TTT10 Day3&4

Day3の模擬レッスンで、与えられた時間は13分間。まずは4人で構成されたチームの中で発表をして、お互いにフィードバックをし合って、評価をします。

私はPart3を担当しました。受講者に伝えたいテーマを1つ選び、レッスンの流れを組み立て、ウケ狙いのネタを仕込んで、小道具を用意して、前日は遅くまで何度もリハーサルをして本番に臨みました。

結果は、、、なんと代表者に選ばれて、今度は参加者全員の前で模擬レッスンをすることになりました。そして、講師の前田先生、ロバートヒルキが見ている前で。興奮、そして夢のようなの13分間でした。

フィードバックセッションでは、著名なTOEIC講師の方が、私の先読み理論に対してオブジェクション。私が応酬。それに対して、ロバート、前田先生が問題提起。更に、別のTOEIC講師が反論、、、大盛り上がりでした。

Day4のメインは、アイテムライティング。自分なりに調査、研究をして造り上げた作品に対して、前田先生、ロバートからフィードバックを貰いました。プロのアイテムライターはそこまでこだわるんですか!という、驚きの連続でした。狙っていたベストアイテムライター賞は残念ながら逃しました。

今回は、10回目ということで、記念パーティーが開催されました。折りしも東京は45年ぶりの大雪の中で開催された宴の中で、普段出会う事の出来ない方々とのTOEIC的に濃い会話は最高でした。

ここで、学んだ事、気づいた事をトーイッカー的にどうやって活かしていこうか色々と真剣に考えてみたいと思った4日間でした。

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

模擬レッスン代表入りおめでとうございます。
前田先生とヒルキ先生の前で披露できるなんて、TOEICerとしてこの上ない栄誉だと思います。
機会があったら、“模擬”レッスンではなく、OJiM監督の“リアル”レッスンを受けたいです!!

Re: No title

haruさん、

> 模擬レッスン代表入りおめでとうございます。

ありがとうございます!

> 前田先生とヒルキ先生の前で披露できるなんて、TOEICerとしてこの上ない栄誉だと思います。

緊張しましたが、楽しめました^^

> 機会があったら、“模擬”レッスンではなく、OJiM監督の“リアル”レッスンを受けたいです!!

その時には、「優子役」をお願いしますね(笑)
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: