リスニングのメカニズム

→(音が聞こえる)→(意味が分かる)

以前に書いた記事でリスニングの仕組みを単純化して解説してみましたが、言語学と脳科学を勉強しているうちに、実際にはもう少し複雑なメカニズムであることが分かってきました。

人間の脳には、「文法」「音韻」「語彙」を理解する部分が存在していて、リスニングの際にはそれらが相互に連携しながら働いてます。
語彙

即ち、バケツリレーのように、音を処理したら、次は意味を処理する、というように順番に処理が進んでいくのではなく、同時に、しかもそれぞれが協力をしあって処理をしているのです。

(音韻)←→(語彙)の例を上げてみます。

Yuko will 「ア・・ 」the ceremory with OJiM.

「ア・・」の部分の音がハッキリと発音されなくても「attend」と聞こえるのは(語彙)が(音韻)を助けているからです。

(文法)←→(語彙)の例を上げてみます。

Yuko gave OJiM 「・・・・」.

文法知識として、(give 人 物) というルールを知っている人が、Yuko gave OJiMまで聞こえると、次に名詞が来ることが予測できます。更に、OJiMの誕生日という文脈であれば、プレゼントに関連した名詞であることを予測することが出来、また、完全に聞き取れなかった場合には補足することが出来ます。


リスニングのメカニズムに私がこだわり続けているのは、以下のような疑問に自分なりの解答を見つけ、より効果的なトレーニングを実践するためなのです。

キモチを込めた音読とは何なのか?

英語の聞き流しは意味が無いのか?

暗唱がリスニング力向上に効果的なのはなぜなのか?


それらは全て、上の図によって理論的に説明が可能だと思います。リクエストがあればいずれ記事にまとめたいと思います。最近、出番の少なくなった優子シリーズで(笑)

<7月14日 追記>
いきなり「音韻」と書きましたが、「音韻」は「音声」とは異なります。上の図で表すとすると、「音韻」の前段で「音声」が処理されていると考えてください。例えば、「ア」という音声が耳に入った後に、日本語の「あ」なのか英語の「a」なのかは「音韻」処理によって決定されています。

英語の初心者がCNNを聞き流すトレーニングを毎日続けたとしてもリスニング力が1ミリも向上しないのは明白です。これは、CNNが音声として処理されているだけで、「音韻」「語彙」「文法」としてはまったく処理されていないからです。

これは極端な例ですが、では、自分が行っているトレーニングはどこで処理されていて、それはリスニング力の向上に効果的なのかどうかを考えてみるのは面白いと思いませんか?

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: