TOEICショートショート(第四話)「消えたスイーツ」

私が外回りの営業から帰ってくると、優子が浮かない顔をして佇んでいた。
cars.jpg


「おやつに食べようと買ってあったスイーツが無くなってたんです」
table.jpg


そこで、私はオフィスにいた同僚達に集まってもらい、スイーツが無くなったと思われる時刻に何をしていたのかを、一人ずつ説明してもらうことにした。
meeting.jpg


ゴメス「俺は工場で溶接をしていたぜ」
welder.jpg


グプタ「私は点検のために灯台にに向かっていました」
light.jpg


ロドリゲス「自分は食事の用意で忙しかったです」
BBQ.jpg


オカダ「僕は公園の噴水のところで休憩してたよ」
fountain.jpg


リー「あたしはボートに乗っていたわ」
boats.jpg


スネオ「オレはずっと会社にいたけど、見慣れない女が冷蔵庫を除いていたぞ。そいつが怪しいんじゃないか?」
ref.jpg


私「ふふふ、謎は解けた」
優子「えっ?どういう事なんですか?」

私「事件の真相を知っている人がこの中にいるようだね」
優子「まさか。。。」

****** 読者への挑戦状 ******
犯人を特定する手がかりはすべて本文の中に提示されています。
解決編の前に推理をしてみてください。
正解は10行後に。
10









****** 解決編 ******

私「スネオ、正直に自分が知っていることを話してくれないかな?」
スネオ「えっ、、、つい美味しそうだったので」

優子「でも、どうして、だって分かったんですか?」
私「解説しよう。私はみんなに、『スイーツが無くなった』とは言ったけど、それが冷蔵庫に入れてあったとは言っていないよね」

優子「あっ、そうか!冷蔵庫に入っていたのを知っているのは、私だけですもんね」
スネオ「後で同じものを買って戻しておこうと思ったんだ。ゴメン、優子」
優子「スネオ、正直に名乗り出てくれてありがとう」

優子「名探偵みたいな推理でしたね。素敵です」

優子は尊敬の眼差しで私を見つめながら、お気に入りのマグにコーヒーを入れてくれた。
mug.jpg

(完)

連載希望の方は、応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

今回もももクロ、イエ、楽しく拝読しました。ピンクバージョン?ですかね。多分。特にドキドキしたのは、優子が牛乳パック持って・・・なかったデスね;^_^A

Re: タイトルなし

Keiさん、

はい、ピンクです。


>特にドキドキしたのは、優子が牛乳パック持って・・・なかったデスね;^_^A

これ、緑バージョンで話題になった問題ですかね??

ちなみに、テストの時、3つ前にももクロがいました^^;
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: