第177回TOEIC公開テストの振り返り(やや長文)

【Listening】
昨日は英語脳が調子良かったみたいで良く聞こえました。

会場は150人くらいが収容できる教室の前方から10番目でラジカセでした。以前だったら休憩時間に前方席に替えてもらっていましたが、今は開始前にバタバタすると気持ちが落ち着かなくなるので最初に割り当てられた席で受けるようにしています。

Part1は難なく通過して、Part2の23問目あたりの問題でCまで聞いて正解が無かったので勘マークでAを塗っておきました。30問目まで解いたところでNo.21からNo.30はBが少なかったのでNo.23をBに塗り直しました(爆)

たぶん第一話者の発言を聞き間違えたのだと思います。Part2は問題と問題の間で余計な事を考えてしまいます。「あっ今回は簡単そうなので全問正解行けるかな」とか思った直後が危ないです。そしてそれを引きずってしまうのが更に良くないですね。

Part3、4の音声は状況、話者の関係が把握しやすいものばかりでした。設問も難しいのが無かったと思います。Part1、2のディレクション中にPart3、4の設問をざっと眺めて、「設問に人物名が2人でてくる問題」があるかどうかを調べてみましたが今回はありませんでした。これなら、「全問後読みで行けるぞっ」と思うとリラックスすることができたのが良かったのかもしれません。

TBRの情報でPart4で1問ミスが発覚しました。海外赴任に関する手配の話で、「新入社員」が正解だったようですが、私の頭の中では「社員が中国に転勤する場面」が浮かんでいました。これも聞き漏らしが原因だと思います。この聞き漏らしは音読を中心としたトレーニングでリスニング力をもう1段上げれば無くすことが出来ると確信しています。

昨日のTBRで、トーイッカーの高得点者の間では、意外にも音読派が少数派であることを再認識しました(笑)。きっかけは「半年間、音読をしたのにリスニングスコアが上がらないのはなぜ?」という質問でしたが、私が答えるとすると「音読のやり方が悪い」のと「成果が出るのに半年くらいはかかる」ということになります。

音読は良いという先生は多いのですが、音読を使ってリスニングスコアを上げる具体的な方法と理論を学習者目線で語れるトーイッカーは私をおいて他にはないと確信しましたので、今後は「優子シリーズ」を使ってもっと発信していこうと思いました。

【Reading】
TBRの帰り道、「どうしたらPart5でミスをしたencouragingとwideningを正解できるようになるのか」をずっと考えていました。

それぞれ品詞選択の問題で、一瞬で選び、一瞬で間違えました。これはうっかりミスとは言い切れない、自分の課題があると思っています。品詞選択の問題は高速で切り抜けたいという思いがありますが、時間をかけたら正解に至っていたのかというと少し疑問が残ります。

encouraging/encouragedは現在分詞/過去分詞の問題なので、能動/受動の違いを立ち止まって考えていれば正解できたかもしれません。私はなんとなくencouragedの方が座りがいいという感覚で選んでいました。このタイプの問題を次回から間違わないようにするには、文意をきちんと取ることと、この問題でブレーキをかける嗅覚を養うことかと思います。

一方、wideningは時間をかけてもダメだったと思います(爆)

”冠詞 (空欄) 前置詞” ときたら、名詞のwidthでしょう。。

解説によればwidthは文意にそぐわないから不正解とのことです。この問題を正解するには、品詞選択問題と言えども、先頭から全文読みして意味を取って解答しなければならないということなのでしょうか?

Part7は開始したのが14:05くらいで、DPに入ったのが14:30でした。インターネットサービスプロバイダの問題や、Fundrisingの問題に時間がかかったのですが、200問解き終えたのが14:50でした。本文は文章量が少なめで、読みやすかったと思います。でも、こういう問題セットには危険なトラップが仕掛けられているはずです。

残り時間で5問ほどあやふやな問題を見直しをしましたが、1問勘違いを見つけて修正することが出来ました。(手紙に同封されているのは何かという設問で、正解はサービスの案内。ひっかけの選択肢であるCreditCardは別便で送付されています)

Part7の正解率を上げるために、見直し時間をより多く残すというのはとても重要だと思いました。最低でも10分、出来れば15分残しが出来るようになればかなりミスが防げるようになると思います。

精度を落さずに読み取りスピードを上げていくには、返り読みをせずに一発で文意を取れるよう模試を使ったトレーニングを継続していこうと思います。


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

TBRお疲れ様でした

OJiMさん

今回は12分余り、見直した際にencouragingとwideningを訂正し間違えました(爆)!

最初の自分の感覚を信じればよかった(泣)。また、TBRで質問したnew customerも見直し時間に訂正し間違えました(笑)。よく考えれば常連客にwelcomeって言わないですよね。

一方、credit cardは見直し時間にトラップに気付き、descriptionなんちゃらに修正しました。

見直し効果は1勝3敗でした。時間を余らせるのも考えものですね。じっくり読んでいって5分余り位がちょうどいいかもしれませんね。

韓国模試ではいつもそうやっているにもかかわらず、公開テストということで焦ってしまいました。どうしてもRで満点とりたかったのです・・・。

揺るぎない実力を養いたいと心底思いました。

wideningに関して

OJiMさん、

昨日のTBRお疲れ様でした。
ハスキーボイスで、さぞ世の監督ファンを
悩ませたと思います(爆)

さて、今回の記事にあった疑問ですが、
空欄の後に2レーンから4レーンにというように
拡大、拡張させるという文脈があったと思います。

そう考えると、widthは「幅、広さ」そのものを示す名詞であり、
ここではwidening「広げること、拡大、拡張」という名詞の方が適切です。
ここでは、wideningがspending「支出」のように
分詞や形容詞というよりも、名詞として扱われていることがポイントと考えます。
(spendingに関しては、千本ノックに掲載されているので、ご存知かと推察します。)

Tommy

Re: TBRお疲れ様でした

Rabbitさん、

> 今回は12分余り、見直した際にencouragingとwideningを訂正し間違えました(爆)!

なるほど、そうだったんですか^^;
悔しいですね・・

> 見直し効果は1勝3敗でした。時間を余らせるのも考えものですね。じっくり読んでいって5分余り位がちょうどいいかもしれませんね。

これはどちらがいいのか悩ましいですね。
後で見直すと新たな視点で考えが浮かぶ場合もありますし、
一方では初見での感覚が正しい場合もありますからねー。

> 揺るぎない実力を養いたいと心底思いました。

Reading満点は高い壁ですが、共に頑張りましょうよ!

Re: wideningに関して

Tommyさん、

昨日はお疲れ様でした。

> ハスキーボイスで、さぞ世の監督ファンを
> 悩ませたと思います(爆)

あはは、美声だと言ってくれた方もいたんですがね^^;

> さて、今回の記事にあった疑問ですが、
> 空欄の後に2レーンから4レーンにというように
> 拡大、拡張させるという文脈があったと思います。

空欄の後は、全く読んでいませんでした・・

> そう考えると、widthは「幅、広さ」そのものを示す名詞であり、
> ここではwidening「広げること、拡大、拡張」という名詞の方が適切です。
> ここでは、wideningがspending「支出」のように
> 分詞や形容詞というよりも、名詞として扱われていることがポイントと考えます。
> (spendingに関しては、千本ノックに掲載されているので、ご存知かと推察します。)

詳しい解説ありがとうございます。
今回の件で、Part5の精度を高めるためには、より一段質の高いトレーニングをする必要性を感じました。
3月の公開テストに向けてがんばります。

引き続きよろしくお願いします!

音読

今回試験の前に読解特急1と神崎式リーディングを復習した後「出まくり英文法」の音読を2周して試験の望んだら初めて7を解ききって3分余りました。結構全体を読まさせられたのに5から7をいつもより早く解くことができました。個人的にはけっこう音読が効いたのではと思ってます。

年とって集中力が落ちているのと結構慌て者(笑)なのでどれくらいミスしているのかわからずスコアーに音読がどれだけ貢献するかは不明ですが。

人に音読を勧めているので、TOEICでの音読の効用を是非証明して頂けるとありがたいです。

満点狙いno

監督さん:

TBRありがとうございました!

widening とwidthは、
私も「ムムッ?」と思いました。
品詞的にはどちらもありえるからです。

しかし、Tommyさんご指摘の通り、
「道を広げる」という文意です。
widthでは意味が通じない。
だから、wideningを選びました。

「Part 5でも文意を確認する」ことをお薦めします。
品詞だけで判断すると、ミスすることがあります。
私も「文意を確認しなかった」ために
何度も誤答を選び、痛い思いをしました。

900点狙いなら、
文意までチェックしなくてもいいかもしれません。

しかし、満点をねらうなら、
「全問正解」(ノーミス)をターゲットに
しないといけません。

でも、実のところ、
文意をしっかりチェックしなくても
正解が選べてしまう問題が多いのが、
逆に、悩ましいですよね・・・

Re: 音読

ouchさん、

テストお疲れ様でした。

200問完答おめでとうございます!
音読は返り読みをしないトレーニングにもなるので、
読解速度が上がって、それが効いたのではないでしょうか。

> 年とって集中力が落ちているのと結構慌て者(笑)なのでどれくらいミスしているのかわからずスコアーに音読がどれだけ貢献するかは不明ですが。

Part7はひっかけ問題が多いので、読めても解けていないことがありますもんね。
でも、塗り絵が無くなったことでスコアアップは期待しても良いのではないでしょうか^^

> 人に音読を勧めているので、TOEICでの音読の効用を是非証明して頂けるとありがたいです。

私に関して言えば、少なくともリスニングのスコアは音読を中心としたトレーニングで上げてこれたと思っています。音読を中心として、シャドーイング、暗唱を含めてという意味でです。

音読にかけた時間にくらべると、問題を解いたのはごくわずかですし、いわゆる先読みテクニックを使っていないので、音読によるリスニング力の向上=スコアアップだと思っています。

では、なぜ効果があるのかについては、自分なりの仮説を検証すべく、専門書などをよみつつ考えをまとめています。

それらをある程度、まとまったところで記事にしていこうと思っています。

Re: 満点狙いno

ぬり恵さん、

> TBRありがとうございました!

お聞きいただいてたんですね、ありがとうございます!

> widening とwidthは、
> 私も「ムムッ?」と思いました。
> 品詞的にはどちらもありえるからです。

さすがですね!
この、「ムムッ?」と思えるようなとっさの判断力を私も身に付けていきたいです。

> 「Part 5でも文意を確認する」ことをお薦めします。

はい、ありがとうございます。
肝に銘じます。

> しかし、満点をねらうなら、
> 「全問正解」(ノーミス)をターゲットに
> しないといけません。

今の解法では、全問正解できないことが改めて分かりました。

> でも、実のところ、
> 文意をしっかりチェックしなくても
> 正解が選べてしまう問題が多いのが、
> 逆に、悩ましいですよね・・・

そうなんですよ、、、副詞が正解になるような問題ですよね。
それが、スパッと解けた時の快感がたまらなかったりします(爆)

英語学習なら

OJiMさんありがとうございます。私は松本亨高等英語専門学校の卒業生なので英語学習ではまず話す聞くが重要だと思ってますし、英語の学習で一切音読しないというのは考えられません。松本亨先生は「英語は音に意味がある」とおっしゃってました。(ただしリーディングで早く読むときは音を出してはいけないとも習いましたが)

TOEICでは英語はどうでもよくて(本当はどうでも良くないのでしょうが)点数だけ欲しい方もいるので、そういう方に英語能力を伸ばすのに音読は必要と言っても意味ないでしょうね。

けれどOJiMさんが、TOEICで点数だけあげるのにも音読は効果的と証明されたら大変素晴らしいことですのでぜひ頑張ってください。

Re: 英語学習なら

ouchさん、

> OJiMさんありがとうございます。私は松本亨高等英語専門学校の卒業生なので英語学習ではまず話す聞くが重要だと思ってますし、英語の学習で一切音読しないというのは考えられません。松本亨先生は「英語は音に意味がある」とおっしゃってました。(ただしリーディングで早く読むときは音を出してはいけないとも習いましたが)

はい、存じ上げております。
ouchさんと言えば、松本先生、
松本先生と言えば、音読ですもんね!


> TOEICでは英語はどうでもよくて(本当はどうでも良くないのでしょうが)点数だけ欲しい方もいるので、そういう方に英語能力を伸ばすのに音読は必要と言っても意味ないでしょうね。

とりあえず、スルーしておきます(笑)

> けれどOJiMさんが、TOEICで点数だけあげるのにも音読は効果的と証明されたら大変素晴らしいことですのでぜひ頑張ってください。

改めて私のスタンスを明らかにしておくと、
音読で「英語力」を上げ、英語力を上げることでスコアアップを目指しています。

今後とも、よろしくお願いします。

王道ですね

そのスタンスは天満さんや石渡先生他多くの達人が勧めていますね。前田先生がTBRで神崎先生と対談された時も昔から達人と言われた人たちが言っていることは同じだと言われた、英語学習における王道ですね。

そういえば松本道弘先生も昔、英語がなまらないように(言葉でなくて英語力が)時々音読するとおっしゃってました。

No title

はじめてコメントします。
昨年からこっそり前ブログを拝読してました。
私は主婦なんですが、優子ファンです(^^)

音読を取り入れた学習をメインで取り組んでいるので、
これからの優子シリーズ、とても楽しみにしています♪
よろしくお願いします。

No title

ouchさん、

再びコメントありがとうございます。
自分が歩んで来た道が、そしてこれからも歩んでいこうとしている道が、英語の大先輩が言うところの「王道」であるというのは、とても嬉しく、また、勇気がわいてきます。


あの松本先生ですら、英語力維持のために日々音読をされていたのですね。
そのエピソードを知って、モチベーションが上がりました。

ありがとうございます!

No title

とゆりままさん、

初コメントありがとうございます!
優子ファンなんですね。
きっと、優子も喜んでいることでしょう(笑)

優子シリーズがとゆりままさんの音読学習に役立つように、そして、楽しんでいただけるような記事にしていきたいと思います。

質問があれば、遠慮なさらずに、コメントをお寄せください。

また、主婦視点で、優子シリーズに対するご意見や希望をお寄せいただけると嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: