Part5,6に潜む見えない弱点

Part5、6のを初見で52問解くと、だいたい3問くらい間違えます。その3問は語彙問題や語法問題であったり、文構造が分かりにくいトリッキーな品詞問題だったりします。まずは付箋を貼って、明確になった弱点を繰り返し復習します。自信が付いたあたりで52問を一気解きして、全問正解だったらとりあえず、そのセットの復習はコンプリート。付箋紙を剥がして(補助輪を外して)、しばらく寝かせておきます。

そして、再び52問をまとめて解きます。なるべく短時間で解くことを目標にして、プレッシャーを掛けながら。

すると、初見で間違えた3問以外の問題を1、2間違えたりするんですね。なぜ間違えたのか理由が分からないくらい一見すると簡単な品詞問題だったり、文法問題だったりします。うっかりミスと言えなくもないですが、実はこれこそが隠れた自分の弱点なんですね。

1月の公開テストでは、Part5、6の文法問題を3問ミスして満点を逃しました。そのうち2問はミスが判明していますが残り1問はどこをミスしたのか分かりませんでした。テスト中に見直し対象にもしていない、そしてテスト終了後のラジオでも取り上げられることのなかった平凡な問題だったのでしょう。でも、それが実は自分の隠れた弱点だったのではないでしょうか。

隠れた弱点の正体は、文法知識の曖昧さであったり、アイテムライター(問題作成者)が仕掛けた一見して気が付かないような罠です。

一度コンプリートしたセットを繰り返し解くのは、この隠れた弱点を浮かび上がらせ一つずつ潰していく作業なのです。この時には、間違えても敢えて付箋紙は貼りません。付箋の影に自分の弱点が隠れてしまいますからね。

一見単純そうなこのPart5、6の復習は、繰り返していくうちに色々な気づきがあり、段々と楽しさが分かってきます。そして、この先にこそ、自分のまだ見ぬ世界があるのではないか、と思っています。


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すばらしい記事ありがとうございます。

あまりの素晴らしさに小生のブログで紹介してしまいました。汗

不都合がありましたら、是非お知らせください。

では、失礼いたします。

納得です

OJiMさん

隠れた弱点、納得です。

隠れた弱点は自分で見つけることができなければ克服できませんね。

52問の中に潜んでいるものですから、間違えた問題だけを編集して再学習しても、その壁を乗り越えることはできないと思います。

全体の中で吸収していかないとダメですね。僕もやってみます。

追伸:昨日、学習会の後の懇親会でOJiMさんのブログが話題になっていましたよ。非常に有益で、そして、何よりも、「読み易い」というご意見が多数でした。僕もそう思います。

OJiM監督のブログ:易

Rabbitでした。

なるほど… 参考になります
自分は一度完璧にした問題をまたしばらくして解いたらまた同じとこ間違えてしまいます 笑

自分にとってはそこが弱点なのかなーって思いますね^^;

Re: No title

ゆうゆえもんさん、

> あまりの素晴らしさに小生のブログで紹介してしまいました。汗

熱い紹介記事を書いていただいて、ありがとうございます!

これからも、よろしくお願いします。

Re: 納得です

Rabbitさん、

> 隠れた弱点は自分で見つけることができなければ克服できませんね。
>
> 52問の中に潜んでいるものですから、間違えた問題だけを編集して再学習しても、その壁を乗り越えることはできないと思います。

これは、自分の反省なのですが、これまでずっと見逃してきてしまったような気がしています。
しばらく実践して、また気づきがあったら記事にして共有したいと思っています。

> 追伸:昨日、学習会の後の懇親会でOJiMさんのブログが話題になっていましたよ。非常に有益で、そして、何よりも、「読み易い」というご意見が多数でした。僕もそう思います。

ありがとうございます^^

> OJiM監督のブログ:易

これからも、がんばって読み易い記事を書くよう努めます!

Re: タイトルなし

ALBAさん、
コメントありがとうございます!

> なるほど… 参考になります
> 自分は一度完璧にした問題をまたしばらくして解いたらまた同じとこ間違えてしまいます 笑

私も、同じところを間違えます。しかも、そんなに間を空けなくても(笑)

> 自分にとってはそこが弱点なのかなーって思いますね^^;

弱点を細かいレベルまで掘り下げて見つけるのは意外と難しいですね。
地道に復習をしてくしかなさそうですね。

これからもよろしくお願いします。

絶好調ですね!”

監督さん:

今回の記事も、素晴らしいです!

「3回チャレンジ法」をはじめとする
「同じ模試を繰り返し解く」ことの重要性を
とてもシンプルに説明しています。

さすが、監督さんですね!
あとは「優子シリーズ」が復活したら
パーフェクトです!(笑)

Re: 絶好調ですね!”

VOZEさん、

> 今回の記事も、素晴らしいです!

嬉しいです!

> 「3回チャレンジ法」をはじめとする
> 「同じ模試を繰り返し解く」ことの重要性を
> とてもシンプルに説明しています。

繰り返し解くことはよく言われていますが、
その意味を自分なりに解釈してみました。
今までは、この記事に書いてあるほどには
繰り返し解いてなかったんですよね(爆)

> さすが、監督さんですね!
> あとは「優子シリーズ」が復活したら
> パーフェクトです!(笑)

なるほど、優子シリーズへのリクエストがこのコメントの
main purposeだったのですね(笑)

何かアイデアを思いついたら再開するので、しばらくお待ちください。

No title

はじめまして。いつもブログを拝見させていただいています。
今回の記事、「まさにその通りだなあ~」と納得させられました。何回解き直しても、引っかかる問題は同じなんですよね。そこをいかに追究できるかが、勉強の面白いところです。

Re: No title

fukkenさん、
初コメントありがとうございます!

> 今回の記事、「まさにその通りだなあ~」と納得させられました。何回解き直しても、引っかかる問題は同じなんですよね。そこをいかに追究できるかが、勉強の面白いところです。

そうですね、それこそ、勉強の醍醐味ですね。
やればやるほどそう思えてきます。

以前からお名前は存じ上げておりました。
これを機会によろしくお願いします。
後ほど、リンクを張らせていただきます。

No title

こちらこそよろしくお願い申し上げます。
私もリンクを張らせていただきます!

Re: No title

fukkenさん、

了解です!
こちらこそよろしくお願いします。
プロフィール

Author:OJiM






最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: