「Eメールライティングの極意~すぐに使えるコツのコツ~」

TOEICをガシガシやると、英語でEメールがある程度書けるようになっている自分に気がつきます。Part6、7の問題文としてEメールがたくさん出題されるので、基本的なフレーズが頭の中に自然とインプットされているからです。

でも、それは「ある程度」のレベルであって、わかりやすく簡潔なEメールが書けるようになるには、トレーニングが必要です。自分で書いたものを指導力のある方から適切なフィードバックをしてもらうのが最良のトレーニングです。

僕はネイティブのアイテムライターと頻繁にEメールのやり取りをする必要があるので、オンラインの添削などを利用してライティングのスキルアップをしている最中なのですが、イマイチ納得できないフィードバックをもらうことが多々あります。細かいフレーズの使い方ではなく、どうしてその書き方だと相手に伝わるのかという裏付けがないのです。

英文ライティングの入門書などを何冊も読み漁りましたが、僕が知りたい事を明確に書かれている本には巡り会えません。そんな時に、解決のヒントを教えてくれたのがTOEIC講師コミュニティで知り合った浅場眞紀子さんです。

ライティングやスピーキングには理論的な裏付けがあり、それに沿って指導をするというのが浅場さんの指導方針であり、理系脳の僕にはそれがストンと腹落ちしました。僕ら忙しいサラリーマンが学びたいのは単に英語が上手いという講師の経験ではなく「理論」に裏打ちされた「経験」なのです。

浅場さんは普段は大手企業で教えておられるので、一般の人が受講する機会はないのですが来月、こんな素敵なオープンセミナーが開催されます。

ライティングスキルのブラッシュアップをしたい方は是非お申込みください。次の開催は、未定でとのことです。なお、このブログの読者に限り、申込みの際に「八島の知り合い」と記入いただければ20%割引で受講できます。

応援クリックお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

隠しコメントさん、

セミナーの件、どうもありがとうございます!

発音の練習は、たしかに音読にはよい効果をもたらすと僕も実感しています。
スムーズに発音ができれば、その分、キモチを込めやすくなると思います。

今後もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: