第1回 トーイッカーゼミの振り返り、そして次へ

会場に向かう途中で見かけた、尊敬する大西先生のつぶやき。
twitter.jpg

リスニングにも、全くそのまま当てはまると考えだと思います。

特に、「そしてその壁を突き抜けるには、繰り返しの練習しか手段はありません」という部分が重要なポイントではないでしょうか。

その壁の正体は何なのか、について、これまでブログで発表してきたOJiM理論に加え、参加者の方々と実験をしながら考えてみました。それが分からないまま、あるいは腑に落ちないままでは、後半紹介するオーバーラッピング、シャドーイング、音読の効果は出ないと思ったからです。

ゼミの最中には、活発な質問や、ご意見をいただき、私自身も多くの気づきをいただきました。文法問題とは異なり、リスニングは無意識のうちに行われるので、解説をするのは難しく、どうしても感覚に頼らざるを得ません。質問やご意見をその場で直接いただけると、どこまで自分の感覚が伝わっているのか、どこが分かりにくいのかが良く分かりました。

そして、後半の実践編。45分を残してトレーニング方法の紹介と実演を行う予定だったのですが、時間が押して残り30分弱。塗り絵気味でした。スミマセン。

さて、今後のトーイッカーゼミですが、今回の参加者の要望を踏まえ、以下のテーマが候補です。

A)理論編を圧縮、実践編をメインにした今回の再演
B) Part3&4の先読み理論、実践トレーニング
C)Part2対策
D)Part5の復習法、実践皿回しトレーニング
E)Part7の解法、速読トレーニング


ご希望があれば、コメント欄、もしくはメール、メッセージでお願いします。
日程は、公開テストの翌週の土曜日を考えていたのですが、TOEICイベントが被り始めているので、決まり次第お伝えしたいと思います。

応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

公開テストも受験できなかったので
セミナーだけは参加したかったのに
参加できなくて残念でした。ごめんなさい><
次回行けるとしたらA)とE)がいいな。
よろしくお願いします。

Re: No title

(自称)おじみちゃん、

> 参加できなくて残念でした。ごめんなさい><
> 次回行けるとしたらA)とE)がいいな。

いまのところ、A)が有力かな。
詳細が決まったら、公開するね!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: