TOEIC妄想小説 夏の扉(その3)

夏がやってくるたびに、あの夏のことを思い出す。

非現実的な体験が、幻想、ましてやボクの妄想なんかではなく実体験であったのは紛れもない事実だ。なぜならば、ユウコ、そして愛猫のジュリアがあの時のことを今でもはっきりと覚えているからだ。

あの夏以降、TOEICバトルゲームでボクが「それは自動詞だから目的語は取れないよ」などと得意げに解説をすると、ユウコは決まってくすくす笑いながらあのダーバン男の真似をする。ジュリアは、ボクが音読とキモチの関係を語り始めると、決まって心配そうな顔つきで「ミャア」と警告をしてくれる。

ただ、互いにあの世界の出来事を、敢えて口に出すようなことはしない。それは、あの「国際動詞判定連盟」や「国際英文法連盟」の存在を忘れてしまいたいからではなく、むしろ、また、あの年次総会に招待され、次回は、見学者としてではなく議論に参加して、彼らと意見交換をしてみたいと思っている。

”ボクは他動詞よりも自動詞の方が好きです。目的語を伴わない自動詞は、何か凛とした趣があるからです。

補語が必要なばっかりに「不完全自動詞」というレッテルを貼られてしまった自動詞には、何か悲哀のようなものを感じてしまいます。どうか、もう少し尊厳のある名前に改名してもらえないでしょうか。

もともと自動詞として生まれたはずの"walk"が、"A man is walking a dog"のように、他動詞としても認められたのは、何かよほどの事情があったのですか?...”

猛暑の今年、また夏の扉の向こうに行ってみたい。

(この項おわり)

応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

国際動詞判定連盟!!

こんな連盟が本当にあって、様々な文法事項が決められているとしたら…なんて楽しいのでしょう!
ちょっと幻想的で、TOEIC感に溢れたステキなお話でした(*^^*)
他動詞がちょっと好きになった…かも?

No title

不完全自動詞に悲哀を感じるところのセンスが好きです(笑)

次回連載楽しみにしています!

Re: 国際動詞判定連盟!!

リスコさん、

> こんな連盟が本当にあって、様々な文法事項が決められているとしたら…なんて楽しいのでしょう!

夏の扉の向こうにきっとあるはずです。

> ちょっと幻想的で、TOEIC感に溢れたステキなお話でした(*^^*)

ステキなコメントありがとうございます!

> 他動詞がちょっと好きになった…かも?

では、次回は「他動詞の冒険」という妄想小説にチャレンジしてみようかな。

Re: No title

Jet Bullさん、

コメントありがとうございます。

> 不完全自動詞に悲哀を感じるところのセンスが好きです(笑)

その不憫なネーミングで、他人には言えない御苦労をされていると思うのですよ(笑)

> 次回連載楽しみにしています!

はい、またアイデアが浮かんだら書きますね。

他動詞の冒険

すごく楽しみ(≧▽≦)
お待ちしてます!!

Re: 他動詞の冒険

りすこさん、

他にも、

「冠詞のある生活」
「わが名は副詞」
「分詞構文の憂鬱」
「あの未来完了形の向こうに」
「ボクとカノジョと受身の進行形」

などなど、構想(妄想?)は色々とあります(笑)

ワクワク

こんばんは!

「冠詞のある生活」
「わが名は副詞」
「分詞構文の憂鬱」
「あの未来完了形の向こうに」
「ボクとカノジョと受身の進行形」

どれもみんなすごく心魅かれるタイトルです^ ^
冠詞のある生活って、読んでみたい。笑
他の4つもおもしろそうでワクワクします。
楽しみにしてます!

Re: ワクワク

yukiさん、
コメントありがとうございます。

> どれもみんなすごく心魅かれるタイトルです^ ^
> 冠詞のある生活って、読んでみたい。笑

普段、気にも留めなかった冠詞が突然、日常から居なくなって初めて冠詞の大切さに気が付く、という一人称の日記形式の小説でしょうか。

> 他の4つもおもしろそうでワクワクします。
> 楽しみにしてます!

全て思い付きですが、こうして見てみると意外にいい感じですね^^
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: