国際花子の謎

国際花子が初めて我々の前に姿を現したのは、2007年2月20日発行の公式問題集Vol.2、公式認定証の解説ページ(P10)である。髪型はセミロング、清楚な感じのかなりの美人だ。生年月日は1985年5月1日とあるので28才。第122回(2006年5月28日)の公開テストを受験し、トータルスコアは550点、リスニング300点、リーディングは250点。いずれもほぼ受験者平均の点数であった。

次に国際花子が現れたのは、2008年3月31日発行の公式問題集Vol.3の公式認定証の解説ページ(P12)である。第130回(2007年5月27日実施)を受験し、トータルスコアは550点、リスニング300点、リーディングは250点と前回と全く同一のスコアであった。しかも驚くべきことに、アビメも全く同一であった。これは偶然ではなく、意図的にこのスコアを取りに行って取ったと考えるのが自然であろう。つまり彼女は、自由自在にスコア、アビメをコントロールできる程の卓越した英語力、TOEIC力を持っているのだ。こんな芸当が出来るのは、国際花子の他には、ヒロ前田先生しか知らない。

第162回(2011年5月29日実施)からはテスト結果通知に同封されてくる公式認定証の見方にも彼女の公式認定証が登場するようになった。ここには第130回の公式認定証が載っているので、これが最新のものだとすると、彼女は4年間も公開テストを受けていないことになる。あるいはその間にも受け続けていたが、同一スコア、同一アビメが取れなかったのかも知れない。もしそうだとすると、その間の彼女の苦悩を推し量ると心が痛む。

そして、彼女が次に同一スコア、同一アビメに成功するのが第170回(2012年5月27日)である。ただし、この回から生年月日が1990年5月1日に変わっているのだ。彼女が何らかの理由で年齢を詐称したのか、あるいは、IIBCが同姓同名の別の国際花子の公式認定証を採用したのかは不明である。いずれにしても、その裏側を探っていくと何かドラマがありそうで興味深い。

それ以外に国際花子について判明しているのは、住所がIIBCとほぼ同一であるという事。IIBCは東京都千代田区永田町2-14-2山王グランドビル、国際花子は東京都千代田区永田町2-14-2となっている。彼女がIIBCの職員であると解釈も出来るが、TOEIC好きが高じてIIBCの近くに居を構えているとも考えられる。

今後も国際花子の動向については見守っていくつもりであるが、彼女に関して何かご存知の方は、情報をお寄せ願いたい。

以上

kokusai.jpg


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

花子さん情報

OjiMさん、さすが目の付けどころが違いますねぇ(笑)

因みにSWセミナーで入手した2012/08/01 10:00実施のSWテストのcertificateにおいて国際花子さんの生年月日は
1983/05/01
です。

OjiMさんが掲載している写真とSWのcertificateの写真が殆んど一緒に見えるのですが、SWの写真は試験当日に会場で試験監督者が撮影するので、国際花子さんはヘアスタイルは"一糸乱れぬ"といえます。

住所は同じく山王グランドビルです。
このビルは雑居ビルで、私の記憶の範囲でも医院とサウナのような銭湯のような施設がありました。なので、花子さんの居住地や職業についても色々な可能性がありそうですね。

むむむ・・・。

OJiMさん

国際花子、そうですか、そうきましたか?

僕も気にはなってはいましたが、生年月日まで細かく見てはいませんでした。

そうかあ、だからPART7でひっかかるんだな・・。細部まできちんと見ないとダメダメですね、うん・・・。

次回は公開テストのPART1の練習問題に写っている写真について記事にしてください、是非っ!

Re: 花子さん情報

haruさん、

> 因みにSWセミナーで入手した2012/08/01 10:00実施のSWテストのcertificateにおいて国際花子さんの生年月日は
> 1983/05/01
> です。

うむむ、これが正しいとすると満30歳ですね。
一体どれが本当なのだろう、いや、三人目の国際花子がいるのでしょうか??

> OjiMさんが掲載している写真とSWのcertificateの写真が殆んど一緒に見えるのですが、SWの写真は試験当日に会場で試験監督者が撮影するので、国際花子さんはヘアスタイルは"一糸乱れぬ"といえます。

服も同じなんでしょうね?
国際花子はTOEICにハマリすぎてファッションに興味が無いのか?
あるいは、逆にTOEIC用の勝負服にこだわっているのか?

> 住所は同じく山王グランドビルです。
> このビルは雑居ビルで、私の記憶の範囲でも医院とサウナのような銭湯のような施設がありました。なので、花子さんの居住地や職業についても色々な可能性がありそうですね。

haruさんの情報提供によって、ますます、謎が深まりました(笑)

Re: むむむ・・・。

Rabbitさん、

> 僕も気にはなってはいましたが、生年月日まで細かく見てはいませんでした。

DPの両文参照型問題で狙われそうですね^^;

> そうかあ、だからPART7でひっかかるんだな・・。細部まできちんと見ないとダメダメですね、うん・・・。

いえいえ、私が既にETSの罠にひっかかっているのかも知れません。国際花子は実は・・

> 次回は公開テストのPART1の練習問題に写っている写真について記事にしてください、是非っ!

つまり、Rabbitさんはあの写真に何かドラマ性を見出しているのですね。

記事化の権利をお譲りましますよ♪

優子と花子

私が初めてTOEICを受験したのは1996年、第55回。その時の公式スコアーにはまだ顔写真が必要なかったのでした。

そしてアビメもありませんでした。

2回目に受験したのはそれから7年後、2003年の第98回公開です。この時には写真を貼りましたが、スコアー表にはアビメがありません。

国際花子さんは写真添付と共に現れたのではなく、
アビメと共に現れたのでしょうか?

ちなみにアビメがスコアー表に掲載されるようになったのはいつからでしょうか?

3回目の受験は2011年の116回で、アビメがあります。

優子シリーズに続き、国際花子シリーズが始まり、
楽しみが増えました。って、勝手にシリーズ化してしまってますが・・・

183回のスコアー表では花子さんはどうなっているのでしょうか。国際花子といえば、国際太郎なんていうのも
存在するのかしら?

追伸:先日の優子シリーズの「三位一体」説は
すばらしい解説でしたね!納得しまくりでした!
三位一体を意識してHUMMERさんの990点本の音読に毎日励んでいます。

2011年166回でした

訂正します。
3回目の受験は166回でした。
失礼しました。

Re: 優子と花子

みゅうみゅうさん、

かなり古くからTOEIC受験されていたのですね。
貴重な情報ありがとうございます!

> 国際花子さんは写真添付と共に現れたのではなく、
> アビメと共に現れたのでしょうか?

時系列に整理すると、

1)写真添付
2)アビメ登場
3)公式問題集に国際花子登場
4)アビメに国際花子登場

だと思います。

> ちなみにアビメがスコアー表に掲載されるようになったのはいつからでしょうか?

2008年には既にありましたが、それ以前のいつからかは分かりません。

> 優子シリーズに続き、国際花子シリーズが始まり、
> 楽しみが増えました。って、勝手にシリーズ化してしまってますが・・・

シリーズ化の予定は無かったのですが、せっかく、そうおっしゃっていただけたので何か書きますね^^

> 183回のスコアー表では花子さんはどうなっているのでしょうか。国際花子といえば、国際太郎なんていうのも存在するのかしら?

花子と言えば太郎ですもんね(笑)

> 追伸:先日の優子シリーズの「三位一体」説は
> すばらしい解説でしたね!納得しまくりでした!

ありがとうございます。
そう言っていただけると、頑張って記事を書いたかいがあります^^

> 三位一体を意識してHUMMERさんの990点本の音読に毎日励んでいます。

990点本の音読は効きそうですね!

Re: 2011年166回でした

みゅうみゅうさん、

> 訂正します。
> 3回目の受験は166回でした。
> 失礼しました。

ご丁寧にありがとうござます!!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: