TOEIC学習にCOCAを活かす

出版記念セミナーで話をしたCOCAについて、いくつかお問い合わせをいただいたので簡単な使い方を紹介しておきます。

COCA(Corpus of Contemporary American English)とはコーパスです。コーパスとは、言語のデータベースです。本来は言語の研究目的で使うものですが、学習用、あるいは実務用途でも使うことができます。私は、コロケーション(語と語のつながり)を調べるために利用しています。サラリーマン特急を執筆した際には、いくつかのデータベースを使いましたが、このCOCAもその1つです。

COCAを使わなくても、ぐーぐる先生を使えばコロケーションを簡単に調べることはできます。googleで"inclement weater"(両端にダブルクオテーション)と検索をすると、7,730,000件がヒットするので、これがよく使われている、ということが分かります。

一方で、英辞朗で悪天候の訳語としてトップに出てくる"abysmal weather"は12,100件しかヒットせず、あまり使われていない、ということが分かります。コロケーションのチェックにはこれで十分です。

ここから更に調べたいという時にCOCAの出番になります。例えば、inclementという形容詞と相性が良い名詞は何かをCOCAで調べることができます。
coca.jpg

WORD(S)の欄には調べたい単語、inclementが入っています。COLLOCATESの欄は、0、1と設定しています。これは、inclementの直後にくる語を調べるという意味です。POS LISTは品詞を設定します。ここでは、noun.ALLと設定しており、これは名詞全般を表します。

これで、SEARCHボタンを押すと以下のような検索結果が出てきます。
(実際の画面をもとに見やすく加工してあります)
rank.jpg


おおっ、TOEICの世界に限らず現実の世界においてもinclementとweatherの相性はバツグンなのですね。更に、weatherをクリックするとinclement weatherが使われている英文が表示されます。例文ではなく、実際に使われた生の文です。

COCAは英文ライティングをする時にも、メチャクチャ役に立ちます。自分が使いたいと思っている動詞に相性の良い前置詞は何なのかを調べたり、それがどんな文脈として使われているのかを調べたりすることができます。

なお、COCAは他にも機能がたくさんあり面白くてはまりやすいので、公開テスト前に試すのは控えた方がいいかもしれませんね。

応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: