[完全改訂版]TOEICテスト直前の技術

解法のテクニックが大好きです。

900点、990点を目指す過程において、主なTOEIC本で紹介されている解法のテクニックを読み漁るだけではあきたらず、それを応用したテクニックや、独自のテクニックを開発して、ブログで公開したりもしてきました。

足掛け7年、かなり真剣に、仮説、検証を繰り返し、その過程、結果を記事にまとめてきたので、解法のテクニックに関する知見は誰にも負けないという自負心があります。

ただ、自分が開発、検証したテクニックの源流が「直前の技術」にあっさりと書かれてあるのを発見する度に、著者ののヒロ前田先生に畏敬の念を感じ、自分の思い上がりを恥じることがしばしばあります。

その「直前の技術」が約10年ぶりに全面改定されました。テクニックも、問題も、解説も完全に書き換えられています。




「直前の」というタイトルや、「11日間プログラム」というキャッチコピーから、本書がTOEIC初心者向けのお手軽テクニックの入門書のように思われているフシがあるようですが、それは大きな誤解です。先入観を捨てて、本書をじっくりと読んでみると、保有スコア900点を越える上級者ですら身につけていない高等テクニックが掲載されていることに気がつかされます。

※また、本書によって提唱された「森問題」「木問題」というTOEICの解法テクニックを語る上では避けて通れない重要な概念について、これを間違って理解されているトーイッカーが散見されますので、これを機会に本書で正確に理解し、正しいテクニックを身に付けてていただければと思います(チクッ)

来年の5月から、TOEICの公開テストは新形式に移行しますが、その前に本書が出版されたことは非常に有意義な出来事だと思っています。なぜならば、改定直前の今だからこそ、現行形式のテクニックを体系的に学び、身につけておくことがとても重要で、結果的にはそれが新新形式への準備になるからです。つまり、「直前の技術」とは公開テスト直前の技術でもあり、また、新新TOEIC直前の技術書なのです。

なお、本書の改訂チームの一員に加えていただき、自分が心血を注いで開発をしてきた超絶技巧の解法のテクニックを本書で採用していただく幸運に恵まれました。チャンスをいただいたヒロ前田先生、編集のFさんどうもありがとうございましたm(_ _)m


応援クリックお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

超絶技巧の解法のテクニック

これからはテクニックよりも基礎から勉強しよう、と思っていましたが、ガマンできずに[完全改訂版]TOEICテスト直前の技術、購入してしまいました。

テクニックだけではなく、テクニックを味わいながら、単語や文の構造も勉強しようと思います。

質問するのもガマンしていましたが、質問します。超絶技巧の解法のテクニックって何ですか。
そこは絶対習得し、テストで実践したいので教えてください。

よろしくお願いいたします。


Re: 超絶技巧の解法のテクニック

keikoさん、

いつもコメント、質問をお寄せいただきありがとうございます。

> これからはテクニックよりも基礎から勉強しよう、と思っていましたが、ガマンできずに[完全改訂版]TOEICテスト直前の技術、購入してしまいました。
>
> テクニックだけではなく、テクニックを味わいながら、単語や文の構造も勉強しようと思います。

スコア = 英語力 × 技術

なので、両方、バランス良く伸ばしていくのがいいですね。


> 質問するのもガマンしていましたが、質問します。超絶技巧の解法のテクニックって何ですか。
> そこは絶対習得し、テストで実践したいので教えてください。

思わせぶりな書き方をしてスミマセン。
未読の方が多いと思うので、もう少しガマンしてください^^;
いずれ、紹介いたします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: