TOEIC(R) テスト 基本例文700選 review


音声DL付 TOEIC(R) テスト 基本例文700選 (TTTスーパー講師シリーズ)音声DL付 TOEIC(R) テスト 基本例文700選 (TTTスーパー講師シリーズ)
(2013/10/28)
基本例文700選制作委員会

商品詳細を見る


Part2を解く醍醐味は、第一話者に対する第二話者の少しひねってある応答が正解として選べた時ではないでしょうか。

【質問返しパターン】
OJiM「公開テストのオンライン発表はいつですか?」
TOEICさん「第何回の公開テストですか?」

【ズラしパターン】
OJiM「発表は12時からですよね?」
TOEICさん「準備が整い次第になります」

上の質問では日にちを、下の質問ではYes/Noを待ち構えていると、選択肢にはそれらが無いので初心者のうちは戸惑ってしまいます。言わば、直球を待っているところに、田中マー君の大きく変化する高速スライダーがやってきたみたいな。

でも、田中マー君の持ち球は限りがあるように、Part2のひねった応答にも一定のパターンがありそれらをあらかじめ知っておけば、どんな変化球が来ようとも動じずにクリーンに打ち返すことが出来るようになります。

この本のPart2の章は、頻出の第一話者の発言に対する第二話者の正解の応答がそれぞれ3つ載っているという非常にユニークな構成になっています。

「公開テストのオンライン発表はいつですか?」
  応答①「12月26日です」
  応答②「お調べしますのでしばらくお待ちください」
  応答③「第何回の公開テストですか?」

Part2を苦手とされている方は、この章の例文、応答を繰り返しリッスンアンドリピート、音読、シャドーイングすることで集中強化をすることが出来ると思います。

また、正解の解説は、ヒロ前田先生の門下生の(良い意味で)TOEICオタクな講師の方達が執筆していて、とても勉強になり飽きることがありません。

私がツボにはまったのは、No.196の、

ちゃんと「かまって」あげる応答が正解になります。

という解説。そうですよね、TOEICの世界では、第一話者が独り言のようなつぶやきをしても、第二話者は優しいのでちゃんと「かまって」くれますよね(笑)

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

「やさしく」構ってあげる

第186回はPart 2に悩まされました。

「ちゃんと構ってあげる」というより
「やさしく構ってあげる」応答が正解

ということを学んだ気がします。

Re: 「やさしく」構ってあげる

VOZEさん、
こんにちは。

私は久々にPart2全部行けたかな?という感触でしたが、

VOZEさんを悩ませた「やさしく」構う応答ってどんなのでしたでしょうか?

No title

この本、普通のTOEIC問題参考書(模試でない本の意味)の解説文で、なるほどと思ってアンダーラインを引く箇所に相当するtipsが各700の例文にそれぞれついているようなものですね。
しかも見開きページに書かれているので、読み進める際にストレスを感じずにサクサク行ける感じです。

例えるならば、野球の打撃練習でバッティングピッチャーが事前に決められた球種を9つのストライクゾーンに順に投げ込み、打者は各球種に応じたバッティングフォームをスイングすることで体得していくような、そんな練習にもってこいの教材ですね。

ただし、バッティングフォームは手に血豆が出来、それを潰して固まるまでバットを振ってようやく身につくのと同じで、この本の内容を自らの血肉とするためには、喉を潰さんまでの反復音読と速読訓練が必要なのだと思います。

このようなプラクティス本は、ひとりで孤独にやるよりも、仲間で明るくゲーム感覚で取り組んだほうが、挫折しないで済むかなと感じました。

わお!

本のレビューありがとうございます!
No.196執筆者です ^ ^

このPart 2は特におすすめで、その理由はおっしゃる通り正解パターンが3つあるから。正解パターンがそれぞれ3つずつついているって、なかなかないですよね。必ず役に立つと自負しています。
正解パターンを3つ考えるのって本当に楽しくて、夢中で書きました。
あまりに次から次に書きたいネタが出てくるので「グプタが憑依した」と本人もまわりも思っていました(笑)。ボツになったネタも多いですが、それはまたストックしておくそうなので、いつか日の目をみるかしら。

12月のマイナーでは、193番のやりとりにそっくりな応答があり、書いた本人もちょっと気持ち悪かったです(笑)。

TILDAさん、素敵なレビューをありがとうございます!

Re: No title

TILDAさん、

>解説文で、なるほどと思ってアンダーラインを引く箇所に相当するtipsが各700の例文にそれぞれついているようなものですね。

素晴らしいレビュー文ですね!
全く同意です。


> 例えるならば、野球の打撃練習でバッティングピッチャーが事前に決められた球種を9つのストライクゾーンに順に投げ込み、打者は各球種に応じたバッティングフォームをスイングすることで体得していくような、そんな練習にもってこいの教材ですね。

この例えも、この本の特徴を言い表していて素晴らしいです!

> ただし、バッティングフォームは手に血豆が出来、それを潰して固まるまでバットを振ってようやく身につくのと同じで、この本の内容を自らの血肉とするためには、喉を潰さんまでの反復音読と速読訓練が必要なのだと思います。

「喉を潰さんまでの反復音読と速読訓練」この表現も最高です!

> このようなプラクティス本は、ひとりで孤独にやるよりも、仲間で明るくゲーム感覚で取り組んだほうが、挫折しないで済むかなと感じました。

そういう集団アクティビティーを好んでやる人がたくさんいそうですね^^

Re: わお!

Izumiちゃん、

> 本のレビューありがとうございます!
> No.196執筆者です ^ ^

著者直々のコメントありがとう!

> あまりに次から次に書きたいネタが出てくるので「グプタが憑依した」と本人もまわりも思っていました(笑)。ボツになったネタも多いですが、それはまたストックしておくそうなので、いつか日の目をみるかしら。

「グプタが憑依」ウケましたよ^^
Izumiちゃんが、嬉々として原稿を書きまくっている姿が目に浮かびます。

> TILDAさん、素敵なレビューをありがとうございます!

著者としては、嬉しいレビューですね^^

良さそうですね!

この本、立ち読みですごく気になってました。OJiMさんが薦められるのなら間違いなさそうですね(^_-)-☆

あと、左に英文、右に和文というレイアウトなので、和文英訳もできる点が、瞬間英作文好きの自分にはいいなーと。

Re: 良さそうですね!

ツウクンさん、
お久しぶりです。

> この本、立ち読みですごく気になってました。OJiMさんが薦められるのなら間違いなさそうですね(^_-)-☆

ありがとうございます!
私が薦めているからというよりは、著者の方達を見ただけで間違いないですが^^;

> あと、左に英文、右に和文というレイアウトなので、和文英訳もできる点が、瞬間英作文好きの自分にはいいなーと。

確かにそうですね。
このレイアウトは和→英も復習できるように配慮されていると思いました。
TOEIC本からこんなに本格的な英語学習本が出てきて嬉しいです^^

プロフィール

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: