FC2ブログ

ありがとうございました、本当にありがとう!

第9回花田塾チャリティーセミナーは盛会のうちに無事行われました。

今年は辞書を使ったパート5の復習法を披露しました。地味めな内容なので、はたして反応はどうだろうかと気をもんでいたのですが、セミナー終了後に「すぐに実践してみる」「新しい気づきがあった」とフィードバックをいただいて一安心でした。

SNSでも多くの方から「今年もよかった」「ありがとう」というメッセージを発信していただいています。

でも、こちらからもありがとうと感謝を言わせてください。

"Be the light"のビデオを皆でみて、あの未曾有の震災のことを想い、黙?を捧げ、皆でTOEICを学び、TOEICで笑い、熱いメッセージに皆で涙をしたあのセミナーは皆で作り上げたものだと思いました。

明日から令和に時代が移りますが、引き続き、自分ができることで被災地の応援を続けていきたいと思います。

z2.jpg
(花田先生とのダブル解説)

oj2.jpg
(久々のサラ回しトレーニング)

応援クリックお願いします。

「金のセンテンス」を味わい尽くす

最近、一番勉強しているのはこの本です。



と言うか、これしかやっていません。それくらいハマっています。

見出し語のレベルが金フレよりも難しめに設定されていて、出題例に沿っているのでとても勉強になります。(先日どこかで見かけたmuralもしっかり掲載されていますね)

見出し語だけでなく、同義語、類義語、反意語も覚えようとしています。解説の中で動詞の語法については、自分でも辞書を数冊引いて用例を確認しています。

【軽くお知らせ】明日のチャリティーセミナーでは僕の辞書の使い方を紹介しようと思います。電子辞書や、辞書アプリなど持参できるとより楽しめると思います。

そして、音声ファイルもフル活用しています。音声ファイルは「基礎版」「日英版」「英語版」と3種類ありますが、僕は「基礎版」を活用しています。

今は、例文のリッスン&リピート(英文が流れた後に、何も見ないで自分で繰り返す)をやっています。金のセンテンスの例文は非常によくできているので、例文単位で学ぶことで解説されているポイント以外の重要なフレーズやコロケーションが学べます。最終的には360例文を丸ごと暗記したいと思っています。

ではでは。

【余談】面白い解説が多いのですがNo.25の異彩を放っている解説が好きです

応援クリックお願いします。

【重要】花田塾チャリティーセミナーに申し込みの皆さまへ

申し込みをした後に都合により参加できなくなった、あるのは参加できそうにない方は、早めにキャンセルをしていただけると助かります。

現在、キャンセル待ちの方が16名いらっしゃいます。

一日でも早くキャンセル待ちの方が繰り上がって参加できるようになると、その分だけ、多くの寄付金を被災地に贈ることができます。

キャンセルを待っている方々の中には、どうしてもチャリティーセミナーに参加して被災地の支援をしたいとう方が多いのですが、それでも1日でも早く参加枠が空いた方が参加しやすくなります。

例年、直前のドタキャン、連絡なしで不参加になってしまう方のために、本来は参加できたのにキャンセル待ちのまま参加できない方々が生じてしまっています。

チャリティーセミナーの開催趣旨をご理解のうえ、早めの意思表示をお願いいたします。

---

セミナー、セミナー、セミナー

今年度のセミナーシーズンが本格的に開幕します。

今週:専門学校生(100名)向けTOEIC入門講座

来週:花田塾チャリティーセミナー(100名)

来月:大学生(50名)向け就活に活かすTOEICセミナー

などなどです。

セミナーの事前準備は色々とやることがあります。

・(主催者と)セミナーの目的、参加者、期待値の確認
・講義概要の作成、確定
・コンテンツの素材収集、厳選
・問題の作成、編集
・音声ファイルの作成、編集
・回答用紙の作成
・講義用スライドの作成
・アンケート用紙の作成
・配布物、スライドの整合性確認、校正
・リハーサル、ランスルー(通し稽古)
・(グループワークがある場合)チーム編成案
・(グループワークがある場合)グループワーク資料の作成
・(グループワークがある場合)アワード賞品の準備

などなどです。

大人数のセミナーでインタラクティブ(双方向)の要素を入れようとすると、必ず想定外の出来事が起こるので、それを予測してプランB(代替策)を用意しておく必要もあります。

このように書き出すとかなり大変そうですが、人前で話しをするよりもむしろ事前準備の方が好きなくらいです。そして、事前準備は色々な調べものをするので、英語の勉強になります。

今年後半になったら、久々にオープンセミナーが企画できたらいいな。

ではでは。

応援クリックお願いします。

第239回 TOEIC公開テスト 感想

【パート1】 普
人が写っていない写真の問題は、2択で迷った方が多かったのではないでしょうか。

【パート2】 普
最初の問題からブチかましてきましたね。ビックリしました。

【パート3】 【パート4】
地図の問題は最後までよく聞かないとヒッカケになる選択肢がありました。

【パート5】
最近の中では最も易しめのセットでした。文法、語法は基本問題、語彙問題も易しめでした。

【パート6】
文挿入が1問迷いましたが、見直しして自信を持って選べました。

【パート7】
素直な問題が多めでしたが、DPの1セットでクロスリファレンス問題が見つかりませんでした。初のパターン?または、僕の読み間違えでしょうか?読み間違えでしょうね・・。

【感想】
・受付の際、自分の名前に(6)と鉛筆で書かれているのに気が付いて、「あれ?要注意人物?」と一瞬焦りましたが、受付の人に「6列目の先頭の席ですよ」とガイドしてもらえました。これは、良い工夫ですね。

・IIBC製の音質の良いスピーカーでした。しかも、真ん前の席だったので、クリアに聞こえました。

・キーが高くて早口な女性がパート1から登場していました。上級者向けの問題担当ではないでしょうか。当面、要チェックです。

応援クリックお願いします。

第239回 TOEIC公開テスト 当日

春夏5連戦の第2戦です。

公開テストを毎回受け続けていると、わずかな変化を感じます。

特に、上級者向けの問題は試行錯誤を加えながら進化をさせているようです。

パート2には問題作成者の明確な意図が感じられます。

パート7も、そんな気配があります。

現時点では、あくまでも、僕の仮説に過ぎませんが。

全力受験をして、それを確かめ、今後の著作やセミナーに盛り込んでいきたいと思います。

本日受験される皆さま、共に頑張りましょう!

【持ち物】
□ 受験票
□ 運転免許証
□ 筆記用具(2セット)
□ 腕時計(2個)
□ イヤフォン
□ サラ特新形式リーディング
□ 600点奪取の方法
□ Reading glasses(正解が見える眼鏡)
□ お茶
□ 目薬
□ チョコレート
□ ティッシュ
□ 折れない心

応援クリックお願いします。

「サラリーマン特急 新形式リーディング」を完璧にやり込む

Aさんから嬉しいスコアアップ報告をいただきました。長らく停滞していたRのスコアが伸びてトータルスコア900点を突破です。



Aさんは、まえがきの「TOEIC学習者3000人に向き合ってわかってきたこと」を読んで、これだ!と思い、サラリーマン特急を完璧にやり込もうと決意されたとのこと。

その完璧にやった方法を聞いて、ビビりました。

1)ミニ模試をDay1~Day10まで繰り返し解いた(何周解いたかは記録していなかったので不明、少なくとも30周以上は解いた)

2)860点の目標解答時間以内に解いて、全問正解できるまで繰り返した

3)語注の訳語を見えない状態にして、1秒で訳語が言えるようにした

4)「TOEIC頻出フレーズで覚えよう」のフレーズを丸ごと暗記した

5)「TOEIC頻出フレーズで覚えよう」の動詞の語法、コロケーションを辞書で調べた

6)パート5、6は選択肢を見ないで空所に正解を入れられるようにした

7)パート7の本文を語順のままに理解できることを意識しながら音読した

8)パート7の音声ファイルを聞きながらオーバーラッピングした

著者の想定を完全に超えた、サラリーマン特急の活用方法です。どれも凄いですが、特に3)、4)、5)は驚きました。

1冊の本を徹底的にやるというのは、自分が接する問題数、文章量、単語数が限られということなので、根気だけでなく、その本を信じ切るという勇気が要ります。

Aさんのレベルまでやり込むことによって、問題演習だけでは身に付かない深い気づきと、応用力が身に付くのでしょう。

これからも、徹底的にやり込んでもらえるような作品を世に出していきたいと思います。

ではでは。

応援クリックお願いします。

学び、気づき、落とし込む

先週末は、英語の発音について学びにセミナーに参加してきました。

自分の発音を日本語式発音からなんとかしたいというのもありますが、英語の音の仕組みについて学びたいというのが主な目的です。

セミナーの講師はこの本の著者、小川直樹先生です。



(オレはL&R専門だぜ、発音なんかカンケーネー、というトーイッカーの方でもリスニング力を高めたいというのであれば、一読をおすすめします)

小川先生の発音セミナーにはこれまで何度か参加しましたが、参加するたびに目からウロコが落ちるような気づきがあります。

今回は、聞こえにくい音、単語はなぜ生じるのかという仕組みと、その標準的なルール、特殊例を学びました。

最近、時々TOEIC公開テストに登場して受験生を悩ませるあるナレーターの発話が聞き取りにくいのは、なぜなのだろうとずっと考え続けていたのですが、「これだったのか!」という気づきがありました。

それについては、もうしばらく検証して、TOEIC学習者にとって有益な情報に仕立てなおして著作などで公開したいと思います。

ではでは。

応援クリックお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: