オジミは時速何キロで運転すればよいか?(その2)

”オジミは余裕を見て午後2時50分に着くために、何をすべきか?”

考え方)
時間 = 距離 ÷ 速度

この式において、時間を60分から50分にするには、速度を早くする(1)、距離を短くする(2)のいずれか。あるいは、距離、速度を変えるずに、出発時刻を変更する(3)。

案(1)速度を時速60キロにする。(距離は50キロ)
時間 = 50キロ ÷ 60キロ/時
   = 50分
午後2時00分に出発したオジミは、50分後の午後2時50分に会場に到着する。

案(2)距離が41.66キロになるような近道を運転する。(時速50キロ)
時間 = 41.66キロ ÷ 50キロ/時
   = 50分
午後2時00分に出発したオジミは、50分後の午後2時50分に会場に到着する。

案(3)午後1時50分に家を出発する。(時速50キロ、距離は50キロ)
午後1時50分に出発したオジミは、60分後の午後2時50分に会場に到着する。

-----
”オジミは余裕を見て午後2時50分に解答を終えるには、何をすべきか?”

考え方)
時間 = 語数 ÷ 読解速度

この式において、時間を50分から40分にするには、読解速度を早くする(A)、語数を少なくする(B)のいずれか。あるいは、読解速度、語数を少なくすることができない場合は、パート7の開始時刻を早める(C)。

案(A) 170WPMで読む。(語数は3400語)
時間 = 3400語 ÷ 170WMP
   = 20分
読解時間(20分)と同じだけ解答時間がかかるとすると、総時間は40分。
午後2時10分にパート7に取り掛かったオジミは、40分後の午後2時50分に解答を終える。

案(B) 語数を2720語とする。(読解速度は136WPM)
時間 = 2720語 ÷ 136WPM
   = 20分
読解時間(20分)と同じだけ解答時間がかかるとすると、総時間は40分。
午後2時10分にパート7に取り掛かったオジミは、40分後の午後2時50分に解答を終える。

案(C) 午後2時00分に取り掛かる。(語数は3400語、読解速度は136WPM)
午後2時00分にパート7に取り掛かったオジミは、50分後の午後2時50分に解答を終える。

(さらにつづく)

応援クリックお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OJiM

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: