サラリーマン特急「満点リーディング」への道(校正&録音)

先日のイベントで何人かの方から、「本業をやりながら本を執筆するのは大変ですね」、と声を掛けていただきました。ありがとうございます。

文章を書くのは好きなことですし、そもそも大好きなTOEICの事について書くのは楽しいとしか言いようのないこと。また、ブログを書くためにこれまでに色々考えながらTOEICをやってきたので、書くネタに困ることはありません。

ただし、原稿を書き上げ、ゲラが完成し、校正が始まると少し状況が変わってきます。

校正者の方が付けてくれた指摘事項を1つずつ見ていく作業というのは、自分の注意力、英語力・日本語力の足りなさを1つづる確認することでもあるので、これを延々とやり続けるとかなりダメージをくらいます。

特に、深夜だと、酷い肩こり、視力の減退という肉体的ダメージに加え、どんどんネガティブ思考になっていくので精神的ダメージは甚大です。

ただ、プロの校正者に、自分ではどうしても捻り出せなかった言い回しや、ネイティブに英語感覚のズレを教えてもらえる機会だと捉えると、校正というのはすごい学びの機会であるとポジティブに向き合えることができます。

校正の最終期限は明日。更に、読みやすい本になるように仕上げていきたいと思います。

---

昨日は、音声ファイルの録音に立ち会ってきました。前作の「満点リスニング」で男性パートを担当してくれたHowardに全スクリプトを吹き込んでもらいました。

今回、パート7の音声ファイルには、TOEIC本では(おそらく)初の仕掛けを試みてみました。読解スピードを上げ、塗り絵を克服するために行うトレーニングに音声ファイルを活用するための仕掛けです。

どうぞお楽しみに。

sa.jpg
(これが手放せません・・)

新刊応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

お肩もみ券

読解の部分も音から勉強しなくちゃいけなくなったので、音声ファイルの試み楽しみです。
初の仕掛けって、なんだろう~?

>(これが手放せません・・)
3回使える「肩たたき券」を差し上げますので、皿回し下さい(笑)。

Re: お肩もみ券

AKKOさん、

音声ファイルの仕掛けは、もうすぐ発売になるのでお楽しみに。

実は、そんなに大したことではなかったりします(汗)

プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: