既出問題集のミッシングリンク

Yutaさんからいただいたコメントをきっかけに以下の仮説を検証してみました。

日本では、新TOEIC形式が開始された2006年5月から2006年8月までは、Part6は4問×3セットで構成されていた。(公式問題集Vol.1の形式)その後、2006年9月から追加形式変更が行われ現在の公開テストと同じ3問×4セットに変更されている。韓国でもおそらく同じなのではないか。


もしこの仮説が正しいとするならば、TEST6(2006年5月)、TEST5(2006年8月)の問題構成は、3問×4セットになっていて実際に韓国の公開テストで出題されたであろう形式(4問×3セット)と異なっていることになります。

そこで、TEST6(2006年5月)調べてみたところ興味深い以下のような事が分かりました。

韓国の2006年5月 ⇒ 既出のTEST6

141 ⇒ 消滅
142 ⇒ 141
143 ⇒ 142
144 ⇒ 143

145 ⇒ 144
146 ⇒ 145
147 ⇒ 消滅
148 ⇒ 146

149 ⇒ 147
150 ⇒ 消滅
151 ⇒ 148
152 ⇒ 149

不明 ⇒ 150
不明 ⇒ 151
不明 ⇒ 152

不明の出典が気になりますが、私のTOEIC力では、ここまでの調査が限界です。追加の情報をお持ちの方は是非共有をお願いします。

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: