

優子「あっ、そうか!冷蔵庫に入っていたのを知っているのは、私だけですもんね」
スネオ「後で同じものを買って戻しておこうと思ったんだ。ゴメン、優子」
優子「スネオ、正直に名乗り出てくれてありがとう」

優子「名探偵みたいな推理でしたね。素敵です」

優子は尊敬の眼差しで私を見つめながら、お気に入りのマグにコーヒーを入れてくれた。
mug.jpg

(完)

連載希望の方は、応援クリックお願いします!

先日のPart2が聞き取り難かったのはなぜなのか?

先日のPart2に関して同じようなご質問をいくつかいただいたので、それらをまとめて整理して、私の回答を掲載しておきます。

Q1)聞き取りにくかったナレーターは初出か?どこの英語か?

イギリス人の女性のことだと思いますが、今までに聞いたことがないので、おそらく初出か、あるいはかなりのレアキャラだと思います。

Q2) どれくらい聞き取れたか?

聞き取りずらいと感じてはいましたが、ほぼ聞き取れた自信があります。

Q3) 聞き取りにくいナレーター対策は?

普段聞きなれていないナレーターの英語が聞き取り難く感じるのは、音の聞き取りが弱いはずなので、そこを対策するのは理にかなっています。でも、新人のナレーターとか、レアキャラの音声が収録された公式問題集は発売されていないので、対策は難しいですよね。TOEICのナレーターに拘らず、いろんな英語を聞くというのでもいいかも知れませんが。

私がお勧めするのは、公式問題集の音声を使って、オーバーラッピング、シャドーイング、音読を繰り返しやることです。英語を聞き取る力を分解すると、

1)音を聞き取る力
2)意味を理解する力
3)文法を理解する力
4)文章を理解する力

の4つにから成り立っていることが最新の研究から明らかになっています。重要なのは4つの力が連携しながら、それぞれを助け合いながら、英語を理解しているという点です。すなわち、音が多少聞こえなくとも、文法的に、あるいは意味的に聞こえなかった音を補ってあげることで、結果的にその英文がクリアに聞こえるようになるのです。

聞きなれないナレーターが登場した回で、英語が聞き取れた人と、聞き取れなかった人のリスニング力の違いは、単に音を聞き取る力の差だけではなくて、意味を理解する力や、文法を理解する力の違いとも言えるのではないでしょうか。言い方を変えると、レアキャラに弱い人は、文頭から語順のままに英語を処理していく力が弱いとも言えます。

そこを強化するには、オーバーラッピング(意味)、シャドーイング(音→意味)、音読(意味→音)を繰り返し繰り返しやって、リスニング力の基礎力を上げるのが有効なトレーニングだというのが私の変わらぬ考えです。

素材として公式問題集の音声が良いのは、常連のナレーターの音に慣れるという意味もありますが、耳慣れた音を使うことで、音を気にせず、語順のままに英語を理解するトレーニングに集中できるという意味もあります。

誤解の無いように付け加えておくと、これが唯一絶対のトレーニングだと言うつもりはなくて、私は自分が試行錯誤の上にたどり着いたこの理論と実践方法が最も合理的だと思っているだけです。

また、模試についても質問をされましたが、模試は問題が解けたかどうかを確認するツールとしては最高だと思いますが、逆に言えば、問題を解くことに専念してしまうので、英語を聞き取るトレーニングではないと思っています。

応援クリックお願いします!

なにげにスゴイぞキクタン990!

TOEICの語彙としては、以下の単語は難しいのではないでしょうか。私も、1ヶ月前までは全部知らない単語でした。

aggravate
instill
disseminate
viable


でもこれらの単語は全て、この一ヶ月で覚えました。

キクタンTOEIC(R) Test Score 990 ~聞いて覚える英単語~
キクタン

ag.jpg

in.jpg

dis.jpg

via.jpg

(今日までセール中で、通常700円が400円です)

ちなみに、「易」と判定したPart6では既に1問ミス発覚ですorz
partial.jpg
「時代はパーシャル!」(by菅原文太)

応援クリックお願いします!

第191回TOEIC公開テスト 速報

Formは4KIC16(メジャーフォーム)でした。

1:易 2:易 3:易 4:易
5: 6:易 7:易

【Part1】
珍しく、久々に議論になるような問題が1問も出ませんでした。ここ数年の中での最易セットだと思います。

【Part2】
徐々にこのパートが難化してきて、4月、5月は手強かったのですが、久しぶりに元の難易度に戻ったようです。この1年間の最易セットだと思います。

【Part3】【Part4】
Part3が始まる前に、ざっと眺めたところ、今回は固有名詞、特に人物名が設問、選択肢に入っている問題が多かった(3~4問)ので、難しいセットなのかなと身構えましたが、素直な問題ばかりで拍子抜けでした。もし間違えた問題があるとするならば、グプタの問題の1問目です。

【Part5】【Part6】
Part5の語彙問題がやや難しいかなと思いましたが、難易度としては標準的だと思いました。

【Part7】
parking ticketの1問目が少し迷いましたが、他の問題は易しかったと思います。

【総括】
解き終えたのが14:50でした。見直し対象はPart5が2問、Part7が1問。マークミスが2問見つかったので塗り直してテスト終了。

その後、大西先生の講演会に参加したので、ラジオは聞けず、学習者仲間と情報交換も全く出来ていないので、今回のテストの出来具合については何とも言えない状態です。(こういう回は思わぬ落とし穴があるのが通例ですが)

ただ、twitterを見るとメジャーのPart5は語彙が難しかったという声が多いようですが、私はほぼ知っている単語でした。その理由については、もう少し情報を集めて、検証してから記事にしたいと思います。

では。


応援クリックお願いします!

第191回TOEIC公開テスト当日

おはようございます!

公開テスト当日のお勧め勉強は、公式問題集のリスニングを使った調整トレーニングです。普段から音声を聞きこんで聞き取りに自信のあるセットを使って、1.3倍の速度で解くのがお勧めです。耳慣らしと、解法の確認のために、その音声はストレス無く聞ける素材がいいですね。そのためにも、普段から、シャドーイング、オーバーラッピング、音読などを駆使して音も、意味も語順のままに完璧に聞き取れるセットを用意してあると便利です。

さて、私は7月の公開テストが受験できないので、今年の前半戦は今日で一区切りです。たっぷりとTOEICワールドを堪能してきたいと思います。もちろん、Part1の写真もしっかりと記憶してまたアレをやります。Part2、3&4もテーマを持って調査してきます。

【持ち物】

□ 受験票
□ 運転免許証
□ 筆記用具(2セット)
□ 腕時計(2個)
□ 電子辞書
□ イヤフォン
□ 千本ノック7
□ 金フレ
□ TOEICノート(新、旧)
□ バナナ
□ チョコレート
□ お茶
□ 目薬
□ 強強打破
□ ティッシュ
□ 折れない心

---
オシムの国のことがNHK総合で放送されます。

民族共存へのキックオフ
~”オシムの国”のW杯~

2014年6月22日(日)
午後9時00分~9時49分

URL :http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0622/

応援クリックお願いします!

1日1分レッスン! 新TOEIC TEST千本ノック! 7


1日1分レッスン! 新TOEIC TEST千本ノック! 71日1分レッスン! 新TOEIC TEST千本ノック! 7
(2014/06/12)
中村 澄子

商品詳細を見る


私が初めて手にしたTOEIC本は前身の緑本であり、ブログを開設する以前は、TOEIC勉強は緑本でしかやっていませんでした。それだけに数あるTOEIC本の中でもとりわけ思い入れのある本がこの千本ノックシリーズです。お気に入りのTOEIC本を1冊あげよと言われれば迷わず千本ノック2をあげるでしょうし、レベルを問わずあらゆるTOEIC学習者、トーイッカーにまずお勧めしたいのが最新刊の千本ノック、即ちこの千本ノック7です。

私がお勧めする使い方は、まずは一周をして間違えた問題をチェックして、解説を読む。間違えた問題のみを全問正解できるようになるまで解き直す。次にチェックを外して全143問が全問正解できるまで解き直す。全問正解できるようになったら、15分で全問正解できるまで解き直す。この段階に出来る限り早く到達するというのが重要なポイントです。そうなっておけば、一日に15分隙間時間があれば1周出来るわけですから。そして、テスト直前の15分で全問の見直しができるのです。

英文の精読や知らない語彙の確認はとても重要です。そこから得られるものはたくさんありますし、復習こそ学習の本質です。でも、そのためには時間が必要です。それに時間をかけるがあまり、この珠玉の143問が完璧に解ききれる段階に到達するのが遅れるとするならば、細かい復習は後回しにして、まずは解けることを目標にすべきというのが私の持論です。Part5&6の良問には鮮度があり、公開テストを経る度に、鮮度が落ちていくのですから。

目標時間は一般論として15分と書きましたが、私の目標は千本ノック7なだけに、7分に設定しています。このスピードですと、選択肢と空欄の前後、あるいは英文の一部をちら見して正解を選ぶ感覚です。誤解を恐れずに言えば、答えを覚えてしまっている状態とも言えます。いけませんか?

一旦その状態にしておいて繰り返し解いているうちに、アイテムライターがその問題に込めた、文法事項や語彙、語法などのテスティングポイントが頭の中に瞬間的に浮かんでくるレベルに到達していきます。

-----

超多忙な中村澄子先生が精魂込めて作られた143問を慈しむように1周解いてみた結果です。

第1章 24/26 (8,24)
第2章 25/26 (11)
第3章 23/26 (13,14,16)
第4章 26/26 (No miss)
第5章 26/27 (18)
第6章 12/12 (No miss)

思わずニヤリとする問題、人に語りたくなりたくなる問題がズラリと並んでいますね。

<過去の千本ノックシリーズのレビュー記事>

千本ノック2
千本ノック3
千本ノック4
千本ノック5
千本ノック6

愛しの緑本&千本ノック達(旧テスト形式時代の緑本を含めて11冊写っています)
sen7v2.jpg

応援クリックお願いします!

オジムのコートジボワール戦解説

<テスト開始前>
大迫の先発は想定外でしたが、概ねメジャーフォームと呼んでもいいでしょう。史上最強メンバーによるワールドカップ本戦が始まります。まずは、Part1(最初の10分間)を落ち着いてこなして欲しいです。

<Part1>
お互いが様子見をしながらの想定通りのスタートでした。

<Part2>
いきなり本田の先制ゴール!!!
ここから、いつもの攻撃的なプレスが掛けられるといいのですが。

<Part3>
中盤でボールを奪ってから、一気にいくのか、ためるのか、意識統一をした方がいいよね。今のままだと中途半端。

<Part4>
岡田さんは守備は出来てると言ってるけど、ゴール前では全然、相手選手を捕らえきれていないよね。このままでは危険すぎる。ブレークタイムに方針と役割分担をもういちど明確にして欲しい。

中盤でボールを持ってから、スピードアップしていくタイミングも選手によってバラバラなのでここも意思統一すべき。DFの選手もどうしていいか分からないみたいなので非常に危険。

現地はかなり暑くて疲労が激しいみたいなので、後半から長谷部を下げるかな。大迫も動けてないので、柿谷か大久保に替えてもいい。

<Part5>
日本の左サイドの守備は絶賛崩壊中。完全に相手に狙われてる。長友のカバーをどうするか早く修正した方がいい。

遠藤が入って、中盤が少しずつリズムが合ってきた。本田にもっとボールを持たせてあげて。

<Part6>
やはり左サイドを破られて2失点。誰が詰めるのかを早く決めて、型を作って欲しい。ここは相手にまだまだ狙われる。

攻撃は右サイドの内田を使って、変化をつけて。

<Part7>
敗戦の原因は崩壊した左サイドの守備を修正仕切れなかったことでしょう。もう一つあげるならば、前半の攻め方の意思統一が出来ていなかったこと。

でも残念だったのは、4年間準備してきた日本らしいサッカーが一度も出来なかったこと。それをやろうとする気概すら見せられなかったこと。ドログバにやられたなんていうのは詭弁だ。自分達の弱いキモチにやられてるよ。

次の試合に向けて、もう一度、自分達がやりたかったサッカーは何なのかを全員が問い直して臨んで欲しい。

以上

日本代表、応援クリックお願いします!!!!!

オランダ、スペイン、ファンペルシー、ロッペン、roster、、、

おはようございます。

今朝のスペイン-オランダ戦は衝撃的でしたね。満点狙いにいったのに、Part1でまさかの3ミス確定、みたいな感じでしょうか。スペインには是非勝ち上がっていってもらいたいので、気持ちを切り替えていって欲しいです。

今回のW杯の注目は初出場のボスニア・ヘルツェゴビナ。オシムの故郷です。ポーカーフェイスで決して感情をあらわにしないあのオシムが母国の出場決定の瞬間には涙を流していましたが、本戦で母国チームの戦いをどんな目で見つめるのか楽しみです。

明日は、我が代表の初戦、コートジボワール戦です。これまで通りの超攻撃的サッカーを貫き通せるのか、先制した場合の布陣はどうするのか、大久保嘉人をいつ投入するのか、など、展開を予想しておくと楽しみが倍増します。

さて、TOEICでも出題されそうな語彙や語法を予想して、それが実際に公開テストで出題されると楽しいですよね。先月の公開テスト(マイナーフォーム)のPart2の最中にそれは起こりました。

" .....roster "

キタ━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!!

公式実戦TEST01のPart6、No.150-152に登場する"roster"は、なぜか気になる単語だったので、いつか出ないかなと予想していました。

(たぶん)正解の選択肢で、しかも正解の根拠がrosterだったので嬉しさ倍増でした。サイドバックからのクロスボールを待ち受けて、ボレーシュートが決まったような快感でした。意味不明ですね。スミマセン。

では。

---
全米オープンも盛り上がりそうだし、久々に模試を大量に解いたり、あのTOEIC本を読んだりと、楽しみ満載な予感の週末です。

応援クリックお願いします!

Writingの問題(解答編)

昨日の問題の正解です。

-----

日) 彼は数学を学ぶために米国へ行った
誤) He went to the U.S for studying math.
正) HE went to the U.S to study math.

forを使って目的を表すのは間違い。
ただし、名詞を修飾する場合はOK。
I don't have any time for studying.

日) 友達がいればいるほど、幸せになれる
誤) The more you have friends, the happier you can be.
正) The more friends you have, the happier you can be.

もともと、the more friendsだったカタマリは一緒に前に移動。

日) 彼はあたかも何でも知っているかのように話した
誤) He talked as if he had known everything.
正) He talked as if he knew everything.

主文とas if節の動詞の時制が同じ場合は、as if節の動詞は過去形。

(大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編 から引用)
-----

Writingはやり始めると本当に面白いです。
自分の知識を総動員して英文を作り上げる快感とでも言いますでしょうか。

気づきがあればまた記事にします。

では。

応援クリックお願いします!

TOEICer's RADIOの御礼

昨日ラジオをお聞きになった皆様、どうもありがとうございました。

普段ブログの文章では伝え切れないこと、表現しにくいニュアンスなども言葉によって伝わっていればいいなと思います。

また、4人が会話をすることによって、話しが深まり話題が展開していくのも面白かったです。

新たな企画で、またラジオをやりますね。次回は女性ゲストも呼んで(笑)

さて、私にいただいた質問で回答しきれなかったものがあるので、案内の記事のコメント欄にコメレスさせていただきました。また、隠しコメントいただいたものについては、コメント欄に書きづらいので、ここで紹介させていただきます。

-----
(匿名希望eさん)
>現在900点台です。990点を取りたいです。最近の出題傾向をとらえているオススメの問題集を教えてください。

最近の傾向ということであれば、近々発売される千本ノック7をおススメします。その他には、ドリーム特急も今後1年以内に出題される新鮮な問題の宝庫なのでおススメです。

韓国模試は解説がハングルでハードルが高そうですが、eさんの実力であればきっと大丈夫ですよ。新品の韓国模試が何冊かあるので、差し上げますよー。

(匿名希望Vさん)
>私自身は「音読」はする方ですl「スピーキングに興味のある人、音読が好きな人」は音読をやればいい、必ずしも全員がする必要はない、と思っています。

私も全く同感です。私の場合は、リスニング力を上げるために音読を積極的にやりましたが、音読をしないでリスニングスコアを上げた方の方が圧倒的に多いと思います。人それぞれに合ったやり方がありますもんね。でも、リスニングが出来るようになる根本原理(仕組み)は同じだという思っています。音読、シャドーイング、海外ドラマ等々、リスニング力を上げるために有効な勉強法はすべて根本的なところではすべて共通しているというのが私の仮説です。チャリティーセミナーではそのさわりの部分をお話しました。機会があれば、またセミナーを企画してその考えを披露してみたいです。

>「日本語と英語はそもそも声の出し方が根本的に違う」このことを理解した上で音読をするほうが効率的のように感じています。

これも全く同感なのですが、私はTOEIC満点を目指す過程では、敢えて発音には拘らずに音読を続けていました。発音に注意が向くと、それ以外の重要な事、例えば語順の通りに意味を理解するということがおろそかになってしまうと思ったからです。でも、今、Speaking力向上を目指しているので、発音には意識をして音読をしています。発音に関することは、今後ブログで書いていく予定なので、アドバイスなどあれば是非よろしくお願いします!

(匿名希望kさん)
>Part7などで ・心がけてること ・キモチの持ち方

私がKさんのスコアレンジの頃に心掛けていたのは、時間配分でした。キリの良い番号ごとに目標時刻を決めておいて、それより遅れている時には本文を早く読むようにして調節をしていました。

190番 :14:45
180番 :14:35
170番 :14:25
160番 :14:15

キモチの持ち方で大切なのは、焦らないということですね。気持ちが焦ると、英文が頭に入ってこなくなります。そのためにも上に書いたように、時間管理をキッチリとやって、このペースならば絶対に解き終えられるという自信をもって問題を解くのが大事ですね。

応援クリックお願いします!

トーイッカーがWritingの基礎を学ぶのに最適な神本


大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編
(2009/08)
大矢 復

商品詳細を見る


毎日、コツコツと復習をしながらこの本を続けています。トーイッカーっぽく一気に一周しないのは、1ページ毎に新たな発見があり読み終えるのがもったいないからです。それくらい気に入っています。

Writingの基礎は、まず基本的な英文を正確に書けるようになることでしょう。そのためには書くための英文法の基礎が必要です。

我々トーイッカーはPart5&6でさんざん英文法の基礎を学んでいるので、Writingを学び始めたときにそれらすごく役に立つことを実感します。文型、語法、時制などPart5&6で問われたポイントがそのまま文法的に正しい英文を書くのに役立ちます。

一方でPart5&6の問題形式では問われない、あるいは問われにくい文法事項が存在します。それらは当然のことながら問題を解く上では必要の無い知識ですし、Part7の英文を読む際には、それほど困らなかったりします。

ところが、Writingをやりだすと途端にそれらが弱点となって浮き彫りになってきます。その弱点を補強することは即ち、これまでにTOEICで身に付けた英文法の知識を補強し、書くための英文法を身に付けることであります。

この本は、大学受験生が英作文で間違えやすい英文を例にとりながら、その文法のポイントを分かりやすく解説してくれていて、トーイッカーにとっても目から鱗のような話しがたくさん出てきます。

以下の英文の誤りと、その理由が言えますでしょうか?

日)彼は数学を学ぶために米国へ行った
英)He went to the U.S for studying math.

(本書 p.90より引用)

日)友達がいればいるほど、幸せになれる
英)The more you have friends, the happier you can be.

(本書 p.108より引用)

日)彼はあたかも何でも知っているかのように話した
英)He talked as if he had known everything.

(本書 p.126より引用)

正解と解説は明日の記事で。

応援クリックお願いします!

【お知らせ】TOEICer's RADIO

どうもOです。
久々にラジオをやります。
今回は、4月の公開テストで見事満点を取得されたRabbitさんと。

日時: 6月7日(土)17:30 - 20:00

【第1部】17:30~18:30  TOEICブログについて語る
【第2部】18:30~20:00  Q&Aセッション

ラジオの聞き方は、ここをクリックしていただくか、
ブラウザに以下のURLを貼り付けてください。
http://std1.ladio.net:8060/OJiM.m3u

皿回し理論、キモチを込めた音読などのTOEICトレーニング方法、HUMMER式などの解法などTOEIC全般に関するご質問があればコメント欄にどうぞ。隠しコメントでも構いません。

今回こそ、時間管理をきっちりやります(笑)

応援クリックお願いします!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: