「私は、おじみが好みそうだと(私が)思うTOEIC本をあげた」

He is the person ------- I think can do the job.

(A) which
(B) who
(C) that
(D) how

---
正解は(B)

He is the person who I think can do the job.

Part5,6でたまに登場するパターンですよね。

解説では、"I think"が挿入されている、

He is the person who (I think) can do the job.

He is the person who can do the job.

と、見なして解きましょうとなってる場合があります。これで何ら問題はないですし、高速に処理をしていくにはこの考え方が良いと思います。


大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編
(2009/08)
大矢 復

商品詳細を見る

一方で、この本には、このように解説されています。

元々、このような複文があり、

I think (that) the person can do the job.

that節の中の主語、the personがwhoに変わって前に出たと考える。

He is the person who I think can do the job.

なるほど、自分としてはこの解説でスッキリしました。

この英文構造の感覚が分かると、Writingにも役立ちます。

「私は、おじみが好みそうだと(私が)思うTOEIC本をあげた」

これって、簡単そうに見えて、なかなか英語が出てきません。

I gave OJiMi a TOEIC book which I thought she would like.

この英文が作り出せるようになると、このパターンの英文を読んだ時にも、聞いた時にも、語順のままにスムーズに理解が出来るようになります。

では。

応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても興味深い解説ですね!

セミナー後にぜひディスカッションさせてください!

Re: No title

みゅうみゅうさん、

> セミナー後にぜひディスカッションさせてください!

是非是非!

きっと、語りたいことがおありなんですね^^

No title

OJiMさん

この文章は興味深いですね。簡単そうで奥が深い。

ところで、この文章、He is the person who I think can do the job.の関係代名詞whoが省略可能だといことをTOEICで学びました。

I gave OJiMi a TOEIC book which I thought she would like.のwhichも省略可能です。

I thinkとI thoughtがそれを可能にします。主格の関係代名詞の省略ですね。

目的格の関係代名詞が省略されるのは誰でも知っていると思いますが、主格の関係代名詞が省略されることを知っている人は少ないと思います。

実はこの主格の関係代名詞の省略パターンは、TOEICのPART6とPART7に頻出します。何となく読めてしまうので気づかないだけです。

見つけてみてくださいね。

Re: No title

Rabbitさん、

> ところで、この文章、He is the person who I think can do the job.の関係代名詞whoが省略可能だといことをTOEICで学びました。

ほんとそうですね。時間の無い社会人は、TOEICのPart5で文法を学ぶのがいいと思います。

> 目的格の関係代名詞が省略されるのは誰でも知っていると思いますが、主格の関係代名詞が省略されることを知っている人は少ないと思います。

あっ、そんな法則があるんですね。普通に省略可能なのかと思ってました(汗)

ブログを通して学べることも多いですね!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: