『エトスが提示した新たな謎』

超ド級のニュースが飛び込んできた。9月の公開テストのアビメに関するTEXさんのブログの記事だ。

7月に続き、リスニングがそれぞれのフォームで82・85問しかありません。

これを言い換えると、

「これまでの研究成果によって明らかになってきたアビメの換算ルールに従って計算すると、9月の公開テストのリスニングの問題数は、メジャーで82問、マイナーで85問でした。これの現象は、7月の公開テストでも起こっていました」

ということである。7月にこの現象が起こった時には、

エトスのミスだろう

というのが大方の見方であった。ところが、9月も同じ事が起こったので、どうやらミスではなさそうだ。つまり、エトスが意図的にやっているのだ。現時点でのTEXさんの仮説は、

「スコアには影響するが、AM上には出てこない問題が存在する」

というものである。私も同意見だ。

つまり、この仮説が正しいとすると、リスニング100問のうち、82問のみがアビメ算出の対処であり、残りの18問は対
象外となる。受験者にとって最も困るのは、自分が何問正解だったのかが分からないということだ。

この5年くらいで、エキスパート達の不断の努力によってアビメの解明が進み、アビメを通してTOEICスコアの仕組みが分かるようになってきた。言い方を変えると、アビメを通して謎に包まれていたエトスの世界が垣間見えるようになってきていたのだ。その成果を享受することで、私たちは自分の弱点を知り、対策を立て、スコアアップに役立てることが出来るようになってきた。

ところが、エトスが我々に新たな謎を提示してきたのである。
そして、エトスはまた闇の中に包まれてしまった。

あの男が謎を解明するために、あちらの世界から、こちらの世界へ帰ってくるのだろうか。

応援クリックお願いします!

intoについて調べてみました

”Three months into the job Van Gaal has much to do”

この記事のタイトルになっている、"into"の用法について調べてみました。

英和辞典(ウィズダム2)では、11番目の語義として載っている、

<ある時間>の中まで
About ten minutes into the flight, the plane began to vibrate badly.

にあたるのではないでしょうか。これをイメージで表現すると、
       (the flight)
――――――|――>   |

フライトの最初の10分という意味になるのでしょうね。

次に、"month"と前置詞との結びつきについて、COCAというデータベースで調べてみます。"months"の後ろに来る、前置詞のランキングです。

into.jpg


と、"into"は10位にランキングされています。ものすごく結びつきが強いわけではありませんが、普通に使われていてると言っても良いでしょう。ちなみに、”throughout"を調べてみましたが、60位なのでほとんど使われていません。

以上、調査報告でした。

応援クリックお願いします!

第194回TOEIC公開テスト 前日

今回は都合により自宅待機です。

去年の10月は、受験後にこんな記事を書いていました。

【Part6】
effortを間違えました。challengeを疑いも無く選んだ記憶があります。
原因は文の意味を取らないで、感覚的に選んでいるからです。
Part5&6で思いもよらないところで間違えてしまうのはこのパターンです。



いわゆる、文脈依存語彙問題です。ある企業が、苦労をしながらもある事を成し遂げ、その事で賞をもらう。そんな、文脈だったと思います。この下線の部分を表す名詞が問われていて、なんとなく感覚的にchallengeを選んでしまいました。正解は、effortです。

Part6はそんなに難しい英文でもないので、読みやすく、勢いよく読めてしまいます。それでも、12問正解できる時もありますが、落とし穴にはまることもあります。読む勢いがついているので、余計に、それが落とし穴だと気が付きにくいのです。

Part6の語彙問題は要注意です。

本日受験される皆さま、頑張ってください!

私は一日、家にこもって来週のトーイッカーゼミの仕込みと、Part3&4の先読みの研究を行う予定です。

【持ち物】

□ 受験票
□ 運転免許証
□ 筆記用具(2セット)
□ 腕時計(2個)
□ 電子辞書
□ イヤフォン
□ 千本ノック7
□ 金フレ
□ TOEICノート(新、旧)
□ バナナ
□ チョコレート
□ お茶
□ 目薬
□ 強強打破
□ ティッシュ
□ 折れない心

応援クリックお願いします!

TOEICで人と繋がり、道が開ける

昨年の今頃、あるTOEICセミナーで知り合った編集者のTさんからコラムの執筆を依頼されました。ブログ以外で自分の文章を発表するのは、初めての機会だったので、とても嬉しく、一気に書きあげました。

でるも

テーマは「停滞期の克服法」でした。TOEICというのは不思議なテストで、800点、900点、990など切れの良いところに見えない壁があり、そこでスコアが停滞します。それをいかに自分が克服してきたのか、という体験記。

停滞するということは、何回受けてもあるレンジのスコアを取り続けるという事で、それは単なる偶然ではなく、何らかの共通の原因があるはずです。それを突き止め、解消すれば壁は乗り越えられる。

そして、そう信じてトレーニングを継続することが最も大切、という事を想いを込めてコラムに書きました。

---
そのコラムを読んだのがきっかけで、TOEICに目覚め、多くの人と繋がり、ついに900点を達成したというKさんから連絡をいただきました。そして、ブログの記事にまでしていただきました。

他にも、数名の方から「キモチを込めた音読」「皿回し」で目標達成したよ、という嬉しい連絡をいただいた、そんな一週間でした。


mp3 CD付 新TOEICテスト でる模試 もっと600問mp3 CD付 新TOEICテスト でる模試 もっと600問
(2013/12/01)
ハッカーズ語学研究所

商品詳細を見る


応援クリックお願いします!

Part2の簡単そうで、実は難しい問題(後編)

Which counry did OJiMi say she's from?

おじみ「確かに、この英文、簡単そうで、なんかしっくりしないんですよね」
オジム「でしょ。この複文の疑問文は難しいんだよ」

み「公式問題集Vol.1 TEST1 No.14の解説を読んで構造は理解できました」

Which country is she from?に、did OJiMi sayが挿入されている

ム「つまり、こういうことだよね」

Which country is she from? + did OJiMi say
= Which counry did OJiMi say she's from?


み「はい、この解説を読んですっきりしました」
ム「復習の時はそれでいい。リスニングもまずは文を読んで理解できるようになるのが第一歩だから。でも、この文を聞き取るようになるには、did OJiMi sayを挿入された付属品みたいに思わないことだね」

み「形の上では挿入されてますけど」
ム「だって、did OJiMi sayは後から挿入されたわけではないよね」

み「どういうことですか?」
ム「この話者が、まずWhich country is she from?という文を頭の中で作って、それからdid OJiMi sayを挿入してから発話してないでしょ」

み「確かに・・」
ム「そして、この英語を聞く人も、Which counry did OJiMi say she's from?と聞き取ってから、『did OJiMi sayは挿入だから、それを外して』なんて、理解しないよね」

み「なるほど」
ム「did OJiMi sayにもちゃんと話者の伝えたいキモチがこもっていて、それを伝えたいから話者は、あえてその時に、did OJiMi sayと発話しているんだよ。つまり、付属品なんかではなくて、重要なパーツでこの文と一体になってる」

み「なんか、コアファイターとガンダムの関係みたいですね」
ム「なんだそれ??」

み「だって、コアファイターが換装されないと、ガンダムはガンダムではないですから」
ム「ちょっと違うような気がするけど、まあ、いいや。とにかく、この英文をすっきりと聞き取るようになるには、シャドーイングなり、音読をしてこのdid OJiMi sayに込められたキモチを感じとることだね。『おじみは(何て)言ってたっけ?』というキモチをね」

み「実は、Which countryだけ聞いて、(C) She's from Japanを選ぶという復習を繰り返していました・・」
ム「本番の緊急措置としてそれは悪くはないよ、正解が選べるんだから。でも、普段の復習でそれをやるのは意味が無いよ。全く意味が無い。それじゃあ、いつまでたっても、このタイプの英文は聞き取れるようにならないし、いつまでたってもPart2はモヤモヤしたままになってしまう。一段上のレベルに行こうとしたら、意識、復習の仕方を変えていかなきゃ」

み「わかりました、私も変わらなきゃ!」

<9:20 追記>
これが、コアファイターです(おじみ)
core.png
おじみちゃんシリーズへの、応援クリックお願いします!

Part2の簡単そうで、実は難しい問題(前編)

Which country did OJiMi say she's from? -(A)
オジミは、どこの国の出身だと言いましたか?

She's from Japan.
彼女は日本出身です。

この問題(公式問題集Vol.1 TEST1 No.14を参考にしています)、正解を選ぶのは比較的容易なのではないでしょうか。先頭のWhich countryを聞き取りさえすれば正解が選べるので。でも、この英文をクリアに聞き取るのは、なかなか難しいのです。

Which country is OJiMi from?
これなら、聞き取りやすいのです。

OJiMi is from Japan.
このJapanが疑問詞になって、前に出て疑問文になっただけですから。

(A)の疑問文をもとの平常文に戻してみると、

OJiMi said she is from Japan.
という複文(文の中にもう1つ文がある)になっています。このJapanが疑問詞になって前に出ると、

Which country did OJiMi say she's from?
という疑問文が出来上がります。こう考えると、この文の構造が分かりやすいのではないでしょうか。

でもですね、Part2でこの英文をクリアに聞き取るためには、そうやって聞き取った英文を一度平常文に直したりして理解する時間的な余裕はありません。

では、どうしたら聞き取れるようになるのか?ここが難しいのです。

(この項つづく)

応援クリックお願いします!

TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義 review

公式問題集のPart5&6の問題を集めてコーパス(言語のデータベース)に読み込ませて、整理・分析して解説をつけたらどんなに楽しいだろう。想像するだけでぞくぞくします。いつか、それを連続記事にしてブログに発表していく。私の長期構想の1つでした。

でも、その構想は夢想となり、本として出版され入手することが可能になりました。これです。


TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義
(2014/10/03)
ジャパンタイムズ

商品詳細を見る


とりあえず、気になる文法項目の解説を読み、章末問題を解いてみました。

TOEICにおける文法の解説というのは、詳しければよいというものではありません。英文法は奥深く、例外もたくさんあるので、それらを網羅しようとしたら、きりがありません。TOEIC学習者にとって必要なのはTOEICの問題を解くのに、必要十分な解説です。本書の解説はその理想的な解説だと思いました。長過ぎず、短過ぎず、ちょうどいい感じです。二色刷りでポイントが分かるのも読みやすいです。

章末問題も、ちょうどいい問題ばかりです。本書の解説とのリンクも貼られているので、問題→解説という使い方も出来ます。

最後に、私が間違えた問題と、コメントを載せておきます。

Chapter1 No.6
(B)を過去分詞と捉えたら正解になりませんか?そうですか。はい、スミマセン。

Capter3 No.3
自信をもって(C)を選び、解説は誤植だと思い、著者にメールを送ろうとした瞬間に自分の誤りに気がつきました。ううっ。

Chapter6 No.12
本書、最難の問題だと思います。勉強になりました。この語法については自分なりに調べてみたいと思います。

応援クリックお願いします!

おじみ行きま~す!(アムロ風)

canopy2.jpg

A canopy is shading some flowers on the platform.

オジム「これ難しかったみたいだね」
おじみ「はい、間違えました」

ム「canopyは、イメージしにくいからね」
み「いえ、canopy聴き取れて意味も分かったんですよ。ガンダムのコアファイターの風防部分ですよね」

ム「ええっ?ガンオタだったとは...」
み「だから、テントみたいなのがcanopyだと分かったんです。それよりも、shadingが聞き取れませんでした。聞き取れたとしても、shadingの意味は分からなかったです」

ム「そっちか。でも、トーイッカーならshadingこそ知っていないと」
み「どういうことですか?」

ム「まず、公式問題集Vol.5のTEST1に、Some tables are shaded by umbrella.が出題されてる。しかも正解の選択肢だ」
み「あ、ほんとだ。Vol.5は持ってるし、解いたこともあるのに」

ム「それが、ダメなんだよ。持ってる、解いたことがある、でも間違えてる」
み「反省します!」

ム「いや、今回は、大反省しないと。公式問題集に出てくる単語すら間違えてるようでは」
み「...」

ム「他にも、公式実戦のTEST5、9、10にもshadedは登場している。言い尽くされていることだけど、公式本を徹底的にやりこむことだね」
み「新しい本が出ると気になって、ついついそっちをやっちゃうんです」

ム「気持ちは分かる。最近出題された、リサイクルされる可能性がある単語やフレーズが載ってるからね。でも、出題される可能性はものすごく低い、つまり効率が悪いってことだよ」
み「私みたいな初心者は特にってことですよね」

ム「初級者も、上級者もだよ。最近、公式本をじっくりと調査しているんだけど、じわじわとそのスゴさに気づき始めたんだ」
み「私も気持ちを入れ替えて公式本をやりこみます!」

応援クリックお願いします!

第2回トーイッカーゼミ「Part3徹底トレーニング」

追記 21:50
すっ、すみません。
エントリーフォームにメールアドレス欄を入れるのを忘れていましたorz
今回初参加の方のメールアドレスが分かりません。大変、大変、恐縮ですが、エントリーフォームの上にある「お問い合わせ」から、申し込み時のお名前(ハンドルネーム)とメールアドレスを送っていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

-----
第1回のゼミで、私自身も色々な気づきがありました。

その1つは、オーバーラッピング、シャドーイング、音読を行う際に、ついつい妥協をしてしまいがちだということです。

実際には、クリアに聞こえていないのに、「簡単な単語だから」「簡単な英文だから」という理由で見過ごしてしまっている部分がかなりあります。でも、その部分にこそ、自分のリスニング力を1段ステップアップするための、カギがあるのでは
ないかと思います。

今回は、そんなところにもこだわったゼミにしたいと思います。

応募はこちらのリンクからどうぞ。

#リンクが動作しない場合は、このURLをブラウザに読み込ませてください。
http://kokucheese.com/event/index/224863/

<12:15追記>
満席となりました。ありがとうございます!

応援クリックお願いします!

第2回トーイッカーゼミ「Part3徹底トレーニング」のお知らせ

ゼミの参加者の方々には、アンケートをお願いしました。その中で、要望として最も多かったのが

- 実践的なトレーニング方法中心の内容にして欲しい

でした。そこで前回は、理論編:実践編=8 : 2 くらいの割合でしたが、今回は、 理論編:実践編=4 : 6 くらいの割合で行います。

理論編では、無駄なオープニングトーク、ネタなどを出来る限り省略してオジム理論の核心のみを話します。その代わりに前回のゼミの最中に寄せられた鋭いご質問を紹介し、解説をします。

例)なぜ、リテンションが出来ないのか?

実践編は、理論編で学んだ内容をもとにトレーニング方法を体験していただきます。トレーニングは基本的に個人練習なので、他人を気にせず自分のペースで行えます。

日時 :2014年11月1日(土)15:15 - 17:00
場所 :都内会議室
テーマ:Part3のトレーニング方法
人数 :16名
費用 :1000円(1ドリンク付き)


申し込み方法は、10月11日(土)9:00にこのブログで発表します。

<追記>
あっ、11月1日はブログ開設6周年の日でした。

応援クリックお願いします!

第1回 トーイッカーゼミの振り返り、そして次へ

会場に向かう途中で見かけた、尊敬する大西先生のつぶやき。
twitter.jpg

リスニングにも、全くそのまま当てはまると考えだと思います。

特に、「そしてその壁を突き抜けるには、繰り返しの練習しか手段はありません」という部分が重要なポイントではないでしょうか。

その壁の正体は何なのか、について、これまでブログで発表してきたOJiM理論に加え、参加者の方々と実験をしながら考えてみました。それが分からないまま、あるいは腑に落ちないままでは、後半紹介するオーバーラッピング、シャドーイング、音読の効果は出ないと思ったからです。

ゼミの最中には、活発な質問や、ご意見をいただき、私自身も多くの気づきをいただきました。文法問題とは異なり、リスニングは無意識のうちに行われるので、解説をするのは難しく、どうしても感覚に頼らざるを得ません。質問やご意見をその場で直接いただけると、どこまで自分の感覚が伝わっているのか、どこが分かりにくいのかが良く分かりました。

そして、後半の実践編。45分を残してトレーニング方法の紹介と実演を行う予定だったのですが、時間が押して残り30分弱。塗り絵気味でした。スミマセン。

さて、今後のトーイッカーゼミですが、今回の参加者の要望を踏まえ、以下のテーマが候補です。

A)理論編を圧縮、実践編をメインにした今回の再演
B) Part3&4の先読み理論、実践トレーニング
C)Part2対策
D)Part5の復習法、実践皿回しトレーニング
E)Part7の解法、速読トレーニング


ご希望があれば、コメント欄、もしくはメール、メッセージでお願いします。
日程は、公開テストの翌週の土曜日を考えていたのですが、TOEICイベントが被り始めているので、決まり次第お伝えしたいと思います。

応援クリックお願いします!

第1回 トーイッカーゼミ当日

参加者の皆さまへ、

開始時刻は、15時15分からとなっておりますが、会場には15時から入れます。

お会いできる事を、楽しみにしています!

【持ち物】(私用のです)

□ レジメ(19部)
□ 公式問題集Vol.5「解答・解説編」
□ スピーカー
□ 延長電源コード
□ iPhone5s
□ 腕時計
□ 電子辞書
□ 単語カード
□ たべログのクーポン
□ クッキー
□ おもてなしの心

応援クリックお願いします!

TOEIC国の政治制度においては"mayor"は"city official"なのか?

まず、英辞郎で調べてみます。

mayor = 町長、市長
city official = 市の職員

日本人の感覚、常識から言えば、市長を、市の職員と言い換えることは出来ません。市長は選挙によって市民から選ばれた市民の代表であり、市の職員は公務員ですから。つまり、市長は絶対に市の職員ではなく、市の職員は絶対に市長ではないのです。

次に、mayorを英英辞典で調べてみます。

LONGMAN
the person who has been elected to lead the government of a town or city

Oxford
the head of a municipal corporation, elected by the public.

これも、日本語の「町長、市長」と同じと言ってもいいでしょう。

そして、city officialを調べようとしたのですが、officialでしか載っていませんでした。

LONGMAN
someone who is in a position of authority in an organization

Oxford
A person holding public office or having official duties, especially as a representative of an organization or government department

なるほど、city officialは「公的機関で働いている人全般」を意味するのでしょう。それならば、mayorの言い換えとしても、いいでしょう。

以上、週末の一人学習でした。

応援クリックお願いします!

【お知らせ】トーイッカーゼミについて

ゼミの内容は、ほぼ完成しました。

理論編に続いて、Part3の1つを徹底的に活用して英語が聞こえるようになるためのトレーニング方法を実践してみます。実験的な初の試みも取り入れたいと思っています。

キャンセル枠が発生しています。

内容の詳細と、応募はこちらのリンクからどうぞ!

#リンクが作動しない場合の、URLです
http://kokucheese.com/event/index/173927/

<9:50 追記>
満席となりました。申し込みありがとうございます!

応援クリックお願いします!

プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: