いきなり!First Live ~出版記念ライブ~に参加して

3連休の初日、しかも、東京は朝から冷たい雨が降る悪天候にもかかわらず、熱い学習者が大勢参加されていました。(普段のセミナーよりも、おじさん達のテンションが高かったかも・・)

発売間もない本ですが、事前に予習されてこられた方もたくさんおられたみたいで、私とペアワークを組んだ方なんかは、びっしりと付箋紙を張った本を持ち込まれていて驚き、そして感激しました。

(TOEIC関連のセミナーではこうしたモチベーションの高い方達と触れ合えるのが魅力の一つですが、そのためにはなるべく前方席を確保するのをお勧めします)

そして、お二人の講師も熱かったです。

Ayaさんとはこれまで何度か一緒にセミナーでご一緒したことはあったのですが、講義を受けたのは初めて。既に多くの企業や学校で活躍しているのは伝え聞いていたのですが、予想以上にカッコよかったです。そして、リスニング力を鍛えるためには何をすれば良いのかを、これほど明確に具体的に説明してくれた講師を私はこれまでに知りません。

Natty先生とは初対面でした。アクティビティーを通じていろんなトレーニング方法を披露してくださいましたが、秀逸だったのは、「時間差のリッスン・アンド・リピート」というトレーニング。これは超高負荷でかなり効きそうなので明日から取り入れたいと思います。


今日のセミナーでは、これまでネットでしか繋がっていなかった方々から声を掛けていただきました。ありがとうございます。みなさんすごく生き生きとしていて、頑張ってる感が伝わってきました。

自分も負けないように、TOEICを頑張って、ブログも頑張って書いていこうと素直に思った、師走の一日でした。

<講師のお二人からいただいたクリスマスプレゼント♪>
ikinari.jpg



応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

僕も参加しました

はじめまして。kimtと申します。
いつも拝見しています。
Rabbitさんのブログでよくコメントを書いています。

僕もこのイヴェントに参加しました。
本のタイトルが「TOEICテストいきなり600点」なので、若い方が多く参加するのではと思ったのですが、平均年齢が高かったですね。内容もかなりレヴェルが高いような気がしました。

>>(普段のセミナーよりも、おじさん達のテンシ>>ョンが高かったかも・・)

やはり著者のお二人が魅力的だからでしょうね。特にAyaさんはかっこいいだけでなく、キャラも立っているのでこれから人気が加速するのではと思いました。

印象に残ったのはAyaさんが、リスニングをシャワーと風呂に例えたことです。
僕は英語を聞く量は足りていると思っていましたが、いわゆる聞き流し状態なので、もっとリスニングの中身をを濃くする必要があると思いました。

TOEIC関連のイヴェントに参加したのは先週の究極のリスニングイヴェントに続いて2回目ですが、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。来年も積極的に参加したいと思います。

No title

はじめまして。
いきなりで申し訳ないのですが、質問をさせて頂きたい事があります。
OJMさんのブログを見て「シナゴン TOEICのパート5 6実戦問題集(シーズン3)
」という本を購入して勉強しているのですが、どうしてもなぜそれが正解になるのか分からない問題があるので、お時間が在れば是非とも解説をしていただきたいです。

TEST1
No、102
Because we couldn't contact Ms,Williams, we should copy the weekly report( ).

A)ourselves
B)ours
C)her
D)hers

自分は文脈的にDを選択したのですが正解はAでした。

いきなりこのような質問を投げかけて本当にすみません。

ご参加ありがとうございました。

OJiMさん
本日はお足元の悪い中、イベントにご参加下さりありがとうございました。いつもさりげなく応援して下さるお気持ち、感謝しています。来年も再来年も「友だち」でいましょうねv-218

Re: 僕も参加しました

kimtさん、

はじめまして、そして、昨日のセミナーお疲れ様でした。

> Rabbitさんのブログでよくコメントを書いています。

はい、私もRabbitさんのブログにはよく訪問しているのでkimtさんのコメント読んでますよ^^

> やはり著者のお二人が魅力的だからでしょうね。特にAyaさんはかっこいいだけでなく、キャラも立っているのでこれから人気が加速するのではと思いました。

そうですね、もっともっと人気が出て活躍して欲しいですね!

> 印象に残ったのはAyaさんが、リスニングをシャワーと風呂に例えたことです。
> 僕は英語を聞く量は足りていると思っていましたが、いわゆる聞き流し状態なので、もっとリスニングの中身をを濃くする必要があると思いました。

あっ、この例えはよかったですね。
確かに聞き流しをいくらやっても、身につかないですもんね。

> TOEIC関連のイヴェントに参加したのは先週の究極のリスニングイヴェントに続いて2回目ですが、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。来年も積極的に参加したいと思います。

先週のイベントにも参加されていたんですね。
次回ご一緒できたら、ご挨拶させてください。

これからもよろしくお願いします。

Re: No title

TAHJさん、
はじめまして。

ご質問いただきありがとうございます。

私は、こんな感じで解きます。

we should copy the weekly report

まず、この部分でSVOで文が完結しています。

S = we
V = should copy
O = the weekly report

その後の空欄に入れるのは副詞だけど、選択肢はいずれも代名詞しかありません。
でも、ourselvesは主語を強調するourselvesであれば文末に置くことが出来るのでこれが正解かなと。

GENIUS第3版には、ourselvesの第2義に強調用法としてこんな例文が載っていました。

We went to Paris ourselves.

文脈的には、「彼女にコピーをしてあげないといけない」という意味にするために、herやhersを入れたくなりますが、copyにはSVOOの語法が無いので、文法的に入らないのだと思います。

私なりの解釈なので、間違えや不足があればどなたかが補ってくれると思います(笑)


韓流模試は解説が無いので、分からないところがあれば、遠慮なくどうぞ。

Re: ご参加ありがとうございました。

Ayaさん、

昨日はセミナー講師お疲れ様でした。

講義は気づきの多い素晴らしいものでした。

そして、Ayaさんの輝いている姿を見て、すごくモチベーションが上がりましたし、
僕も頑張らねば~と思いました。

Ayaさんにずっと「友だち」と言ってもらえるよう、来年こそ目標達成しますよ!

No title

こんなことのために色々と調べていただいり、解説をしていただき有難うございます。

OJiMさん感謝です<(_ _)>

No title

[ 強調用法 - 文末で, (主語)本人が 自ら やた事を 強調, (主語)すぐ後に くる時もある ]
6. I did it myself ( 私は 自ら それを しました )
7. He did it himself
8. She did it herself
9. We have done it ourselves
10. They have done all of work themselves

(主語 すぐ 後に 来て 強調する例 )
11. They themselves made mistakes ( 彼達は 自ら mistakeをした )
12. I myself saw it ( 私の この 目で みました )

いや~色々調べていたら、主語のすぐ後に再帰代名詞を置くことが出来るなんてできるなんてはじめて知りました。(受験勉強でもやった記憶がありません)

そう考えるとシナゴンは結構手ごわそうですね(笑)
あとシナゴンの語彙や語法の問題って選択肢がどれも同じように見えるので一つ一つの語彙の意味や語法をしっかり理解していないと得点できないような構成になっているので、いかに自分が曖昧に語法や語彙の意味を覚えていたのかを痛感させられました。

しっかりシナゴンをモノにして、来年の大学3年までにはAランクにいきたいと思います\(゜ロ\)

お疲れ様でした

私も先週に引き続き参加することが出来ました。
今度はカロリー&糖分の補給をお昼にはきちんとできていました^^それにイベントもカジュアルなものでしたからコンディションは維持できました。
講師のおふたりに会場は魅了されてしまいましたね。明るくてユーモアがあって。単発の講座よりも通しで8回とか10回とか何かを目標にゴールまで導いていただくことをしていただけたらどんなに勇気づけられるだろうかと思いました。あのお二人にだったら、励まされたり叱られたりしたい、っていう学習者は多いんじゃないでしょうか^^

羨ましい

OJiMさん、
レスを付けてくださりありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

上のりりさんのコメントに僕も賛成です。僕も彼女たちの授業を受けてみたいです。
実際Ayaさんは「東京理科大学生涯学習センター」という所で「」TOEIC(R)テスト2カ月逆算600点」を担当しているみたいですね。

それにしても彼女は172cmでしたっけ、背が高くて格好良いですね。僕なんかセミナー開始時に彼女が傍を通って登壇した時に「ガリバーかよ。」と思っちゃいました。

その彼女から「来年も再来年も「友だち」でいましょうね」と言われるOJiMさんが羨ましいです。

そういえば会場にはTEX加藤さんや横本勝也さんもお越しになっていましたね。

Re: No title

TAHJさん、

> いや~色々調べていたら、主語のすぐ後に再帰代名詞を置くことが出来るなんてできるなんてはじめて知りました。(受験勉強でもやった記憶がありません)

あっ、そうですか。勉強になりました、ありがとうございます。

> そう考えるとシナゴンは結構手ごわそうですね(笑)

実は、私はシナゴンはまだ手付かずなんですよ^^;

> しっかりシナゴンをモノにして、来年の大学3年までにはAランクにいきたいと思います\(゜ロ\)

学生さんでしたか!
3年次までにAランクが取得できれば強みになれますね。
がんばってください。

Re: お疲れ様でした

りりさん、
セミナーお疲れ様でした。

ベストコンディションであのセミナーを受けられて本当に良かったですね^^

> 講師のおふたりに会場は魅了されてしまいましたね。明るくてユーモアがあって。単発の講座よりも通しで8回とか10回とか何かを目標にゴールまで導いていただくことをしていただけたらどんなに勇気づけられるだろうかと思いました。あのお二人にだったら、励まされたり叱られたりしたい、っていう学習者は多いんじゃないでしょうか^^

はい、本当にあのお二人の講義を受けてみたくなりました。
講義の内容も素晴らしいですが、あのキャラで叱られながらトレーニングを受けられたらどんなに楽しいことでしょう(爆)

Re: 羨ましい

kimtさん、

> 実際Ayaさんは「東京理科大学生涯学習センター」という所で「」TOEIC(R)テスト2カ月逆算600点」を担当しているみたいですね。

これは、既に大人気講座になっているそうですよ。
受講生の成果も出ている素晴らしいセミナーです。

> その彼女から「来年も再来年も「友だち」でいましょうね」と言われるOJiMさんが羨ましいです。

あはは!羨ましいでしょ^^
以前には、あるTOEICセミナーで一日中Ayaさんとペアワークを組んだこともあるんですよ(と、軽く自慢)

> そういえば会場にはTEX加藤さんや横本勝也さんもお越しになっていましたね。

TEXさんは気が付いていましたが、横本勝也さんもお越しになられていたんですね。
きっとあのお二人のお祝いに駆けつけてきたのでしょうね!

私も参加しました

ななめ後ろに座っていた者です。
本当にお二人とも魅力的でした。
教えられることがたくさんありました。

それにしても、OJiMさんのTOEIC歴もすごいですね。
私も地道に英語力をブラッシュアップしていこうと思いました。
今後ともよろしくお願いします。

Re: 私も参加しました

cocolearningさん、

終了後、少しお話させていただいた方ですよね!
早速、訪問いただきありがとうございます。

> 本当にお二人とも魅力的でした。
> 教えられることがたくさんありました。

そうですね、セミナーで習ったアクティビティーを日々のトレーニングに取り入れていきたいと思っています。

> それにしても、OJiMさんのTOEIC歴もすごいですね。
> 私も地道に英語力をブラッシュアップしていこうと思いました。
> 今後ともよろしくお願いします。

何か、ご意見や感想があれば、またコメントをよろしくお願いします。
今後ともよろしくお願いします!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: