「例の方法」

ネットに公開されていた、ある試験の問題を見ていて、ウン十年前に習った「例の方法」を思い出しました。

「例の方法」とは、代ゼミのカリスマ講師だった有坂先生が提唱していた、問題文を読まずに正解選ぶ受験テクニックです。

例題を作ってみたので、ちょっと考えてみてください。a、b、c、dには、それぞれ一見正しそうな事が書かれているとします。

-----
以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a.○○○○○
b.△△△△△
c.□□□□□
d.▽▽▽▽▽

①a,d
②b,c
③a,b,c
④b,d
⑤すべて正しい
-----
正解は④です。

まず、選択肢の相互の関係から③、⑤は正解に成りえないことが分かります。

もし⑤が正解ならば、a、b、c、dは正しいことが述べられていることになるので、他の番号、①、②、③、④も正解になってしまうからです。同じ考え方で、③も正解には成りえません。

これで、正解の候補は①、②、④に絞られます。

①a,d
b,c
b,d

次に、選択肢の中で最も多く登場している記号はbとdなので、その2つ共が含まれている④が正解になります。つまり、選択肢だけを見て正解を選んだことになります。

----

かなり古典的なテクニックですが、受験者としては覚えておいて損はないでしょう。(もちろん、TOEICには使えませんが)

一方、問題作成の視点からすると、こういう作問をしてはイカンよなあ、と思う反面、「例の方法」を世に知らしめる教育的な意図で作問されたのだとしたら良くできた問題だな、としみじみ思いました(爆)

こんな記事ならもっと読みたいと思われた方はクリック、RTをお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

Part 7

以前、パート5の助言をいただいたC.Jです

おかげさまで、千本ノックとヒロ前田の上級模試を
やりこんだので202TOEICはアビメを見る限り
9割以上とれていました

前(200)にうけたときはパート5ボロボロでしたが
パート7は最後まで解ききり手ごたえはありました
結果は9割方とれていました

202toeicではなぜか全体的に読みにくい、理解しずらい文章の連続で時間が異様にかかってしまい
ダブルパッセージ1題を除き全て塗り絵しましたが
R390でした

OJiMさんも202toeicのパート7について記事にしていましたが

同じような語彙、構文を使いながら読みづらい、理解しづらいという差はどこでつくのでしょうか?

自分は今は、ゴールド模試と解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part 7に取り組んでおります

やはりTOEIC 形式の文章を大量に読解する
ことでオールランドな文章に対応できるようになるの
でしょうか?

なにかアドバイスあったらお願いします

追伸:
OJiMさんの対談動画でのふてぶてしさが気に入りました 話しながらの舌打ちが最高でした
サラ特 リーディングも購入させていだだきます

執筆頑張ってください

Re: Part 7

C.Jさん、

> 以前、パート5の助言をいただいたC.Jです

お久しぶりです。

> おかげさまで、千本ノックとヒロ前田の上級模試を
> やりこんだので202TOEICはアビメを見る限り
> 9割以上とれていました

素晴らしいですね!

> 同じような語彙、構文を使いながら読みづらい、理解しづらいという差はどこでつくのでしょうか?

キーとなる情報がたくさん出てくる文、例えば、人名が出てくる記事は読みづらいですね。

> 自分は今は、ゴールド模試と解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part 7に取り組んでおります

いづれもレベルが高い本ですが、良問が多いので確実に力が付きますね。

> やはりTOEIC 形式の文章を大量に読解する
> ことでオールランドな文章に対応できるようになるの
> でしょうか?

基本は正確に読めるようになることだと思います。語彙、語法、構文が完全に分かるまで復習した問題を使って、次は、早く正確に読めるよう、時間を短縮していってはどうでしょうか。

> 追伸:
> OJiMさんの対談動画でのふてぶてしさが気に入りました 話しながらの舌打ちが最高でした

ビッグネーム2人を前にして、謙虚でいたつもりなのですが(汗)

> サラ特 リーディングも購入させていだだきます
>
> 執筆頑張ってください

応援コメントありがとうございます!
今回いただいた、ご質問に対する回答もばっちり入っていますので、お楽しみに。

頭の体操

この記事を見てたら、父が読んでいた多湖輝さんの「頭の体操」という本をなんだか急に思いだしました。
大人になってからこの父の本を借りてよく読んでいた記憶があります。
「なるほど~」というユニークな発想力がこの記事と被さってついついこの2冊をリハビリを兼ねてポチっちゃいました~。

頭の体操BEST (ISBN 9784334975852) - 正規シリーズより厳選した問題が100問出題されている。
頭の体操BEST 2 (ISBN 9784334976378) - 100問を厳選したベスト版第2弾

「頭の体操」というコトバがぴったりの問題でした(確か…)。
そんなに難しい文字はないように思えるので、明日密林さんから届いたら少しずつ解いてみようと思いま~す。

ブログネタとちょっとずれてるコメントですいません。

Re: 頭の体操

AKKOさん、
コメントありがとうございます。

> この記事を見てたら、父が読んでいた多湖輝さんの「頭の体操」という本をなんだか急に思いだしました。

知ってます、知ってます。
その本、読んでいました。

> 「頭の体操」というコトバがぴったりの問題でした(確か…)。

そうでしたね、一見かんたんそうに見えて実は深い問題とか、難しくて解けそうにない問題を斬新な発想で鮮やかに解説している問題とかが満載だったと記憶しています。

久々に読み返してみようかな。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: