「サラリーマン特急 満点リーディング」誤植まとめ

誤植ゼロを目指したのですが、見つかってしまいました。
申し訳ございません。m(_ _)m

---
p.81
誤:□ productive
正:金 □ productive
-----
p.306 197の解説

①⇒設問を読む

②⇒最初の電子メールの第3段落を読む
 Does your company offer any products /which have the
 functionality / we need?
 ⇔貴社は製品を提案しますか / 我々が必要としている機能を持った

 ⇒Foremanは製品に関する情報提供を依頼している
 ⇒Promotional materialは販売促進のために用いられる資料で、製品に関する情報などが記載されている

③⇒(A)を選択

※上記の訂正により、brochureに関する解説は省略
-----
p.136
誤:requireは直後に〜toになっていので、〜
正:requireは直後に〜toになっているので、〜
-----
p.269
誤:(C)gatheredが正解ではと
正:(D)gatheredが正解ではと


以上

新新TOEIC パート3、4の図表問題について

現行形式のパート4では、列挙された複数の情報から正解を選ぶパターンの問題が出題されていました。例えば、こんな感じの問題です。

「TEXコーポレーションは環境に配慮して事業を行っていることで知られています。一方、OJiMコーポレーションは青少年の育成に力を注いでいます」

Q:TEXコーポレーションは何で知られているか?
正解:環境に配慮

これは、言わば以下の表からTEXコーポレーションを手掛かりに、環境に配慮という情報を特定していると言えます。(このことを、TEXコーポレーションをキーにして情報を特定する、と言います)

TEXコーポレーション 環境に配慮
OJiMコーポレーション 青少年育成


(サラリーマン特急 満点リスニングのP.83で解説した通り)このタイプの問題は、難問です。ただし、設問を先読みしておけば「TEXコーポレーション」がキーになること分かるので、「TEXコーポレーション」で待ち受けすれば、比較的解きやすくなります。

新々形式では「問題用紙に図表が印刷され、図表を見ながら解答する」という点が注目されていますが、解法という観点では、列挙された複数の情報からキーを手掛かりに正解となる情報を選ぶという点で、上記の問題と本質は同じです。


サイズ値段
43 50,000
49 80,000
50 100,000
60 150,000

Q:10万円未満で最大サイズのテレビは?
正解:49

表が印刷されてはいますが、値段をキーにサイズという情報を選ぶという解法の面では全く同じです。そして、設問を先読みすることで「値段がキーになる」という事が分かる点が解法の技術としては重要な点です。

今後、新新形式の公式問題集が発売され、公開テストの回数を重ねていくにつれて図表のバリエーションは増えていくでしょうけれど、設問と図表の形式を先読みしておいて、キーを予測しておくというのは有効なテクニックになるはずです。

-----

garo.jpg
ガロという、「奇跡と幸せを呼ぶ鶏」です。

新新形式シリーズ応援クリックお願いします!

オジラビラジオへのご質問回答

昨日は、多くの方にお聞きいただきましてありがとうございました。

放送後、何人かの友人から「もっとしゃべって」とレスをいただきましたが、みかん星との惑星間通信で達成感を感じて、ぼおっとしてしまいました(笑)

コメント欄にいただいた質問について、改めて簡単ではありますが、回答を掲載しておきます。どれも面白いテーマなので、ブログ、または勉強会で深く掘り下げてみたいと思います。

---
Q:監督と言えばリスニングですが、ここだけの話、リスニング本で一番のオススメは何でしょうか?(リーマン特急以外で)
A:「絶対900点突破TOEICTEST大特訓」のリスニングの問題は良問が乗っていておすすめです。先読みのテクニックは、12月に出る「直前の技術(改訂版)」が大おすすめです。

Q:Part4で、全く答えが探せないままに ナレーションが終わってびっくりすることがたまにありますが 、それは何が原因でしょうか?
A:話者、状況が最初につかめない場合。それと、正解のヒントの出現順序が、設問の順番と異なる問題の場合。設問を読み間違えている場合。などでしょう。

Q:最近のPart7の長文化のなか、やはり全文読みはマストでしょうか?
A:おそらく期待されている回答は、長文化した問題への対応方法なのではないでしょうか。全文読みはマストで、更に言えば、1回で読み切り、あちこちと読み返さないでも正解を選べる解答力が必要です。それを可能にするのがHUMMER式です。

Q:皿回し勉強方法(あってました?)を読めばわかるんでしょうが、口頭での説明を聞きたいです。
Q:満点リーディングの勉強会などの開催予定はありますか?
A:勉強会は年明けに企画中です。そこで、皿回しの実践方法を体験できる内容にしたいと思います。

Q:満点リーディングチョコもですが、リスニングチョコは今でも入手可能ですか?
A:AERA Englishに納品してしまったので現在在庫切れです。増産し、勉強会のお土産にしたいと思います。

Q:part5では詳しくステップや次のセットへの進み方が書いてありましたが、part7では何を目安に次のセットに進めばいいですか?
A:まずは、48問を48分、次に48問を40分で完答できれば次のセットに進んでもよいと思います。

Q:復習の際、音読などは有効でしょうか?
A:文構造が取りにくい英文だけを繰り返し音読するのは、読解スピードの向上に効果があります。是非、お試しください。

Q:990を目指すための読む速さ、WPMがありましたら教えて下さい。
A:早ければそれに越したことはないのですが、150WPMで正確に読めれば十分だと思います。満点リーディングの音声ファイルが150WPMに設定してあるので、その音声を聞きながら英文を追って読んで体験してみてください。

Q:難化傾向にある、リーディングセクション(特にP7)の対策について、スコアレベル別にアドバイスを頂きたいです。
A:初中級の方は難問を見極め捨てる技術、900以上の方はPart5、6を高速で抜けてPart7の難問に使える時間をいかにつくるかが勝負の鍵だと思います。

Q:満点リーディングでは、「金」のマークがついていますが、金フレにのっていてもマークがついていない単語があるのはなぜすか?例えば、満点リーディング81ページのproductiveは金フレの127ページにのってますよね。
A:それに気づかれたということは、キッチリ復習をされ、金フレもチェックされているということですね。ありがとうございます!productiveは付け忘れでした。スミマセン。増刷時には修正します。

Q:満点リーディングについて質問させて下さい。私はいつもパート7で塗り絵をしてしまうのですが、満点リーディングの第6章の問題は。公開テストと比べてワード数は少なめですか?多めですか?
A:新書サイズに合わせて1文書200語前後に設計してあるので、公開の長い文書よりはやや少なめです。ただ、Part7全体でみればほぼ同じはずです。

Q:また、満点リーディングを使った塗り絵脱出マル秘トレーニングがあったら教えて下さい。
A:実践問題100問を、いつ解いても、何回解いても60分で全問正解できるように繰り返しトレーニングすれば、塗り絵脱出間違えありません。がんばってください。

---
なお、今後のラジオの企画の希望があればお寄せください。
例)「オジミラジオ」
  「激論ラジオ みかん星人 vs オジム星人」

応援クリックお願いします!

【拡散希望】オビラジラジオのお知らせ

【お知らせ】
ネトラジが不調なので、USTREAMで放送することにしました。
URLが変更になっていますので、ご注意ください。

今週末に迫ってきました♪
詳細については、Rabbitさんのこの記事をご覧ください。

【日時】11月21日(土) 18:30~20:30
【聞き方】オビラジラジオ専用サイトにPC、スマホからアクセスしてください
※上手くアクセスできない方は以下のURLをブラウザにコピペしてください
http://ustre.am/1sxQZ

今回は、ホストのRabbitさん、私の他に豪華ゲスト陣をお招きしています。
-----
清涼院流水さん
「不思議の国のグプタ」の共著者、英語部主宰。学習者なら誰もが直面する「壁」についてとことん語っていただきたいです。

みかん星人さん
出題傾向に関する深い分析力、文法力はトーイッカー随一だと思います。が、当日は、皆が窒息しそうな毒舌トークに期待してますよ!

ブチブッチさん
女性だけでなく、男性トーイッカーにもファンが多いのは人間力の高さでしょう。英語力、TOEIC力にバランスの取れた本格的な学習法を聞いてみたいなと。

ビリリーマンさん
未視聴の方は、まず、これをご覧になってみてください。私は深く感動しました。ビシッと芯の通った学習方法、姿勢について聞いてみたいことがたくさんあります。
-----

私は、旬のネタとして「サラリーマン特急 満点リーディング」ついて話そうと思います。そこで、質問、リクエストをコメント欄で募集します。ガチな質問も結構ですが、当ブログの読者が喜ぶような、斜め上な質問も大歓迎です。

例1)どの問題がデジャブするんですか?
例2)満点リーディングチョコはどこで入手可能ですか?
例3)皿回ししてください、今!

などなど。

よろしくお願いします。

オビラジラジオ応援クリックお願いします!

in anticipation of

anticipation.jpg


スーパーアスリート系トーイッカーのtomoさんがサラリーマン特急の語注に出てたよ、と教えてくれました。なにげに嬉しかったです♪

He told me that he had already produced a suitable piece in anticipation of such a request.

⇔(彼は)すでに今回の要望を見据えてふさわしい曲を制作してあるとのことです。

問題演習で出会った知らない単語、表現をコツコツつぶしていくと、語彙力強化にモリモリ効いてきます。私も初心に立ち戻ってやり直します。

語注クリックお願いします!

第205回TOEIC公開テスト 振り返り

Formは4LIC34(メジャーフォーム)でした。

1:易 2:易 3:普 4:普
5:普 6:普 7:難


【Part1】
リサイクルが少なかったでしょうか。

【Part2】
聞き取り難いナレーターが登場しませんでした。

【Part3】【Part4】
会話、ナレーションを最後まで聞かなくても解ける問題が多かったです。

【Part5】
素直な問題が多く簡単でした。
と思っていたら、テスト後に語彙問題のミスが発覚。

【Part6】
易しかったと思います。

【Part7】
文章量が多めだったので、高速HUMMER法で解いて10分残しでした。
余った時間に見直しをして、塗り直した問題を間違えたようです。
あれは、郵便メールかよ~orz

応援クリックお願いします!

第205回TOEIC公開テスト 当日

諸事情により、とある風光明媚な町に遠征して、TOIEC仲間と公開テストを受験することになりました。昨夜は邂逅を喜びあい、酒肴に舌鼓を打ちながら、

TOEICの事、

TOEICの事

TOEICの事などを語り合いました。

このような環境で、新形式への移行が決まり愛しさの増してきた現行形式をんとに楽しみです。と同時に、

「満点リスニング」は再びジェジャブするのか、

「満点リスニング」の解法は効果を発揮するのか、

アビメのL5はどのパートのどの問題に潜んでいるのか、

なども楽しんできたいと思います。

そして、前後左右の席に知人がいたら、ちょっとプレッシャーだなとドキドキです(笑)


【持ち物】

□ 受験票
□ 運転免許証
□ 筆記用具(2セット)
□ 腕時計(2個)
□ 電子辞書
□ イヤフォン
□ 千本ノック即効1
□ 金フレ
□ サラ特
□ TOEICノート
□ バナナ
□ 満点リーディングチョコ
□ お茶
□ 目薬
□ 強強打破
□ ティッシュ
□ 折れない心
□ 現行TOEICへの感謝

応援クリックお願いします!

ブログの書き方は征服日記から学んだ

文字の飾り方、記事のレイアウト、コメント欄での絡み方?といったブログならではの細かいテクニックだけでなく、TOEICブロガーとしての視点、ポジティブな文体など本質的なところまで数え上げたらきりがありません。

一方で、アクセス数も読者の数もまったく敵わないと分かっていながらも、征服日記とは逆のことをしよう、という意識もありました。向こうがスコア重視ならば、自分は英語力に視点を合わせて書いてみようみたいな。あるいは、ネタ系の記事も征服日記はどちらかというと内角高めをえぐるような攻め方をしてたので、自分は外角低めでいこう、みたいな。

征服日記を知ってからは、記事が更新されるのを常にチェックして夢中で読んでいたので、学んだというよりも、自然と影響を受けていた部分の方が多いのかも知れません。

その1つが「リアルタイムに持論を語る」という点でしょうか。言い換えると、今自分が考えている解法のテクニックや勉強法を、ブログで記事にするということです。例えば「語彙を徹底的にやる。パート7は勉強しない。それでも900点はとれると思う」というのがリアルタイムです。masamasaさんはそれで実際に、900点を取るわけですが。

一方、リアルタイムでないのは、「私が900点を取れたのは、テスト直前に五郎丸のポーズをとるようにしてからです」という後付けの視点で語るということです。誤解の無いように補足しておくと、これが悪いと言っているわけではありません。

リアルタイムで自分の考えを語るというのは、想定外の事が起こったり、後々自分の考えを修正しなければならない事もありますが、学習者としてTOEICに臨んでいる限り、それはごく自然な事であり、ブログとしてはそれが面白かったりする訳です。

そんな事を考えながら、復活した征服日記を読み直している週末です。


応援クリックお願いします!

『記念撮影』

瞬間風速なのは分かっていますが、

公式の上に居られるのは、やっぱり嬉しい♪

なので、記念撮影パチリ。

リーディングランキング


発売直後にこれだけAmazonのランキングが上がったのは、

読者の皆さまの応援のおかげです。

あざーす!

新刊応援クリックお願いします!

【緊急速報】【拡散希望】伝説のブログが復活してます!!!

TOEIC征服日記

<11/10 追記>
このリンクはホンモノですか、という問い合わせをいただきましたがホンモノです(キッパリ)

↑この追記の仕方は、masamasaさんから学びました♪

応援クリックお願いします!

アビリティーズ・メジャードのミッシングリンク

先週Hさんからメッセージをもらった瞬間、気になって仕方がなかった疑問が氷解し、驚愕の事実に思わず声をあげそうになりました。まずは、この記事をお読みください。

最近のアビメに関する一考察

この優子のアビメのうち、パート1+パート2の4問と、パート3+パート4の13問はアビメ対象外となっていましたが、実は来年5月に改定されるTOEICで追加される新しいアビメの項目に分類されていたのではないか、らしいのです。

来年5月に追加される新しいアビメの項目とはこれです。

「フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる」
正確には、これは検証されたわけではないので、驚愕の事実ではなく、驚愕の仮説の段階です。ただし、もしこれが事実だとすると、もう1つ驚愕の事実が浮かび上がってきます。

つまり、ETSが密かに潜り込ませていた新新TOEICの問題を、私達は知らず知らずのうちに既に解いてたという驚愕の事実です。

エトスのやる事はミステリーっぽいですね。いやロマンですか。

新新TOEIC応援クリックお願いします!(←モリテツさん風)

サラリーマン特急「満点リーディング」への道(発売日)

発売日に書店に行って、自分の本が書棚に並んでいるところを見るのを楽しみにしていたのですが、仕事で遅くなってしまいそれは叶いませんでした。

でも、学習仲間が書店の情報を知らせてくれて、むしろこういう形で知ることになる方が嬉しかったりします。
sara2.jpg

ご購入いただいた皆さまにおかれましては、感想、及び実践問題の結果(正答数、誤答の問題番号)をお知らせいただけると嬉しく思います。また、本書のポイントである「皿回しトレーニング」に関するご意見、及び実践報告をいただけますととても助かります。

「満点リーディング」への道シリーズ、ご愛読ありがとうござます。

本稿をもって完了です。

新刊応援クリックお願いします!

AERA English 2015 Autumn&Winter 2015年11/15号



ドメスティック社会人のTOEIC350点アップ学習法」という特集にインタビューを載せていただきました。

自分のTOEIC学習の軌跡を今の視点で改めて振り返ってみて、TOEICのスコアアップに役立つと思われる体験を語ってみました。インタビューをしていただいたライターの方が素晴らしく優秀な方で、自分ではなかなか言語化できなかったことまでも引き出していただきました。自分で読んでみて、「なかなか良い事を言ってるな」、そんな感じです(笑)

他にも今号は面白い特集が満載です。

「受けた人しか知らない TOEIC受験あるある!」
まずは、これから読みたくなります。

「Jay先生直伝!目指せ150点アップ!速解トレーニング1カ月集中ドリル」読解スピードは今一番気になるテーマです。

「オージー発音ナルホド攻略法 31」
これが知りたい人は多いはず。

そして、最終ページの読者プレゼントには「サラリーマン特急 満点リーディング」と「満点リーディングチョコ9個入り特製パック」を採用していただきました。このパックは今回限りの限定品なので、奮ってご応募ください。(なお、応募の際に「読みたい記事」として、私へのリクエストを書いていただけると、大変嬉しく思います)

ドメスティック社会人応援クリックお願いしま~す!

「満点リーディング」の作問、ポイント、難易度について

「どうやって問題を作ったの」という質問を先日のイベントでいただきました。

前作の「満点リスニング」は、TOEIC編集プロダクションの雄「メディアビーコン」さんに全面的に協力していただき、熱々の問題を作成していただきました。

今回は、Ross Tullochさんにお願いしました。でる1000問、BEYOND、究極ゼミなどの問題作成をされた、日本で最もTOEICに精通したネイティブ・アイテムライターの一人です。

お願いした、と言っても完全に丸投げするだけではいい問題は出来ないので、分担をして作り上げていく感じです。大まかに言うと、私が設計図を作り、Rossが制作を行い、レビューと修正を共同で行いました。

私が設計した設計図の項目の一部です。

パート5 : 問題タイプ、出題ポイント、正解の選択肢、錯乱肢など
パート6 ; 文脈依存型問題の割合、出題ポイント、錯乱肢など
パート7 : 語数、文書タイプ、出題ポイント、正解根拠など

パート5の問題タイプとは、品詞問題、前置詞問題、語彙問題などの分類です。その出題割合は、最近の公開テストの割合と完全に一致させてあります。難易度はおなじみの定番問題と、中上級者が間違えやすい問題を少し多めに入れやや難し目の設定にしました。

パート6は、文脈依存型問題にこだわって設計してみました。受験者を悩ませたある問題も含めてみました。難易度は公開テストとほぼ同じです。

パート7は、ここ1年くらいの問題を分析し、多くの受験生を迷わせたひっかけ問題をパターン化して作問してみました。標準的なレベルも入っていますが、全体的にはやや難となっています。トーイッカーが大好きな「テスト後に議論を呼ぶ問題」もわずかですが入れてみました(笑)

今回は、数名の高得点者の方々に作成途中の問題を試し解きしていただきました。自分では全く気が付かなかった視点でのチェックが入ったことで、より引き締まった問題が出来上がったと思います。


(都内大型書店では5日(木)の午後から並べていただけるようです)

新刊応援クリックお願いします!

ブログ開設7周年

本日でブログ開設7周年を迎えることができました。

訪問していただいた皆さまには、本当に感謝申し上げます。ブログを書き続けられるモチベーションは、「面白かった」「共感できた」「役に立った」というコメントをいただけたことに尽きると思います。

この1年間を振り返って、自分自身が気に入っている記事を紹介いたします。「これはウケる」と思って書いた記事が、公開してみると意外にも反応がなく、しみじみとするのもブロガーの楽しみの1つです(笑)

これからも、当ブログをよろしくお願いします。

【11月】
OJiM式HUMMER式(その1)
⇒別名「いけないHUMMER式」

【12月】
最近のアビメに関する一考察
⇒今思うと、変化の予兆だったのでしょうか

【1月】
TOEIC丸秘テクニックシリーズ!!(スクール机編)
⇒地味に気に入っているテクニックです
TOEIC丸秘テクニックシリーズ!!(耳ダンボ編)
⇒これは反響をいただいたので本にも載せました
【RT希望】AGB総選挙2015 出馬表明(OJiM)
⇒ガチで選挙運動していました

【2月】
思い出のTOEIC本シリーズ(ピンク本編)
⇒シリーズ1作目で完結・・
かの国に警察はあるのか?
⇒自分が目指しているのはこんなトーンの記事です

【3月】
魂のこもった凄いセミナー
⇒ほんとに良いセミナー、また行きたい
「優子&おじみシリーズ」『呼出し』
⇒練りに練った企画記事でした
サラリーマン特急への道」(校正)
⇒前向きに書いてますが、水面下ではタイヘンでした

【4月】
「サラリーマン特急」出版記念イベント ~ deja vu ~
⇒これが開催できたのもブログのおかげです

【5月】
TOEIC学習にCOCAを活かす
⇒マニアックですが、これも自分の好きな記事
基本単語のイメージを修正し覚え直す
⇒これもお自分の好きな記事

【6月】
ゆるボキャビルのすすめ
⇒ボキャビルはマイブームなので、これからも書いていきます
「サラリーマン特急 合同自主トレ」実施報告
⇒また企画したいと思っています

【7月】
パート7の英文はどうしたら速く読めるのか?
⇒このテーマでセミナーやります
ある企業のTOEIC勉強会にて
⇒スキマ時間の活用テーマもマイブームです

【8月】
「史上最大!!ウルトラTOEI-Quiz」の振り返り
⇒これはほんとに面白いイベントでした
塗り絵をしない読解スピード
⇒このアイデアを「満点リーディング」の音声ファイルに応用してみました
見えない文法知識の穴を埋める
⇒この本は、ほんとにおすすめです
TOEIC妄想小説 『夏の扉(その1)』
⇒今年一番気合いを入れて書いた作品、でも反応は薄かったorz
『ヤバい裏技』と『TOEICミステリー』
⇒裏ワザ24が10月公開で効いた、というフィードバックは嬉しかったです

【9月】
TOEIC国に人造人間キカイダー現る!!
⇒個人的に気に入っているのですが、ハズしましたね・・
TOEICの存立危機事態!!
⇒昨日の二次会で「面白かった」と言ってもらえて良かったです
人口減少問題に悩むTOEIC国
⇒この記事も大好きなのですが・・

【10月】
サラリーマン特急「満点リーディング」への道(見本)
⇒ここまでたどり着けたのも、応援コメントのおかげです

応援クリックお願いします!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: