FC2ブログ

TOEIC L&R IPテスト(オンライン)について

TOEIC学習者にとっては興味津々だと思いますので、実施内容などについて、ポイントとなる点を共有しておきます。(情報制限はかかっていないようですが、何か指摘があれば削除するかもです)

・案内が送られてきた人のみが応募可能
(受験回数やTOEIC愛などは関係なさそうです)

・実施日は9月26日(土)の午前、午後の2回

・1回あたり2時間版と1時間版の両方を受験する必要がある
(総所要時間は4時間半!)

・先着順で受け付け、定員になったら締め切る

・午前、午後は希望できるがどちらになるかは抽選

・受講にはPC、スピーカ、カメラ、Zoomが必要
(タブレット、スマホは不可)

・受験中はカメラで試験官からモニターされる

・Zoomの仕様により受験中の自分の様子は他の受験生から見られる
(これは、ちょっと恥ずかしいね・・)

・費用は無料

・結果は専用形式で、公式認定証は発行されない

※以下は私見です※
これはTOEICが今後も、いつでもだれでも受験できるテストとして生き残るための施策だと思います。数回繰り返して、運営上の問題点を洗い出し、改善して本番導入の判断をするのでしょう。会場で受ける今までのTOEICとは雰囲気が変わってしまいますが、現状のような抽選制のTOEICよりは、絶対に良いと思います。

---

応援よろしくお願いします!

「壁越えトレーニング Part 1-4」をやってみた!



この本はじっくり取り組もうと思っていたのですが、ネット上ではすごい勢いで解き始めている方もいるので、居ても立っても居られなくなり、週末にパート2まで一気に解いてみました。いいな、と思った点を3つ紹介しておきます。

まず第一印象ですが、「診断テスト」がよくできていると思いました。これは単なるミニテストではなくて、中級者が苦手としそうな点を共通化した上で、解説するポイントから作問してあるので、まったく無駄のない問題構成となっています。また、中上級者でもうっかりしていると聞き漏らしがちな単語が織り交ぜてあって、非常に高品質な問題が揃っています。ここまで凝って作ったのは、学習者が繰り返し音声を使って復習することを想定して設計したのでしょう。

例題の解説は、基本的な事項から丁寧に書慣れてます。これは中級者があっさりとやり過ごしてしまいがちなパート1、2の基本問題にも、基礎的な穴がないかを再確認して欲しいという著者のメッセージだろうと理解しました。また、設問タイプごとの頻出表現や、言い換え表現がタップリ書かれているので復習の際に役立ちます。

リスニング対策本としてはとても重要な音声も非常に高品質。ナレーターを厳選して、なるべく本番に近い発話の速度や、音の繋がり、消滅を再現されています。経験値の高いナレーターに頼むだけでは本書のような良い録音はできないので、おそらく入念な準備と細かい指示をされたのだと察しました。(オーストラリア男性もいい感じで、僕もいつかこの方に頼んでみようかと思いました)

残りの部分をやり切ったら、「英語の友」を使って音声の聞き込み、シャドーイングの素材として活用させていただこうと思います。

ではでは。

---

応援よろしくお願いします!

TOEIC先行申し込みの手順と注意点について

2020年8月3日 正午12:00から第253回TOEIC L&R公開テスト【2020年10月4日(日)】の先行申し込みが行われました。

先行申し込みというのは初めての制度なので、気が付いた点についてここで共有しておこうと思います。

まず、先行申し込みのサイトに行きつくにはIIBCのサイトにログインする必要があります。先行申し込みの案内メールに示されているリンクを踏んでもIIBCのトップページに誘導されるだけで、そこには先行申し込みの表示があるわけではありません。ここは要注意ポイントです。

トップページの上段にある「ログイン」からログインをした後に、10月4日の開催案内のページに行くと、そこに【バウチャー申し込み】というボタンが現れます。そのボタンを押下すると、バウチャーコードを入力する画面が現れます。先行申し込みが可能なバウチャーコードは第248回(2020年3月8日)、または第249回(2020年4月12日)のいずれも入力可能です。

後は、受験地をプルダウンメニューから選択して申込完了となります。

私はログインできたのが12:12で、その時点で「京都」の会場はグレーアウトされていたので満席になっていました。12分間で京都のすべての会場が満席になるとは思えないので、先行申し込みの定員枠が設定されているのだと思われます。(ちなみに、振替受験のバウチャーコードは一般申込でも利用可能と明記されています)

10月4日の回は受験会場が限られていて、そもそも他県への遠征ができずにバウチャーコードが使えない方も多くいたはずなので、しばらくはこの先行申し込みという制度が継続していくのではないでしょうか。

この記事の内容が、今後、先行申し込みされる方の参考になれば幸いです。

---

応援よろしくお願いします!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: