FC2ブログ

Making of 英語が聞こえるようになる本(その4)



以前、パート2はなぜ難しくなってきたのか?という記事を書きましたが、パート3、4にも同じ変化が起こってきています。
すべてのナレーターが早口で話すようになっている訳ではないので、突然のように早口が登場すると、

「あ、早っ!

と、ビビります。それでもパート3、4は前後の脈絡からある程度推測ができますし、先読みを完璧にしてあれば正解を特定することはできます。

早口で話せば話すほど、音の変化や脱落が起こりやすくなりナチュラルな発音に近づくので、教材用の音声に慣れ切った耳では聞き取りが難しくなります。そこで本書の音声ファイルは後半に近づくにつれて、早口になるように収録して、公開テストで起こっている変化に対応できるようにしてみました。通常スピードを後から高速に編集したのではなく、最初から早口で収録したのです。

音声収録の日、僕もスタジオに立ち会い、ナレーターさん達にこれくらいの速さでと指示を出しました。TOEIC教材の収録に慣れたナレーターさんばかりなので、最初は戸惑っているようでした。僕がもっと速く、もっと速くと指示をすると「Oh My Gosh!」と叫びながら、完ぺきな速度、音の変化をつけて収録してくれました。

そして、音声収録にあたってはもう1つ工夫を凝らしました。パート4はオーストラリア男性とイギリス人女性に読んでもらったのです。つまり、本書の後半には最新TOEICの最高難度の音声が待ち受けています。一部には、公開テストの上限を若干超えているものさえあります。きつそうですよね?でも、このレベルを乗り越えてこそ、TOEICの英語が聞こえるレベルに達することができるのです。

さて、古くからのこのブログの読者の方、そしてサラリーマン特急シリーズを使って学習されている方からは、そろそろツッコミが入る頃でしょう。

「リスニング力アップにはキモチを込めた音読じゃなかったの?」

このMakingシリーズも残すところあと1回になりました。最終回は、本書で音読をどのように扱っているかをご紹介いたします。

応援クリックお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみすぎます!

新刊の記事その1~その3を、謎解きのようにワクワクしながら拝読しておりました。

アマゾンで新刊の中身について少し知ることができ、期待を裏切らない、素晴らしい、「TOEICに特化したリスニングトレーニング本」が発売されるのだな、と確信しました。
手に取る日を毎日楽しみにしています。

あのオーストラリア男性と、あのイギリス人女性の真似をして読んでもらったのかな、と思いましたが、流石にそれは無理ですね(笑)。

早口での録音に加え、ボーナスコンテンツでの高速編集、メチャクチャ楽しみです!

気持ちを込めた音読を完璧に行うためにも、連結や消音などの音の理解は不可欠だと思います。

(その5)の記事が読めるころに発売されていると嬉しいです。
スキマ時間を有効に活用できるトレーニング本だと思いますので、毎日続けたいと思います。

Re: 楽しみすぎます!

keikoさん、

いつも応援、コメントありがとうございます。

> 新刊の記事その1~その3を、謎解きのようにワクワクしながら拝読しておりました。

練りに練って書いた記事なので、そう言っていただけて嬉しいです^^


> あのオーストラリア男性と、あのイギリス人女性の真似をして読んでもらったのかな、と思いましたが、流石にそれは無理ですね(笑)。

イギリス人女性は似ていると思いますよ。

もうすぐ発売ですので、しばらくお待ちください♪
プロフィール

OJiM

Author:OJiM

英語が聞こえるようになる本


サラ特L増補改訂版


600点奪取の方法


サラ特リーディング


出るとこ集中L


出るとこ集中文法編

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: