FC2ブログ

サラリーマン特急シリーズ最終巻!!

発売日前ですが、大型書店では既に発売が開始されました。



サラリーマン特急シリーズはこれまで、

新TOEIC TEST サラリーマン特急満点リスニング ①
新TOEIC TEST サラリーマン特急満点リーディング ②
TOEIC TEST サラリーマン特急新形式リスニング ③
TOEIC L&R TEST サラリーマン特急新形式リーディング ④

と続いてきて、今回、③の増補改訂版として、

TOEIC L&R TEST サラリーマン特急新形式リスニング ⑤

が発売になって、これでシリーズが完結しました。

サラリーマン特急というタイトルは編集者のSさんのアイデアでした。始めて聞いた時には、その奇抜さにビビりました。「サラリーマンの著者がサラリーマン学習者向けに書いたリスニング対策本」というように読み取ればその通りなのですが、TOEIC本でそのタイトルは本当にアリなのか?思ったものです。今思い返してみると、当時、講師でも専門家でもない僕が書いた本を書店で目立たせるためにインパクト重視でタイトルを考えてくれたのかなと思っています。今はとっても気に入っています。

奇抜なタイトルに背中を押され、従来のTOEIC本にはない自由な発想で本を書くことができました。満点リスニング①が発売された2013年当時、TOEICのリスニング対策書は先読みなどのテクニックと、演習問題の正解の根拠に大部分のページが割かれていました。そこで僕は満点リスニング①はトレーニング方法を中心とした本にしようと決めたのです。その結果、巻頭から84ページ目までトレーニング方法の解説が続き、その間、問題演習が一切出てこないという奇抜な本が出来上がりました。またリスニング対策書としてパート1,2の練習問題が無いのは普通ではあり得ないでしょう。

さて、満点リスニング①が発売されると、まずは中上級の学習者から熱い支持をいただきました。そして有名なTOEIC講師の方々から学習者に推薦をしてもらったことで、徐々に世に広まっていきシリーズ化が決定しました。2巻目以降も、学習者にとってどういう内容が役に立つのかを第一に考え、自由な発想で制作するというスタイルを貫いてきました。

新形式リスニング⑤は、新形式リスニング③の改訂版という特性を生かして、改訂版ならではの内容を盛り込みました。それが、「難易度表示」と「超難問の解説」です。問題毎に難易度表示をしてある対策本は既にありますが、70,000人の学習者が実際に解いた結果をデータ化して、難易度分類したのは本書が初めてでしょう。

今後、しばらくの間は新形式リスニング③と、新形式リスニング⑤が併売されていき、新形式リスニング③の在庫がなくなった後は、新形式リスニング⑤のみが売られていくことになります。新形式リスニング③は、とても思い入れの深い版なので、数冊を愛蔵版として保存しておこうと思います。しみじみ・・。

さて、サラリーマン特急シリーズの後は、新シリーズがすでに企画されており制作が進行中です。既刊本にはない新しいアイデアを盛り込んで、来春発売を目指しています。お楽しみに!←自分にプレッシャー

ではでは。

応援クリックお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: