東進の武藤先生の音読講義を見て衝撃を受けた件

まずは、これを見てください。



「それは、ぜんぜんダメです!」

のところに感動しました。

チャリティーセミナーや、英語部勉強会でダメな音読の見本として実演してきた例の「棒読み音読」のことですよね。

武藤先生が教えている「英文の構造を取りながら」音読するという考え方と、私がサラリーマン特急に書いた「キモチを込めた」音読、「伝えたいキモチを次々に英語に乗せる」音読と本質的には同じなんだなと思いました。

武藤先生の講義をフルで受けてみたいと強く思う今日この頃です。

応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

気持ちが大切

OJiM監督、おはようございます!
残念ながら仕事中で、youtubeまだ見られないのですが、英文の構造を取りながら読む音読と、気持ちを込めた音読が同じ意味合いなのが不思議な感じです。
構造を取っていると気持ちが乗ってこないような…(--;)まだまだ経験不足です(^^;

Re: 気持ちが大切

りすこさん、
いつもコメントありがとうございます。


>構造を取っていると気持ちが乗ってこないような…(--;)まだまだ経験不足です(^^;

確かに英文構造にばかり意識がいってしまうと、本末転倒ですが、
武藤先生の言っておられる意味のカタマリ毎に話者のキモチを乗せていく、
と理解するのがいいと思います。

先日の合同自主トレでは、一文単位でそのカタマリとキモチを解説し、
実演していきました。

プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: