逆方向から塗りつぶせ!


新TOEIC TEST パート3・4特急II 出る問 総仕上げ新TOEIC TEST パート3・4特急II 出る問 総仕上げ
(2013/04/19)
神崎正哉、Daniel Warriner 他

商品詳細を見る

ようやくこの本の復習が終わりました。

約5週間かけて音声ファイルを隅々まで塗りつぶしていく感じです。(この本に付属の音声ファイルは問題演習用の他に、設問の読み上げが省略されている復習用が付いていて、とても使いやすいです)

復習の際に中心となるのはシャドーイングですが、シャドーイングだけではどうしても塗り残しが出来てしまいます。感覚的には、シャドーイングだけでは8割くらいしか塗れていないので、残り2割の塗り残しを音読と暗唱で塗りつぶす感覚です。

シャドーイング:8割
音読:1割
暗唱:1割

音読や暗唱でしか塗りつぶせない部分というのは、自分にとって苦手な文法規則であったり、言い回しであったりすごく細かいところなんですね。でも、この細かい部分を完全に塗りつぶしておかないと、本番ではそこでつまづいてしまう。そして、リズムが崩れて、その後を聞き逃してしまいます。

ペンキ

ペンキを塗るときも、一方向に刷毛やローラーを動かしているとどうしてもペンキが届かない隙間みたいなところが塗り残しになってしまうので、逆方向に塗り返すのと似ているような気がします。

リーディングにおける精読のように、リスニングでもこのような精聴を取り入れることでリスニングの基礎力が鍛えられていくのではないでしょうか。


TOEICの日(10月19日)お祝いクリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

仲間内受験ツアー@山形

ご無沙汰しています。

どんな試験でも、
「寄せては返す波」、もしくは
「小骨が喉に」の引っ掛かりは、
同じなんだなって感じます。





Re: 仲間内受験ツアー@山形

無頼豚87さん、

お久しぶりです。

> どんな試験でも、
> 「寄せては返す波」、もしくは
> 「小骨が喉に」の引っ掛かりは、
> 同じなんだなって感じます。

いつもながら、深い洞察ですね。
本質的な事は、すべてに共通するのでしょうね。

試験の成功を祈っています。

最強の学習法

リスニングスコアに安定感のある監督がどんな風に学習されているのか?とっても関心があったのですが、拝読してそれは感心に変わりました。

結果を出す人は、例外なく精度の高い学習をしてらっしゃるというのがヒシヒシと伝わってきました。

暗唱は敷居高くて及び腰だったのですが、頭の中に一旦入れてから出すという練習を小まめにしていると、自然にリテンション力がついていくように感じていましたが、シャドウイングをベースに音読と暗唱で補強するのが監督流なんですね(^-^)。

連続リスニング満点の秘密をシェアして頂き有難うございます。

Re: 最強の学習法

haruさん、

> 結果を出す人は、例外なく精度の高い学習をしてらっしゃるというのがヒシヒシと伝わってきました。

多読と精読、多聴と精聴のバランスですね。

> 暗唱は敷居高くて及び腰だったのですが、頭の中に一旦入れてから出すという練習を小まめにしていると、自然にリテンション力がついていくように感じていましたが、シャドウイングをベースに音読と暗唱で補強するのが監督流なんですね(^-^)。

音読系トレーニングの中で、最強の、そして最も楽しいのが暗唱だと思います。haruさんなら、その面白さにきっと気づくと思いますよ。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: