TOEICのPart5とオートマティズム

Part5の復習がマイブームになってます。

Part5、6の52問を通しで全問正解するまで解いて、間違えた問題に付いていた付箋紙を全部剥がして(補助輪を外して)、すこし寝かせてから、また解く。テンポ良くリズミカルに、ただし解答根拠を意識しながら10分くらいで解き切る。そうすると、今まで意識をしたことが無かった何とも言えない感覚が身につくような気がしています。

振り返ってみると、今までのPart5の復習のやり方は、復習とは呼べなかったな。と、さえ思っています。実は、復習が出来ていなかったということ。惜しいところまでは来てたんだけど、もう1段レベルアップするために必要なところを取り逃し続けていたのかなと。

-----

話しは突然変わりますが、元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエは、オートマティズムということを口やかましく言っていました。試合の状況、場目に応じて、選手がどう動くかという事を決めておいて、それを無意識に出来るようにすることです。中盤の選手がボールを奪ったら、サイドバックの選手はライン際を駆け上がり、逆サイドの選手は中央に切れ込んでくるとか。

トルシエはそうしたパターンを選手に繰り返し覚えこませることに時間を使い、紅白試合などはあまりやりませんでした。トルシエの取った規律を重んじる戦術やシステムは当時批判も多かったですが、ワールドカップでは結果を残しました。

-----

再び話はPart5に戻ります。繰り返し同じ問題を解くことの有用性を頭では理解していましたが、具体的にどうやって繰り返し解けば良いのか、どういう状態を目指せば良いのかが、私は腹落ちしていませんでした。

でも、ここ最近、Part5の問題を繰り返し解いてみて、少しずつ分かってきました。どうやって繰り返し解くのかは、まだ上手く表現できないので、もう少し検証を続けてから記事にします。どういう状態を目指すのかについては、オートマティズムという言葉が私には一番しっくりきています。


応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

またまた

監督さん:

またまた良い記事を書かれましたね!

最近の連続ヒットはすばらしいです。
私はどうでもいいことばかり書いてますね・・・

Part 5復習シリーズ、続編期待してます!

個人の力が弱い日本にとってはトルシエの組織的に動く戦術はまさにうってつけだったと思います!

ただ2002のW杯のトルコ戦はメンバーをいじらずに予選リーグのメンバーでいって欲しかったですね。

ずっとサッカー部だったんでついサッカーに関するコメントでした。
すいません 笑

Re: またまた

VOZEさん、
いつも、嬉しいコメントありがとうございます!

> 私はどうでもいいことばかり書いてますね・・・

VOZEさんの最近のブログ、すごくいいですよ!

> Part 5復習シリーズ、続編期待してます!

はい。
あきらかに正解の選択肢が分かっている(と思われる)問題を、
どうやって繰り返し解いていくのか?
意外と深くて、面白いテーマだと思っています。

Re: タイトルなし

ALBAさん、

> 個人の力が弱い日本にとってはトルシエの組織的に動く戦術はまさにうってつけだったと思います!

おっしゃるですね!

> ただ2002のW杯のトルコ戦はメンバーをいじらずに予選リーグのメンバーでいって欲しかったですね。

全く同感です!
サッカーにたらればは禁句ですが、あの試合は、実力を出せれば勝ててた。。
あっ、TOEICもたらればは禁句ですね^^;

> ずっとサッカー部だったんでついサッカーに関するコメントでした。
> すいません 笑

いえいえ、サッカーネタにコメントいただけて嬉しいです☆
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: