優子がOJiMに求められてもしなかった事とは?

ある模試のDPで面白い問題に出会いました。類題を作ってみたので、ちょっと解いてみて下さい。

【上の文章】
「優子ちゃん、
 月曜日のイベントだけど、受付番号は何番だった?あと、開始時刻は何時だっけ?。終わった後、軽く飲みにいかない? OJiM」

【下の文章】
「OJiMさん、
 私は2番です。終了時刻は20時ってなってました。遅くなりそうだから、また誘ってください。優子」

【設問】
What requested information did Yuko NOT include in her e-mail?
  優子が(OJiMから)要求されても書かなかった情報は何?

(A) 受付番号
(B) 開始時刻
(C) 終了時刻
(D) 会場名

<10:30追記有り>
<22:00追記有り>
【正解/不正解の根拠】
(A) 要求されていて、書いたので不正解
(B) 要求されていて、書かなかったので正解
(C) 要求されていなくて、書いたので不正解
(D) 要求されていなくて、書いてもいないので不正解

Aが不正解、Bが正解、Cが不正解まではすぐに分かるのですが、Dが正解なのか不正解なのかがなかなか分かりませんでした。会場名は会話に登場せず、優子は提供をしていないのは明らかなので正解なのではないかと迷いました。でも、そもそもOJiMが要求していないから書いても書かなくても不正解なんですね。

最もトリッキーな両文参照型NOT問題だと思います。これが公開テストの最終セットに出たら厳しいですね。

<10:30追記>
【上級者の方への挑戦状】
このNOT問題が特殊である点は何でしょう?
(正解は今日の夜に追記します)

<22:00追記>
【解答編】
NOT問題では、誤答の選択肢(3つ)は本文の内容と一致しているか、あるいは本文中に記述があるのが普通です。よって、本文の内容に一致していないか、あるいは本文中に記述が無い選択肢(1つ)が正解の選択肢になります。

例)
(A) 正解の選択肢 :本文に記述が無い
(B) 誤答の選択肢 :本文に記述が有る
(C) 誤答の選択肢 :本文に記述が有る
(D) 誤答の選択肢 :本文に記述が有る

NOT問題は選択肢を先に読んでおくと、本文の内容が推察できるのはこのためなんですね。ところが、本問題の選択肢(D)は本文に記述が無いにも関わらず誤答の選択肢になっているのが特殊な点なのでした。

ついでにウンチクを語っておくと、NOT問題はほとんどが疑問詞Whatで始まります。まれに、WhichやWhoがありますが、誤答の選択肢(3つ)はいずれも本文に記述があります。

ところが、Whyで始まるNOT問題だけは特殊になります。

Why did Yuko NOT accept OJiM's offer ?

(A)帰宅が遅くなるから
(B)VOZEさんと飲みに行く約束があったから
(C)早く家に帰って音読をしたいから
(D)本当は行きたかったけど勇気が無かったから

(A)正解 :本文に記述が有る
(B)誤答 :本文に記述が無い
(C)誤答 :本文に記述が無い
(D)誤答 :本文に記述が無い

と、通常のNOT問題と全く逆になります。

なお、このような問題は通常のNOT問題と区別するために、小文字のnotを使うというルールがあったような事を大昔のTBRで聞いたような記憶がありますが定かではありません。

応援クリックお願いします!

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

求められてなくて書かれていないのはOKなんですね

この記事を読んで、私は「あるDP問題」がぱっと頭に浮かびました。

解説を読むとなるほど納得なんですが、こんな問題の出し方もあるんだなーって。
私には解説を読むまで全く根拠がわかりませんでした。
(もちろんしっかり間違えました)
TOEICって奥が深い!(だから面白いんですケド)

ちなみに私が頭に浮かんだあるDP問題は問題が330ページに、解説が368ページにある問題です。(OJiMさんと一緒かな?違うかな?)

こんにちは。

この手のNOT問題はハッキリ言ってイヤですね!

NOT問題は、
『本文に書いてあるものを3つ消去して残った選択肢をマークする』
とhow to本に書いてあるのに、このタイプでは複数の選択肢が残ってしまうのです(>_<)。
今までにこのタイプのNOT問題は選択肢が短くてセンテンスになっていないものしか経験していませんが、選択肢がセンテンスになっていたら、難易度が高まりますね。

私が思い浮かべているのは、セミナー費用の精算に必要な書類の問題。 監督やAKKOさんと同じかかしら?

この問題楽しいですね

OJiMさん、

最初の問題はすぐわかりましたよ。簡単すぎたので、逆に疑心暗鬼になったくらいです。なんか罠が仕掛けられているのではないかなって。

この問題を英語で訊かれたら即答できるか微妙ですが、日本語なら大丈夫です。
僕はミステリーファンなので、文章を慎重に読むのに慣れていますから。

ただ、上級者への問題はわかりませんでした。

18:45追記

公式問題集?
究極の模試?
どちらだったか気になりながら帰宅して確認したところ、公式問題集でした。スッキリ(^-^)

公式問題集には300ページ台はないのでAKKOさんの思い浮かべている問題とは違っていたようです。残念。

Re: 求められてなくて書かれていないのはOKなんですね

AKKOさん、

> この記事を読んで、私は「あるDP問題」がぱっと頭に浮かびました。

これだけで、同種の問題を思いつくとはすごいですね!
つまり普段から「あるDP問題」に対して意識をしていたという事ですもんね。

> ちなみに私が頭に浮かんだあるDP問題は問題が330ページに、解説が368ページにある問題です。(OJiMさんと一緒かな?違うかな?)

私が気づいたのは、「コクジトジョム的中実戦RC」という韓国模試でした。

330ページもある模試ってなんですか??

Re: タイトルなし

haruさん、

> この手のNOT問題はハッキリ言ってイヤですね!

haruさんらしいハッキリとした意見ですね!

> NOT問題は、
> 『本文に書いてあるものを3つ消去して残った選択肢をマークする』
> とhow to本に書いてあるのに、このタイプでは複数の選択肢が残ってしまうのです(>_<)。
> 今までにこのタイプのNOT問題は選択肢が短くてセンテンスになっていないものしか経験していませんが、選択肢がセンテンスになっていたら、難易度が高まりますね。

なかなか鋭い指摘ですね。上級者への挑戦状に対する解答に近いです。

> 私が思い浮かべているのは、セミナー費用の精算に必要な書類の問題。 監督やAKKOさんと同じかかしら?

私が参考にしたのは「コクジトジョム的中実戦RC」という韓国模試ですが、haruさんが思い浮かべたのは何という模試ですか??

Re: この問題楽しいですね

kimtさん、

> 最初の問題はすぐわかりましたよ。簡単すぎたので、逆に疑心暗鬼になったくらいです。なんか罠が仕掛けられているのではないかなって。

あらら、簡単過ぎましたか。

> この問題を英語で訊かれたら即答できるか微妙ですが、日本語なら大丈夫です。
> 僕はミステリーファンなので、文章を慎重に読むのに慣れていますから。

なるほど、確かにこういう文書中のヒントを丁寧に拾っていって論理的に再構成するのはミステリーの読み方ですもんね。今度お会いした時には、是非ミステリー談義をさせてくださいね。

> ただ、上級者への問題はわかりませんでした。

解答編をお楽しみに!

Re: タイトルなし

haruさん、

> どちらだったか気になりながら帰宅して確認したところ、公式問題集でした。スッキリ(^-^)

公式問題集に、このタイプの問題がありましたか!
Volと問題番号を教えてください。

美人×2

私が頭にぱっと浮かんだDPは、お美しい満点講師が二人並んで写っている本です。

Re: 美人×2

AKKOさん、

> 私が頭にぱっと浮かんだDPは、お美しい満点講師が二人並んで写っている本です。

あの本でしたか、後で確認してみます。

美しい花にはとげがあるってことですね、、、気をつけねば(←何を?):Rabbitさん風

No title

監督、三度こんにちは。

公式問題集VOL5 TEST1 Q184です。

他にもこのロジックを使うものを解いた記憶がありますが…。全部解き直さないと思い出せません(←それは思い出すって言わないかっ(^^;)。

今日の記事は、難問の解法を“見える化”してる感じで素晴らしいですね!!頭の中に整理されて残りそうです。ブログ訪問して良かったです♪有難うございました。

Re: No title

haruさん、

> 公式問題集VOL5 TEST1 Q184です。

ありがとうございます。後ほど確認してみます。

> 今日の記事は、難問の解法を“見える化”してる感じで素晴らしいですね!!頭の中に整理されて残りそうです。ブログ訪問して良かったです♪有難うございました。

今回の記事のような視点での分析はマニアックではありますが、他ではあまり見かけた事が無いので、お役に立てれば嬉しいです。

素晴らしい記事をありがとうございます

OJiMさん、

元々この問題は英語の問題をOJiMさんが便宜上簡略化し、日本語にしたものなので、本来は英語で考えるべき問題でした。

それを日本語のみで考え、「簡単すぎた」とか「日本語なら大丈夫」とかピントのずれたコメントをしてしまいました。お恥ずかしい限りです。大変申し訳ありませんでした。

上級編ですが、

>>NOT問題は選択肢を先に読んでおくと、本文の内容が推察できるのはこのためなんですね。ところが、本問題の選択肢(D)は本文に記述が無いにも関わらず誤答の選択肢になっているのが特殊な点なのでした。

確かに他の方のコメントにあるように、本番のテストにこれを出されたら困惑して時間をいたずらに費やすでしょうね。

その意味でもこの記事は素晴らしい記事だと思いました。大変勉強になりました。ありがとうございました。

>>今度お会いした時には、是非ミステリー談義をさせてくださいね。

僕の場合ガイドブックだけたくさん所有して、実際に読んだミステリーの数はたいした数ではないので、ご期待にそえるかどうか判りませんが、よろしくお願いします。

Re: 素晴らしい記事をありがとうございます

kimtさん、


> それを日本語のみで考え、「簡単すぎた」とか「日本語なら大丈夫」とかピントのずれたコメントをしてしまいました。お恥ずかしい限りです。大変申し訳ありませんでした。

いえ、こんなにも丁寧で、優しいコメントをいただいて恐縮しています。ありがとうございます。

> 僕の場合ガイドブックだけたくさん所有して、実際に読んだミステリーの数はたいした数ではないので、ご期待にそえるかどうか判りませんが、よろしくお願いします。

きっと、楽しいTOEIC談義、ミステリー話が出来そうな気がしています。

今後もよろしくお願いします!
プロフィール

OJiM

Author:OJiM








最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
【ご質問はこちらへ】

名前:
メール:
件名:
本文: