合同自主トレに参加予定の皆さまへ

参加の際にメッセージ欄に「リスニングが停滞しています。なんとかしたい」「これまで躊躇していた音読にぜひチャレンジしてみたい」など、切実な、そして真剣なコメントを書いていただき、開催者として身が引き締まる思いです。

一方で、「自主トレ」という聞きなれないタイトルのセミナーに参加するのに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。「学習会」や「セミナー」などシンプルなタイトルにしてもよかったのですが、あえて「自主トレ」としたのは、参加者の方が自分のために自主的にトレーニングをする場にしたかったからです。

例えば、「音読」をする時間は自分のペースで音読をします。講師の「Repeat after me」という掛け声に続いて、生徒が一斉に同じペースで英文を読み上げる、あのスタイルではありません。発音も、ネイティブのようではなくて日本語なまりで全く構いません。

とは言え、進行は私がきっちりと仕切りますのでご安心ください。私の説明を聴く時間、私が見本を示す時間、質問する時間、皆さんが実践する時間にきちんと分けて進めていきます。

今回取り上げるのは、No.41-43です。本書の中で最も簡単で、それでいて重要な表現、展開が詰まった重要なスクリプトなのです。えっ?それだと簡単過ぎますか?いえいえ、これをスッキリと聞こえるようにするのは決して簡単ではないのです。900点ホルダーの方でさえもスッキリとは聞こえていないはずです。

事前の準備としては、このスクリプトを読めば分かる段階にしておいてください。筆記用具として、赤ペンをご持参ください。また、可能であれば当日会場でこの音声を自分が聞くためのMP3プレーヤー、スマホ、イヤフォンをお持ちください。オーバーラッピング、シャドーイングを練習する際には、私が持ち込んだ小型のスピーカーを慣らしますが、使い慣れた、聞きなれた自分の機器でやりたい方はご自身のでやっていただいても全く構いません。

では、当日、会場でお会い出来るのを楽しみにしています。

#参加者向けへの連絡事項ですが、私の考えている事をブログ読者の皆さまと共有する意図で記事として公開しています

応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

時間配分

こんにちは、今日の合同自主トレに参加しました。
オーバーラッピングすら難しいと感じていたのですが、言い間違いを気にしないとか、遅れ・先行を気にしないとか言われてとても気が楽になりました。
さて、毎日の時間配分に関する質問です。
リスニング・リーディングに毎日どのくらいの時間をかけて何を利用して勉強されていますか?
今まで公式5・6と究極の模試、そして花田さんのⅠ.Ⅱだけをやってきて885点が取れたのですが、どう広げていったほうが良いのか悩んでいます。

Re: 時間配分

ボストンさん、
本日は参加くださりありがとうございました。

> オーバーラッピングすら難しいと感じていたのですが、言い間違いを気にしないとか、遅れ・先行を気にしないとか言われてとても気が楽になりました。

Speakingの練習ではなく、あくまでもListeningのがめのトレーニングですからね。
それにしても、私の実演はかみかみでしたが^^;

> さて、毎日の時間配分に関する質問です。
> リスニング・リーディングに毎日どのくらいの時間をかけて何を利用して勉強されていますか?
> 今まで公式5・6と究極の模試、そして花田さんのⅠ.Ⅱだけをやってきて885点が取れたのですが、どう広げていったほうが良いのか悩んでいます。

885は、900手前の壁になりやすいスコアですね。
ボストンさんのこれまでのスコア履歴と、現在の状態が分かった方がよいアドバイスが出来ると思いますので、もしよろしければ直近の数回のアビメを教えていただけますでしょうか。「合同自主トレ」をお申込みの際に届いたメールの下部にある、メールでの返信先に書かれているアドレスにご連絡ください。

よろしくお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: