FC2ブログ

オンラインTOEICを受験して思ったこと

【受験環境】
PC : ThinkPad X1 Carbon
モニタ : PC付属の14インチモニタ
スピーカ:PC付属の内臓スピーカ

【リスニングセクション】
あえてパソコンの内臓スピーカを使って受験してみましたが、会場のスピーカよりもクリアに聞こえるので、なんだか自分のリスニング力が上がったような錯覚さえ覚えます。イヤフォンを使ったり、外部スピーカーを使えばさらにクリアに音声が聞こえる環境を用意することもできます。会場受験だと、スピーカーの性能や座席位置によってバラつきができるのに比べると、公平性という点でとても良いと思いました。

パート3、4は先読みができないような仕様になっていました。画面が切り替わるといきなり、”Question 71 through 73・・・"というディレクションが流れるので、どんな強者でも最初の設問と選択肢くらいを先読みするのが限界だと思います。そもそも、14インチの画面だと2問目くらいまでしか1画面に表示されないので、3問目の設問、選択肢を読むにはスクールしないといけないのです。

なので、僕は先読みをやめて、音声を最後までしっかり聞いてから、1問目から順番に解くようにしました。会場受験の時でも、先読みペースが乱れた時には先読み無しで解いていたので、ある程度は対応できていました。むしろ、先読みというテクニック無しで、3問がスパッと解けるとなんだか気持ちがよかったりします。ただし、意図問題だけは該当するフレーズを先読みしておきました。

そして、厳しかったのがグラフィック問題です。画面左側にグラフィック、右側に設問、選択肢が表示されるのですが、いつもの癖で設問、選択肢を先読みしてからグラフィックの見るべきポイントに視点を移す、というようなことをやっていると集中力が切れて音声を聞き逃しそうになります。グラフィック問題も一切先読みをやめて、グラフィックを見ながら音声に集中するか、先読みをするのであれば工夫が必要だと感じました。

【リーディングセクション】
リーディングセクションはリスニングセクションと違って、Nextボタンを使って問題を進めたり、Backボタンで前の問題に戻ることができるようになっています。また、気になる問題にマークを付けることができて、後での見直しができる機能が付いています。これは便利ですね。画面の文字が小さいので、ローガンズにとってはパート7の後半からキツくなりますが、これは会場受験でも同じことです。

パート7のMPは、画面左に文書、画面右に設問が表示されます。14インチのモニタだと、文書も設問も1画面に表示されないので、スクールをさせないと全ての問題を表示することはできません。これは、サイズの大きな外部モニターを使えば、表示領域が広くなるので、不便さを解消できるはずです。

2時間版のテストは、200問まで解き終えたのが終了時刻5分前。マークを付けた問題を見直してテスト終了。最終ページに移ろうとしたところ、画面中央にポップアップメニューが、、、未回答の問題があったのです。パート7で下の方までスクールしなかったので、読み飛ばしていたようです。残り時間で読み直してギリギリで解答しました。

【猛反省】
休憩をはさんで、午後は1時間版テストを受験しました。午前中の2時間版でオンラインテストのコツと、画面操作の方法はマスターしたので、サクサクと解答することができました。

パート1に1問、画像が不鮮明なため微妙な問題がありましたが、意図問題、グラフィック問題はサクサクとクリア。パート5は易しめのセットだったので、ここで気が緩んだのでしょう。解答スピードを抑えて、パート6、7を時間通りに解き終えて、テスト終了画面に進もうとしたところ・・・

「未回答の問題があります」(原文は英語)

画面を戻して、2問、未回答の問題があることを確認したところでテスト終了でした・・・。

*****

【全体を通して】
事前説明、音声、画面などはまったく問題なく、運営については素晴らしいと思いました。受験する環境によってはトラブルが生じるリスクはあるでしょうけれども、それは会場受験でも同じことです。運営コストはオンライの方が低いはずなので、公開テストのオプションの1つとして通常の半額くらいで受けられるようになるといいと思いました。

---

応援クリックよろしくお願いします!

TOEIC L&R IPテスト(オンライン)当日

幸運にも本日(9月26日)の午前回に当選しました。

本番のテストは1月以来なので、昨日くらいからソワソワ、そして今朝は3時くらいに目が覚めてドキドキしています。自宅でTOEICテストが受験できるなんて、そして1日に、2時間版、1時間版の2回受験なんてサイコーです。

8:30~9:00 集合
9:00~9:15 インストラクション
9:15~11:15 2時間版テスト受験
休憩
12:10~12:20 インストラクション
12:20~13:20 1時間版テスト受験

PCの画面を見ながら解答するのですが、パート3、4の先読みはどうやってやるのだろうとか、パート7のMPの解きやすさ(にくさ)は、など気になっている点もチェックしてみたいです。

トライアル的な位置づけなので、終了後には(建設的な)改善点をまとめて、実施団体にフィードバックしようと思っています。このオンライン方式が本テストのオプションとして選択できるようになれば、受験機会が増えて、受験生にとってメリットになりますから。

ではでは。

---

応援クリックよろしくお願いします!

ちょっと複雑になったTOEICリピート受験割引を整理してみた

「リピート受験割引」とは1年前の同月に公開テストを申し込んでいると、割引価格(5,846円)で受験ができる制度のことです。

私は2019年11月24日に実施された第245回に申し込みをしたので、その1年後の2020年11月の公開テストは割引価格で申し込みができます。本日(9月24日)から2020年11月15日 午前の受付が始まったので、申し込んでみましたが何の手続きをすることもなく、定価の6,490円ではなく、5,846円で申し込みが完了しました。

さて、実はリピート受験割引が地味に変更になっていて、「1年後の同月から3ヵ月間に実施する公開テストのうち1回が割引対象」になっています。

ここからがちょっと複雑なのですが、新制度の適用開始時期は「第243回公開テスト【2019年9月29日(日)】にお申し込みいただいた方」となっているのです。

私は2019年9月29日の公開テストも受験していて、その権利があるので、2020年9月、10月、11月の公開テストに2019年9月29日の権利を使ってリピート受験割引を受けることができるのです。

あれれ、ということは2020年11月の申し込みは「2019年11月」の権利なのか、「2019年9月29日」の権利でリピート受験を受け付けてくれたのか、どっちなのでしょうかね??もし「2019年11月」の権利で受付られていたとすると、「2019年9月」の権利の有効期限は2020年11月までなので、消滅してしまいます。そして、もし抽選に外れた場合、「2019年11月」の権利は、3か月後の2021年1月まで有効なのか、など謎が深まります。

「毎回受験が普通なので、同年同月の権利を常に持っているので、それを使えばいいだけじゃん!」というツッコミがありそうですね。確かにその通りです。

ただし、前年同月のテストがそもそも開催されていない2021年2月28日の申し込みについては、覚えておいた方が良い事があるのです。2020年2月には公開テストが行われていなかったので、普通に申込をすれば6,490円で受付られてしまうはずです。この時に使えそうなのが、2019年7月28日に受験をした人に配布されているバウチャーがあるのです。このバウチャーは4月6日にメールで配信されてきました。このバウチャーの有効期限は2020年6月~2020年11月だったのですが、定員制(抽選)が終わるまでに延長されているのです。未使用な方は、これを使わない手はないですね。

ではでは。

---

応援クリックよろしくお願いします!

TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズが来るぞ!

いや~、ついに明日、コイツが発売になりますね。



僕は、発売前にRabbitさんから献本いただいていて、1ページずつ、じっくりじっくり味わってRound2まで読み終えました。もったいなくて、とてもじゃないけど一気に読むことなんてできません。名作、良書は読み終えたくないものなのです。

Rabbitさんからは特急シリーズで上級者向けの単語本を書いているとは聞いていて、もうそれだけでも楽しみだったのですが、どんな本に仕上がるのか、僕が注目していたのは次のポイントでした。

※まだ未入手、未読の方がほとんどなので、ネタばれにならないように書いていますのでご安心ください

- 単語のセレクション
上級者向けということで、公開テストでこれまでに出題された難単語がどれくらい含まれているのかが気になっていました。僕もそういう単語をいくつか収集していますが、その中でもこれは載せて欲しいという単語をチェックしてみましたが、全て採用されていました!!

- 単語の並び
既存の単語本では、レベル別、頻度順、パート別など様々なパターンがありますが、実践的、そしてユーザー目線のユニークな並び順でした。未読の方は、ご自身で確認していただき、もしどうしても知りたいという方はRabbitさんブログのこの記事を読んでみてください。

- 訳語の選択
言わずもがなですが、単語の意味は1つには決まらず、辞書では使用頻度順に訳語が分類、解説されています。でも、TOEIC学習者にとって、ぶっちゃけ知りたいのは、「TOEICではどの意味で出題されるのよ?」ですよね。本書では、ズバリ、TOEICで出題される訳語だけが載っています。これはスゴイ事です。TOEICに関する深い知見と、ゆるぎない自信が著者にないとできないのですから。

- コロケーション
英語では動詞と名詞の組み合わせ、形容詞と名詞の組み合わせはある程度決まっていて、その組み合わせのことをコロケーションと言います。よく出来た単語本の例文はコロケーションの選択がとてもよくできています。そして、よく出来たTOEICの単語本とは、TOEICの出題範囲においてコロケーションの選択が巧いのです。僕はこのTOEICにおけるコロケーションにはかなりうるさい(こだわりがある)のですが、Round2までみた中では全く違和感がありませんでした。

- 補足情報
そして、単語本を繰り返して使う場合のやりこみ要素として、類語、派生語の選択がとても重要です。上級者にとってはこれこそが学びの宝庫なのですが、本書では決して総花的にならず、学習者目線で大胆に取捨選択がされて解説されています。混じりけのない、そしてキレのある純米大吟醸、そんな感じです。

まだまだ、本書については書きたいことがあるのですが、まずは手に取って内容をご覧になってください。

Rabbitさんブログでは本書に隠されたヒミツが徐々に公開されてきましたが、おそらく公開されることのない、分かる人だけが分かるヒミツがまだまだ隠されていると、僕はにらんでいます。(ニヤリ)

---

新刊発売記念クリックよろしくお願いします!

第252回 TOEIC公開テスト(注意事項あり)

昨日からTOEIC界隈のSNSがザワついていました。それはもちろん、1月12日に実施されて以来、8か月振りの公開テストが実施されるからですね。今回、僕は受験できませんが、朝からソワソワしています。←なんで??

全国的に天気はイマイチですが、無事に開催され受験される皆さまが十分に実力を発揮して、TOEICテストを堪能できることを祈っています。

そして、新しい生活様式になって初めての公開テストで、受付や会場の様子など、運営にどんな変化があったのかをレポートしていただけるのを楽しみにしています。

なお、2020年4月以降(実質的には今回から)、身分証明書として社員証が認められなくなった点にご注意ください。

IIBCのサイト:2020年4月より受付時に認められる本人確認書類が変わります

【持ち物】
□ 受験票
□ 身分証明書
□ 筆記用具
□ マスク
□ 腕時計
□ 上着
□ イヤフォン
□ 飲み物
□ チョコレート
□ ティッシュ
□ 折れない心

---

応援クリックよろしくお願いします!

プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: