Part3におけるピーターフォークと江角マキコの関係

Part3の音声音声を聴く時には、場面、人間関係、状況がイメージできるかがカギだと書きました。特に人間関係については、頼みごとをする人は立場が下、頼みごとをする人は立場が上というふうに関係をデフォルメして理解しておくと聴きやすく、記憶に残りやすいとも書きました。

実はそれらが、設問を先読みしただけで分かってしまう場合があります。公式問題集Vol.4のTEST1 No.47-49はその典型的な例です。

 Where most likely are the speakers?

 What is wrong with the man's purchase?

 What does the woman offer to do?

場面はどこかのお店でしょう。男がお客さん、女が店員です。男が買った品物に問題があり、女が解決策を申し出る状況です。

これらの事前情報を頭に入れておけば聴きやすくなりますが、全部を覚えようとすると脳に負担がかかってしまい集中力が落ちて、聞き漏らしのリスクも増えてしまいます。このうち、私が最も意識するのは、二人の上下関係です。

男はモノを売ってもらうお客さんなので、立場が下

女はモノを売ってあげるので、立場が上

買い手(お客さん)の方が偉いと感じている方もいらっしゃると思いますが、私はお客さんの立場を下にした方が感覚的にしっくりくりのです。(お店で、「すみません、コレください」という感覚でしょうか?)

この上下関係の把握によって、音声を聴いたときの人物像のイメージがより明確になります。

男は誠実で、腰の低いお客、ピーターフォーク(刑事コロンボ)。

女は言葉遣いは丁寧ですが、上から目線の店員、江角マキコ。

これくらい極端に話者のキャラクタ付けをしておくと、会話を聞きながらある程度話の展開が読みやすくなります。Part3の話の流れはシンプルで予定調和で終わるようになっており、お客さんが途中で逆キレしたりすることはありません。

音声を聴き終わった後に、設問・選択肢を読む時にも、二人の関係がイメージとして残っていれば、どちらが店員で、どちらがお客さんだったかを迷うことはありません。

また、音声が上手く聞き取れなくて、選択肢が選べない場合でも、二人の関係さえ分かっていれば、消去法で正解を選べることもあります。これについては、良い実例があれば、いずれ記事にしたいと思います。


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

お客の立場が下?

へぇー私は長いこと営業やっていたのでこの発想にはなれません。まあ試験で色々考えると考えすぎて自滅するタイプなのでほとんど考えませんが。短期記憶力が弱いのでイメージ覚えたいんですがなかなかうまくいきませんね。

ところで文春「東西ミステリーベスト100」は読まれました?

Re: お客の立場が下?

ouchさん、

確かにこの発想は、多くの人には受け入れ難いと思いました。
自分でも何で、お客さんの立場が下なのかは分かりません^^;
単に、感覚的なものなのですが、一つの事例として敢えて記事にしてみました。

> ところで文春「東西ミステリーベスト100」は読まれました?

あれっ?もう、発売されてるんですか?
チェックしてみます。

東西ベストミステリー100

FBに書いたのですが、多くのミステリマニアや作家評論家へのアンケートが元になっているので座談会も含めてミステリファン必読かと思います。しかし北方謙三や法月綸太郎の作品、海外編はル・カレ、クレーグ・トーマス、M.リューイン、S.グリーンリーフ、ルヘイン、M.コナリー、ラヴゼイ、ヒル、P.D.ジェームズ、サラ・バレツキー、スー・グラフトン等の作品が抜けていますのでガイドフックとしては致命的です。ガイドとしては宝島社が数年前に出した「このミスの20年」の方が参考になります。

Re: 東西ベストミステリー100

ouchさん、

年末に出る恒例の文春の特集のことだと勘違いしてました。
増刊として出てたんですね。
さっそく、会社の帰りに買ってきましたよ。

もう、手に取っただけでワクワクしますね。
400ページ、隅から隅まで読みつくしたいと思います。

ベスト10は割と無難な結果ですが、それでも、国内3位に私の大好きなあの作品が入っていて大満足です。


>しかし北方謙三や法月綸太郎の作品、海外編はル・カレ、クレーグ・トーマス、M.リューイン、S.グリーンリーフ、ルヘイン、M.コナリー、ラヴゼイ、ヒル、P.D.ジェームズ、サラ・バレツキー、スー・グラフトン等の作品が抜けていますのでガイドフックとしては致命的です。

海外ミステリーに高い知見をお持ちなんですねー。
私は、P.D.ジェームズくらいしか読んでませんけど^^;


>ガイドとしては宝島社が数年前に出した「このミスの20年」の方が参考になります。

もちろん、持ってますよー

分かりやすいです!

言われてみれば、 man's purchase、woman offerはすごくいいヒントですよね(゚Д゚)

OJiMさんほどしっかり認識できていなかったように思います。これからは選択肢を読んだだけでストーリーをイメージしやすくなりそうです。

OJiMさんが仰る通り、Part 3は二人の関係が把握できると問題を解きやすくなるので、設問と選択肢からこういった読み取りができると有利だと思います。

Part 3のお願いされる側とする側、上司と部下、客と店員という関係を、分かりやすく端的に言い表すとすれば、立場が上と下というのは、分かりやすいです。

Re: 分かりやすいです!

ツウクンさん、
いつもありがとうございます。

>> OJiMさんが仰る通り、Part 3は二人の関係が把握できると問題を解きやすくなるので、設問と選択肢からこういった読み取りができると有利だと思います。

今回は、設問から二人の関係を推測するやり方を書きましたが、選択肢まで含めると更にいろんな事が事前に分かることもあると思います。先読みを極めていくと、そうやって問題を解くのが醍醐味になってきたりもするのでしょうね。

> Part 3のお願いされる側とする側、上司と部下、客と店員という関係を、分かりやすく端的に言い表すとすれば、立場が上と下というのは、分かりやすいです。

ありがとうございます。
この、上と下という考え方はすごく感覚的なことで、文章で表現して人に伝えるのが難しいなと思いました。

自分の頭の中で起こっていることを、もう少し客観的に整理できたら、もっと分かりやすく書いてみたいと思います。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: