炒飯を作っているオヤジの動きはなぜ美しいのか(後編)

OJiM「Part4に出てくる長めの英文を聞き取るのが苦手だって言ってたよね」
優子「単語は聞き取れてるんだけど、もやもやして何かスッキリしないまま、英文が頭から抜けてっちゃう感じなんです」

I wanted to let you know that someone from the maintenance department will be inspecting the plumbing in the building tomorrow.

オ「公式問題集Vol.5に出てくるこんな英文でしょ」
優「知らない単語は無いからこうやって読めば分かるんですけど、これを音声で聞くと、何だか聞き取れないんですよ」

オ「それは文の構造が分かっていないからだよ」
優「いや、構造は分かりますよ。だって、読めば理解できるんですから」

優子はペンを取り出して、S、V、Oなど文の要素や修飾関係の矢印を英文に記入しながら、動詞の語法や文の構造をオジムに説明した。

オ「素晴らしい。完璧だ」
優「えへへ、褒められちゃった」

オ「でも、それを聞きながら、文の途中で予測できてる?」
優「文の途中で?それは無理ですよ。最後まで文が完成しないと」

オ「リスニングが出来ている時っていうのは、無意識のうちに次に聞こえるであろう単語を予測しながら聞いているんだよ。例えばこの例文だと、"I wanted to let"まで聞こえた瞬間に次は、人、動詞の原型が聞こえるかもっていう予測が出来るよね」

I wanted to let (人、組織) (動詞の原型)、、、、、

優「確かに、letの語法からするとそうですよね」
オ「それを待ち受けるように聞き続けていると、"you know"が聞こえてくる」

優「きたーーー!って感じですか」
オ「そうだね。そして"know"は他動詞なので、次は目的語を待ち受けるようなキモチで聞き続けていると、、、」

優「あっ、"that"が聞こえてくるので、thatに導かれる名詞節が予測出来ます」
オ「ビンゴ!そして"someone"が聞こえてくる。これは主語だから、次に動詞の要素が来るだろうって待ち構えているとfromが来ちゃう。この"from"は"somenoe"を説明している飾りだから、それはそれとして聞いておいて、引き続き動詞を待ちうけていると、、、」

優「助動詞の"will"きたーーー!そして、本動詞にあたる"be inspecting the plumbing"を聞き取ったら文の骨格は完成ですね」
オ「後はどうせ飾りだから、テンションを下げていても聞き取れるはずだよ」

優「なるほど、ちょっと感じが掴めてきました。これが無意識のうちに、しかも瞬間的に出来るようになれば、長めの英文も聞き取れるようになるんですね」
オ「今日の優子は冴えているね!じゃあ、」

優「あっ、ちょっと待ってください!オジムさんの次の行動も完全に予測出来てきました」
オ「はあっ?」

優「今日のお店のセレクションですけれど、おしゃれな店ではなくて、敢えてこんな平凡な中華料理屋さんを選んだのは私の心理的ハードルを下げるため」
オ「いや、僕はただ単に美味い餃子が、、、」

優「そう、このめちゃくちゃ美味しい炒飯がサプライズ演出だったんですね。そして、店長との親しげな会話をすることで、その店の常連であることを私にアピール」
オ「いやいや、、、」

優「インタラクティブな会話で盛り上げておいて、私が『どんなトレーニングをしたらそんな予測的なリスニングが出来るようになるんですか~』って質問をしたところで、『じゃあ、もう一軒行かない?』って言うつもりだったんでしょ?」
オ「それは深読みし過ぎでは」

優「お腹空いてきちゃった、すいませ~ん、炒飯大盛りで!餃子も二枚!」
オ(優子のキモチは全く予測不可能だ・・)

(この項終わり)

chahan5.jpg

応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

監督、こんにちは!

いや~あたしのために書いてくれたんじゃないの?って
いうくらいこれはとっても知りたかったことです。

「先を予測しながら聞く」って色々なところによく書いてあるけど
「はぁ?」って感じだったのが(汗)
今日の監督のエントリーで、
こういうことだったのかってわかりました。
ありがとうございます♪



スピードと予測

こんにちは。

私の中で、“ナレーションと同じスピードの暗唱”の効能ってまさにこれかなと思っていたところです。

暗唱を始めた当初は“ナレーションと同じスピード”というのはハードルが高くて、途切れ途切れでも最後まで通せればOK!!と思っていました。でも先生が“スピード”を強調するので、ナレーションと同じスピードで暗唱しようとしたところ、文法や語法を考え、次に来るフレーズの予測が必要になってくることに気づきました。そうすると「暗唱=予測のトレーニング」になるので、初めて聴くナレーションでも頭から処理できるような気がしました。

でも、そう感じられたのは暗唱を頑張っている時で、今はまたもとに戻ってしまったようなので、またやり直しです。

Re: No title

のんたむ、
久しぶり!

> いや~あたしのために書いてくれたんじゃないの?って
> いうくらいこれはとっても知りたかったことです。

そう、言ってもらえると、嬉しいぜっ!

> 「先を予測しながら聞く」って色々なところによく書いてあるけど
> 「はぁ?」って感じだったのが(汗)
> 今日の監督のエントリーで、
> こういうことだったのかってわかりました。
> ありがとうございます♪

この記事で、感覚が掴めてくれたらいいけど^^
分からなくなったら、また、コメントちょうだい、
炒飯食べならが、語るから(笑)

Re: スピードと予測

ha*uさん、

> 私の中で、“ナレーションと同じスピードの暗唱”の効能ってまさにこれかなと思っていたところです。

全く、その通りだと思います。

> 暗唱を始めた当初は“ナレーションと同じスピード”というのはハードルが高くて、途切れ途切れでも最後まで通せればOK!!と思っていました。でも先生が“スピード”を強調するので、ナレーションと同じスピードで暗唱しようとしたところ、文法や語法を考え、次に来るフレーズの予測が必要になってくることに気づきました。そうすると「暗唱=予測のトレーニング」になるので、初めて聴くナレーションでも頭から処理できるような気がしました。

このコメントは永久保存版にしたいくらい、私が今回の記事で伝えたかったことの本質的な内容が含まれていますね。「暗唱=予測のトレーニング」、これはまさにその通りだと思います。きっとアスリートのha*uさんだからこその気づきがあるのではないでしょうか。今度、是非、教えてください。

> でも、そう感じられたのは暗唱を頑張っている時で、今はまたもとに戻ってしまったようなので、またやり直しです。

はい、共に頑張りましょう!

No title

さっそく続きがアップされました!

自分がどういうプロセスで理解しているのか、分析したことはありませんが、確かに次を予測しながら聞いているのかもしれません。

予測ができるにはまずは自動詞、他動詞の区別。また動詞と組み合わせて使う前置詞なんかの知識も必要ですね。聴解はやはり「三位一体」なんでしょうね。

ところで、(この項終わり)ってありますけど、優子の代わりに質問です。

どんなトレーニングしたらそういう予測的なリスニングができるようになるんですか~?


Re: No title

みゅうみゅうさん、

> 予測ができるにはまずは自動詞、他動詞の区別。また動詞と組み合わせて使う前置詞なんかの知識も必要ですね。聴解はやはり「三位一体」なんでしょうね。

はい、その通りだと思います。
そうした知識を基にして、予測的に聞けるようになるのが理想ですね。

> どんなトレーニングしたらそういう予測的なリスニングができるようになるんですか~?

オ「それを話しだすと長くなりそうだから、もう一軒いかない?」

と、OJiMならば言うでしょう(笑)

No title

それじゃぁしっかり確信犯じゃないですか~(爆)

優子の深読みしすぎだなんて言ったのは
どこの誰でしたっけ?

オジムさんは優子にすっかり見透かされていたって
ワケですね。

「OJiM式」先読みトレーニングメソッド、しっかり優子に教えてくださいね。チャーハンと餃子を食べながら。

No title

OjiMさん、
私の“感覚”的知見に賛同いただいてうれしいです。
多分、ナレーションと同じスピードで暗唱した時に、文法や語法を考えなくてもいいレベル、どんどんフレーズが続くレベルになると、リーディングスピードの向上に寄与します。
というのも何となく感じています。う~ん、裏づけが欲しいです。そうすれば、もっとやる気に火がつきます!!
OjiMさんの音読理論をもっと勉強しなくちゃです。

Re: No title

> それじゃぁしっかり確信犯じゃないですか~(爆)

あはは、そうですね。

> 優子の深読みしすぎだなんて言ったのは
> どこの誰でしたっけ?

すっ、スミマセン、私です^^:

> オジムさんは優子にすっかり見透かされていたって
> ワケですね。

見透かされる快感ってありますよね^^

> 「OJiM式」先読みトレーニングメソッド、しっかり優子に教えてくださいね。チャーハンと餃子を食べながら。

はい、これはちゃんと優子シリーズで取り上げます。
お楽しみに!

Re: No title

ha*uさん、

> 多分、ナレーションと同じスピードで暗唱した時に、文法や語法を考えなくてもいいレベル、どんどんフレーズが続くレベルになると、リーディングスピードの向上に寄与します。

つまり、そういう感覚を感じているんですね。素晴らしいです。
是非、意見交換させてください。

> というのも何となく感じています。う~ん、裏づけが欲しいです。そうすれば、もっとやる気に火がつきます!!
> OjiMさんの音読理論をもっと勉強しなくちゃです。

ありがとうございます。
そう、言っていただけるだけで嬉しいです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

隠しコメントさん、

いつも本当にありがとうございます!
私も、あの方のサインを著書にもらって今でも見返すと、モチベーションがあがります。

明日は、とても楽しみです^^
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: