ラジオ放送の裏側

昨日、ラジオをお聴きくださった皆さま、長時間お付き合いくださいましてありがとうございました。優子達を前に、言いたい放題なトークになってしまったのでお聴き苦しい点があったと思いますが許してやってください。

また、後半は時間が足りなくなってしまい、全てのご質問にお答えすることが出来ず申し訳ありませんでした。放送前にいただいた質問には事前に目を通し、回答の内容や話の膨らませ方は整理してあったのですが、いざ始まってみると熱くなってしまい、しゃべり過ぎてしまいました。コメント欄でいただいた質問には、後ほど全てコメントレスで回答させていただきます。

さて、昨日のラジオをホスト視点で振り返ってみたいと思います。

開始前に最も心配していたのは、リスナーの皆さまにちゃんと聞こえるかどうかという技術的な問題でした。1週間前から自宅でセッティングとテストを重ねていましたが最初はなかなか上手くいかず、TBRで経験のある神埼先生にアドバイスをもらったりしていました。自宅では放送できるようになったのですが、会場となる貸し会議室のwifiが上手く繋がるかという心配がありました。放送開始1時間前に会議室には到着して、いざ繋げてみようとすると、「ストリーミング(放送)は出来ません」とメッセージが。急遽設定変更をしてなんとか放送開始には間に合いました。念のために、3G回線に繋がるパソコンをもう1台持ち込んではいましたが、放送開始をしてtwitterでワールドさんから聞こえてます、というレスポンスがあるまでは冷や冷やでした。

優子達とは事前にネタのリハーサルをしてありました。

OJiM「今日のスペシャルゲストの優子をお招きします」
優子達「優子で~す!」


リアル優子の登場を期待している皆さまに、優子が複数登場するというサプライズを仕込んでみたのですが楽しんでいただけたでしょうか?ラジオというのは、ウケているのか、すべったのかリアルタイムでは分からないので、普段のように人と面と向かって話すのとは違った会話術が必要ですね。

番組開始前、優子達には私の話に相槌を打ったり、笑ったりしてと言ってありました。開始直後は緊張して凍り付いていましたが、リラックスしてくると生き生きとした表情になってたくさん話をしてくれるようになり、番組を大いに盛り上げてくれました。お煎餅やクッキーなどのスイーツをボリボリ食べながら(笑)

番組後半には、リクエストにお応えして、オジム理論の講義と、公式問題集Vol.1を使った音読レッスンを行うために、優子達にはスクリプトをコピーして配っておきました。まず、優子にいけてない音読をさせて、私が解説をしながらレッスンを付けていくというシナリオを用意してありました。要望が多ければ、次回以降、音読スペシャルをやろうかなと思います。

番組の最後は、優子シリーズ定番のオチで締めてみましたが、これもお楽しみいただけましたでしょうか。

OJiM「優子、これから軽く飲みにいかない?」
優子「帰って音読しま~す!」


番組で使用した、オープニングとエンディングの曲を紹介しておきます。

オープニング:これを聴くとノリノリでTOEIC勉がはかどります。


エンディング:スコアダウンした時に聴くと元気になります。


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

遅くなりましたが

ここんとこネットはFBの対応でいっぱいでご無沙汰してましたら、タイトルまで変わってびっくり!

いずれと思ってましたが、大変遅くなって申し訳ありませんが990点おめでとうございます。

これからもさらにご活躍されますようお祈りいたします。

あ!12月はこのミスも発売されますね。

音読と通訳案内士

放送中に質問に答えてくださった上、レスまで下さりありがとうございました!

「お友達になりたい」オファーもありがとうございました。(笑)

音読トモダチ→音トモ 

ベタですみません(笑)

音読に今までになかった付加価値を付けて、音読技術と理論を深めていくようなプロジェクトみたいなことができるといいですね。

私の音読は体験的なもので、理論とかはないんですよ。
ただ、音読を繰り返したことでネイティブの子供が母国語を覚えていくプロセスの疑似体験ができたのではないかと感じています。音読の効果は無限大かもしれないと期待しているのです。

さて、話がガラリと変わって、もしご興味があれば・・・通訳案内士プチ情報です。英語は今年度から一部選択式問題が入ったようです。今年受験された方々の感想を見ると難度が少し下がった印象です。日本ではもちろん2020年に向けて、さらに外国人観光客受け入れ態勢を整えていく方向ですから、通訳案内士は来年くらいから「試験の受け時」になるんじゃないかと予想しています。

一方、案内士のあり方についても議論がされているようです。今後の動向を注視していかれるといいと思います。
一日で4科目一気に受けるので大変ですが、受験勉強は結構楽しみました。
OJiMさんならきっと一発で合格できますよ!

私はだいぶ前にこの資格をとったのですが、子供がまだ小さかったのでプロとしては就業しませんでした。働ける時間が制限されていましたので。
それから年月が経ち、やっぱりガイドやってみようかな、と今は思ってます。関西在住なので観光地にはこと欠きませんからね。

おせっかいな"音読おばさん"みゅうみゅうより。



Re: 遅くなりましたが

ouchさん、

お祝いコメントありがとうございます!

> あ!12月はこのミスも発売されますね。

しばらくの間、大好物のミステリーを読むのを封印していましたが、
今年の年末年始はこのミス片手に三昧してみようかなと。

Re: 音読と通訳案内士

音トモのみゅうみゅうさん、

> 音読に今までになかった付加価値を付けて、音読技術と理論を深めていくようなプロジェクトみたいなことができるといいですね。

それは面白そうですね!

> ただ、音読を繰り返したことでネイティブの子供が母国語を覚えていくプロセスの疑似体験ができたのではないかと感じています。

なるほど。この点については色んな意見があると思いますが、私の独自の考えも交えていずれ共有してみたいと思います。

>音読の効果は無限大かもしれないと期待しているのです。

はい、全く同感です。

> さて、話がガラリと変わって、もしご興味があれば・・・通訳案内士プチ情報です。英語は今年度から一部選択式問題が入ったようです。今年受験された方々の感想を見ると難度が少し下がった印象です。日本ではもちろん2020年に向けて、さらに外国人観光客受け入れ態勢を整えていく方向ですから、通訳案内士は来年くらいから「試験の受け時」になるんじゃないかと予想しています。

情報ありがとうございます!来年チャレンジしたいと思います。

> OJiMさんならきっと一発で合格できますよ!

おっと、軽くプレッシャーですね^^

> 私はだいぶ前にこの資格をとったのですが、子供がまだ小さかったのでプロとしては就業しませんでした。働ける時間が制限されていましたので。

また、色々と教えてくださいね。^^

お疲れさまでした

監督!

ありがとうございました。次回のサプライズゲストは、本場の韓国から来られたスヨン先生かな?(ちがう?)

酸素缶のくだりが最高でした。

それでは、また。

Re: お疲れさまでした

ぎょっぴーさん、

> ありがとうございました。次回のサプライズゲストは、本場の韓国から来られたスヨン先生かな?(ちがう?)

それが実現したら、かなりのサプライズですね!
スヨン関係者の方、ご協力よろしくお願いします^^;

> 酸素缶のくだりが最高でした。

ありがとうございます。
ちなみに、あれは、ネタではなく実話です(汗)
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: