AERA English 2016 Autumn&Winter



【特集】
最強講師陣7人が教える 新形式に対応! TOEIC 77の「新」極意

7人の内の1人として僕も攻略法を語っています。他の6人が誰なのかはAmazonのページに行って表紙の画像から辿っていくとわかります。

最新の出題傾向を完全に再現! TOEIC 新形式ドリル

前号に続いて今号のドリルも解説を書かせていただきました。

来週、11月29日(火曜日)発売です。
どうぞよろしくお願いします!

応援クリックお願いします。

第215回 TOEIC公開テスト 感想

1:普 2:普 3:普 4:普
5:普 6:普 7SP:普通 MP:

【Part1】
IKEAが出てました。
(今度、あの写真撮りに行こう)

【Part2】
難しいパートになりましたが、新形式ではこのレベルが続いているので「普」としました。「新形式リスニング特急」で解説した「ひねった応答」パターンが何問か出てました。

【Part3,4】
図表問題はパターンが出尽くしてきた感があります。コツをつかめればL400くらいで全問解けるのではないでしょうか。一方で、意図を問う問題は難しいのがありました。単に聞き漏らしかもしれませんが、Part4で正解が選べないものがありました。

【Part5】
語彙問題に難しいのがありました。

【Part6】
文選択で難しいのがありました。

【Part7】
全体的に難しいセットでした。新形式の中では今回が一番難しかったかもです。

【感想】
Part7の問題が難しく感じたのは、読解力の低下が原因かもしれません。ここ数ヶ月は、リスニングとパート5の研究、執筆ばかりやっていたので。年内締め切りの原稿はほぼ片付いたので、今日から英字新聞の読み込みを再開しようと思います。

応援クリックお願いします。

第215回 TOEIC公開テスト 当日

おはようございます。

目覚めると霧に包まれた不思議な朝でした。

その中を目標のペースで60分間走りきって気分爽快です。

今日の公開テストでは新兵器を投入します。

FullSizeRender (2)


午後はこれで2時間、駆け抜けたいと思います。

【持ち物】

□ 上着
□ 受験票
□ 運転免許証
□ 筆記用具(2セット)
□ 腕時計(2個)
□ イヤフォン
□ 新サラ特L
□ 出るとこ集中
□ TOEICノート
□ お茶
□ 目薬
□ 強強打破
□ ティッシュ
□ 折れない心

応援クリックお願いします。

再び書店イベントについてお知らせ

何件かお問い合わせをいただいたので、それぞの見どころを整理してお知らせします。

1. 『新刊出版記念 TOEIC新形式攻略のツボ、教えます 
     濵﨑潤之輔×八島 晶 特別セミナー』


・日時:11/28(月)19:00~20:30
・場所:三省堂有楽町店「第一会議室B(3F)」
・募集人数:70名
・応募条件:三省堂有楽町店で購入、または電話で購入予約された方
・詳細はこちらへ

このイベントの見どころは、HUMMERさんが私の、私がHUMMERさんの著作について語り合うというコーナーです。学習者視点ではなく、著者視点で相手の著作を見たときに、何がどう見えているのかを、包み隠さずお話ししたいと思います。本の制作の裏側に隠された著者の狙いを知ることは、きっと学習者にとって勉強のヒントになる気づきがあると思います。

また、普段はそれぞれ別のフィールドで活動しているHUMMERさんと僕が行うまったく異なるスタイルの講義を1度に聞ける機会は2度とないのでお楽しみに。

2. 『新刊出版記念 TOEIC劇的スコアアップ!
     八島 晶「文法強化」特別セミナー』


・日時:12/1(木) 19:30~20:30
・場所:紀伊国屋書店 新宿本店8Fイベントスペース
・募集人数:50名
・特別ゲスト:渋谷奈津子(Natty)さん
・応募条件:紀伊国屋書店 新宿本店で著作を購入、または電話で購入予約された方
・詳細はこちらへ

「Nattyは登壇するのですか?」というご質問を何件かいただきました。Nattyさんのファンなのでしょう。Nattyさんは登壇しますよ~。なので、Nattyファンの皆さまも奮ってご参加ください。そして語ります、文法問題を。リスニングセミナーの印象が強いNattyさんと、僕の異色のコラボレーションで「文法の基本問題を早く正確に解く」ための必須テクニックをお届けする予定です。

なお、いずれのイベントも残席ありです。

応援クリックお願いします。

読者さまからの感想、ご意見、質問(その2)



(以下のご意見、質問はご本人の了解をいただいて掲載しています)

Mさん
----------
(中略)
購入してまず、読者コラムを読ませていただきました。読むたびに自分もがんばろうと、やる気がわいてきます。コラムだけを載せた「コラム特急」があったら買いたいくらいです。
----------

コラムがよかった、という声は他にもたくさんいただきました。執筆していただいたのはいずれも「満点リスニング」「満点リーディング」を徹底活用されている方々です。この方の勉強法はぜひ紹介したい、と思った方にお声がけをさせていただきました。
「コラム特急」はなんだかほのぼのとしてますね。(コアラと似てるし)

----------
(中略)
私も読者コラムに載せていただけますか?
----------

わーお、積極的ですね。素晴らしい!

まずは「新形式リスニング」を徹底活用してください。そして、ブログ、twitterでその活用方法を紹介してください。それを見て、お声がけさせていただきます。

応援クリックお願いします。

読者さまからの感想、ご意見、質問(その1)



発売1週間を過ぎて、読者の方から感想、ご意見、質問をいただくようになりました。どんな事でもすぐに反応をいただけるのはとても嬉しく、本を書いてよかったなと思える瞬間です。

その中の質問、ご意見をご本人の了解をいただき、ブログで何回かに分けて紹介していきたいと思います。

K.Hさん
----------
(中略)
ところで、前作のようにズバリ問題は出題されるのでしょうか?出るとしたらどれですか?
----------


おっと、いきなり来ました(汗)
やはり気になりますよね。

問題作成にあたっては、出題傾向を十分に分析をして、私の独自の理論にもとづいて発売後1年以内に出題される可能性の高い予想問題を出題しました。決してパクリ問題ではなく、私のオリジナル問題なので某国の問題集のようなズバリ問題が出ることはないでしょう。ただし、近い問題が出る可能性は否定できません。
なぜなら、「新形式のバイブル」だからです。
(きたーーー)

誤解を恐れず、敢えて予想をしておくと、デジャブ感が強いのは以下の章でしょう。

第3章  パート2 の解法と対策
第5章  パート2 の予想問題と解説

(いーのか~)

応援クリックお願いします。

本日(11/12)10時から予約開始です!!



『新刊出版記念 TOEIC劇的スコアアップ!
     八島 晶「文法強化」特別セミナー』


このセミナーにご参加いただくには、本日10時以降に、

1)紀伊国屋新宿本店8Fで本書をご購入いただき整理券をもらう

または、

2)同店語学書売り場(03-3354-0758)に電話予約をして後に購入し整理券をもらう

ことが必要です。

セミナーでは本書に掲載したパート5の文法問題を使って、解説には書ききれなかった関連知識や解法のコツをお話します。そして特別ゲストにお呼びした渋谷奈津子さんと、それぞれの問題について、講師視点、アイテムライター視点でさらに深く掘り下げ、基本問題を高速に、罠にはまらないよう正確に解くコツについてディスカッションをしていきます。

・日時:12/1(木) 19:30~20:30
・場所:紀伊国屋書店 新宿本店8Fイベントスペース
・募集人数:50名
・特別ゲスト:渋谷奈津子(Natty)さん
・詳細はこちらへ

応援クリックお願いします。

「出るとこ集中10日間! TOEICRテスト 文法編」発売!

TOEICに出題される文法事項をふるいにかけて、それを鍋に入れて600点を取るために必要なエキスが抽出されるまでぐつぐつ煮込むようにして出来上がったのがこの本です。



さらに、「英文法が大嫌い」な方にも召し上がっていただけるよう、36個の解法のツボを直感的に理解できるようなイラストをトッピングしました。

image1.jpg

トーイッカーが大好きな難問は1問も入っていませんが、逆に言えば解けない問題、あやふやな問題があれば、そここそがスコアアップを阻害している文法知識の穴である可能性があるので、中上級者の方は基礎レベル診断としてご利用になれます。

どうぞよろしくお願いします!

応援クリックお願いします。

「Eメールライティングの極意~すぐに使えるコツのコツ~」

TOEICをガシガシやると、英語でEメールがある程度書けるようになっている自分に気がつきます。Part6、7の問題文としてEメールがたくさん出題されるので、基本的なフレーズが頭の中に自然とインプットされているからです。

でも、それは「ある程度」のレベルであって、わかりやすく簡潔なEメールが書けるようになるには、トレーニングが必要です。自分で書いたものを指導力のある方から適切なフィードバックをしてもらうのが最良のトレーニングです。

僕はネイティブのアイテムライターと頻繁にEメールのやり取りをする必要があるので、オンラインの添削などを利用してライティングのスキルアップをしている最中なのですが、イマイチ納得できないフィードバックをもらうことが多々あります。細かいフレーズの使い方ではなく、どうしてその書き方だと相手に伝わるのかという裏付けがないのです。

英文ライティングの入門書などを何冊も読み漁りましたが、僕が知りたい事を明確に書かれている本には巡り会えません。そんな時に、解決のヒントを教えてくれたのがTOEIC講師コミュニティで知り合った浅場眞紀子さんです。

ライティングやスピーキングには理論的な裏付けがあり、それに沿って指導をするというのが浅場さんの指導方針であり、理系脳の僕にはそれがストンと腹落ちしました。僕ら忙しいサラリーマンが学びたいのは単に英語が上手いという講師の経験ではなく「理論」に裏打ちされた「経験」なのです。

浅場さんは普段は大手企業で教えておられるので、一般の人が受講する機会はないのですが来月、こんな素敵なオープンセミナーが開催されます。

ライティングスキルのブラッシュアップをしたい方は是非お申込みください。次の開催は、未定でとのことです。なお、このブログの読者に限り、申込みの際に「八島の知り合い」と記入いただければ20%割引で受講できます。

応援クリックお願いします。

「サラリーマン特急 新形式リスニング」の音声

購入したよ!という連絡をたくさんいただきました。ありがとうございます。

印刷機の調子ががよく(?)、思いがけず早く刷り上がったようなので、大型書店を中心に販売が始まっています。

既に購入された方から「音声ファイルはまだ~」と問い合わせをいただいていますが、もうしばらくお待ちいただけますでしょうか。スミマセン。

なお、iPhoneをお使いの方は、無料アプリ「abceed」をお試しください。

アプリをダウンロードすると同時に音声ファイルもダウンロードされます。

大切な事をもう一度、言います。

同時に音声ファイルもダウンロードされます。

そして、解答もアプリ上でできます。

saratoku3.jpg

メチャメチャ便利です♪

是非、お試しください。

<追記>
abceedはandroidにも11月から対応済みです。
詳しくは、このページをご覧ください。

応援クリックお願いします。

【告知の予告】書店イベントのお知らせ

11月9日に西東社から私の4作目の著書となる「出るとこ集中10日間!新TOEICRテスト 文法編」という本が出版されます。そして、HUMMERさんの「マンガで攻略!はじめての新TOEICRテスト 全パート対策」という本が同じく西東社から出版されます。

発売を記念して、書店でイベントを開催することが急遽決まりました。

それぞれ開催日、開催場所、応募開始日、応募条件、応募方法などがが微妙に異なるので、よくお読みください。

1. 『新刊出版記念 TOEIC新形式攻略のツボ、教えます 
     濵﨑潤之輔×八島 晶 特別セミナー』

・日時:11/28(月)19:00~20:30
・場所:三省堂有楽町店「第一会議室B(3F)」
・募集人数:70名
・応募条件:三省堂有楽町店でHUMMERさん、または私の著作を購入された方
・正式告知:三省堂HPで明日(11/4)から
・応募開始:11/4(金)に書店へ電話で予約をして来店時に整理券配布
・詳細/申し込みはこちらへ


2. 『新刊出版記念 TOEIC劇的スコアアップ!
     八島 晶「文法強化」特別セミナー』


・日時:12/1(木) 19:30~20:30
・場所:紀伊国屋書店 新宿本店8Fイベントスペース
・募集人数:50名
・特別ゲスト:渋谷奈津子(Natty)
・応募条件:紀伊国屋書店 新宿本店で私の著作を購入された方
・正式告知:紀伊国屋書店HPで明日(11/4)から
・応募開始:11/12(土)から店頭、または電話で受付
(書籍は11/9 or 11/10に店頭に並びますがその時点では整理券はお渡しできません)
・詳細はこちらへ

詳細は明日(11月4日)に三省堂、紀伊国屋のイベントページで告知される予定です。告知されましたら、ここでもリンクを紹介しますので、それまでは書店への問い合わせはお控えください。

師走の平日開催です。お忙しいとは思いますがどうぞよろしくお願いします!

IMG_0524D.jpg

IMG_0416.jpg


応援クリックお願いします。

『初めての英語プレゼンを成功させる技』の紹介

企業向けのTOEICセミナーをやった後に、受講者から様々な質問をいただきます。セミナーで取り上げた内容だけではなく、ご自身の英語に関する悩みや相談をいただきます。その中で、毎回と言っていいほどいただくのが、「英語でのプレゼンをどうやって学ぶか」という質問です。

サラリーマンが英語と向き合うことになった時に、身につけたいと思うスキルは、「会話力」よりもむしろ「プレゼン力」というケースは多いのではないでしょうか。

・日本に来た外国人のお客様に英語で説明をする
・テレカン、ビデオカンファレンスで海外の人に英語で説明する
・海外出張の会議で英語で話す

などなど、サラリーマンは英語で何かを説明しなければならない場面に多く直面するからです。

僕も何度か経験があるのですが、リハーサルで英語の上手い同僚からダメ出しされるのは「日本語のプレゼンとは違う、英語のプレゼンのお作法」なのです。「そのやり方だと、絶対に伝わらないよ」とさえ言われてしまいます。

その違いとは、「英語のロジックの作り方」や「英語のパワポの構成の仕方」などなどです。指摘をしてもらうと、「なるほど、それは日本語のプレゼンとは違うな」という点が確かにあります。

先月の綺語向けセミナーで「英語でのプレゼンをどうやって学ぶか」という質問をいただいた時に紹介したのは、このセミナーです。

【初めての英語プレゼンを成功させる技】 2016/11/9, 11/16, 11/23

※セミナーの直リンクが貼れないようなので、上記リンクで表示されるページの「詳細・お申込みはこちら」のボタンから辿ってください

講師の愛場吉子さんは、企業や大学院で「英語のプレゼン術」を教えているプロ中のプロです。プレゼンの本も執筆され、お話も伺ったことがあるのですが、英語のプレゼンというジャンルにおいて、最もロジカルにそのポイントを解説していただけるのが愛場さんだと僕は思っています。

セミナーはまだ残席があるとのことなので、「英語のプレゼン」に興味がある、あるいは課題を抱えておられる方は是非このセミナーを受講されることをお勧めします。

なお、今回に限り、お申し込みの際、備考欄に「八島の知り合い」と記入いただければ、20%割引で受講できることになりました。

なお、講師プロフィールに美しい写真が載っていますが、実物はもっと美人です。男性の方、そして女性の方も奮ってご参加ください♪

応援クリックお願いします。

ブログ開設8周年(+1日)

ブログを始めた8年前は、自己ベストがまだ800点台の頃で900点の壁に跳ね返されてもがいていた頃でした。今ほどTOEICに関する情報がたくさん無かった時代なので、HUMMERさん、Tommyさん、masamasaさんなどのブログを読み漁っていました。

僕がブログを始めたのは、神崎先生の「絶対語彙力主義(通称:うーご)」をブログで紹介すると、本がもらえるというキャンペーン(ウゴキャン)に応募するためでした。ブログを起こして記事を書いたら、本当に神崎先生から直に本が送られてきました。

本をもらうという目的は果たせたので、ブログはすぐに閉鎖する予定だったのですが、思いがけず記事にコメントをもらって嬉しくなり、しばらく書き続けていたらあるブロガー(今はTOEIC講師)からオフ会へ招待してもらい、ブログにはまっていったのでした。

ブログを8年も続けてこられたのは、ブログを訪問し記事を読んでいただける読者の方々のおかげです。ブログはネットに公開された自分日記ではなくて、誰かに何かを伝えるために書いているので、コメントをいただいたり、「読んでるよ」という反応こそが記事をかくモチベーションの源です。

最近は、主にお知らせ記事や、公開テストの感想が中心になっていますが、また攻略法や解法のマニアックな記事も書きたいとな思っています。本には書けないけれど、ブログだからこそ書けるというネタはたくさんあります。

来年の今頃になると思いますが、このブログのある連載記事がモチーフになった本が出版されることになりました。今、全体の構成を練っているところなのですが、僕自身が早く読みたいと思うような本が出来上がりそうな予感です。

9年目の当ブログをどうぞよろしくお願いします。

応援クリックお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: